CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

マロニエの森の会

「マロニエの森の会」は、落葉広葉樹を植え育て自然にやさしい山をつくる会として平成8年に結成され、山口市で活動している団体です。当初は、山口市宮野の木戸山公園を本拠地として活躍していましたが、現在は宮野岩杖の地で活動しています。

2019年(令和元年)マロニエの森の会総会開催

[2019年05月12日(Sun)]
総会終了後、椹野川漁協横部様の講演、山、川、海の連携を!

 2019年、令和元年の定時総会が5月12日(日)、宮野地域交流センターで開催。会長挨拶、昨年度の事業報告及び決算報告のあと、今年度の事業計画案及び予算案が承認された。今期は役員改選時でもあり諮られ、斎藤会長以下現在の役員全員が再任された。
 総会終了後、椹野川漁協の組合長である横部政明様から、タイトル「椹野川流域の自然環境保全活動について」副題「椹野川の愉快な仲間達」の講演。椹野川河口干潟再生活動はじめ多様な環境保全活動の経験から貴重なお話をたくさん聞くことができた。子どもたちの遊びに「危うさの中に楽しさがある」とか「こわさに学ぶこともある」、環境保全活動の在り方に「一人の百歩より百人の一歩」、山、川、海の環境保全の「キーワードは治水」等私たちの活動に示唆に富むものでした。


IMG_1792.JPG
 総会風景

IMG_1796.JPG
講演中の椹野川漁協組合長横部さん

IMG_1799.JPG
講演終了後横部さんと

 

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメント