CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

https://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
本日の高尾山(裏高尾方面) [2022年01月08日(Sat)]
本日、今年最初の活動として高尾の森づくりの会の活動へ参加してきました。
実は昨年から森中はB班のサブリーダを仰せつかっておりましたが、緊急事態宣言による活動中止や個人的な用事によりあまり活動へ参加できておりませんでした。
今年から心機一転、多少なりとも活動のサポートができればと思っています。

活動内容については今回は割愛しますが、作業自体はスギ林の間伐をおこないました。
班を3つのチームに分けてそれそれのエリアを受け持つ形で作業しました。

さて、本日の記事としては今週木曜日(6日)の関東地方降雪の影響をお伝えしようと思います。
都心部では10cm、千葉で6cmほど積もった今回の降雪ですが、雪国の方には笑われてしまいますが、
都内では雪や路面の凍結で530人が病院へ搬送され、鉄道各線の遅延(降雪だけでなく、強風による架線への付着物や濃霧の影響もあり)やバス路線の大幅な遅延または運休により都心部は大混乱になりました。

比較的沿岸部に近い丹沢山系でもかなりの降雪があったようで積雪10cmだったとのことです。
沿岸部よりは奥まった奥多摩山域、秩父山域ではどんな感じだったのでしょうか

まず、高尾駅北口のバスターミナルですが、陣馬高原行き、小仏行きどちらもいつもよりは乗客は少なく、小仏行き8:12のバスは増便+1の2台体制でしたがどちらも余裕をもって着席でき、通路に立っている乗客はいませんでした。

小下沢林道はこんな感じです。
日陰はまるで冬山のような様相で、空気も冷たく佇んでいるとじんじんと冷えてきます。
20220108_17s.jpg

しかし、日当たりの良い場所は雪も溶け小春日和のような状態です。
20220108_23s.jpg

ただし、いろいろな場所で路面凍結しており(中にはブラックアイス化していて凍結していることがわかりにくところもあり)、登山道(特に尾根沿い等の風が通る場所)を歩くに際しては、必要に応じて軽アイゼンかチェーンスパイクをお持ちください。

2022年の活動について [2022年01月02日(Sun)]
今年度の活動について、以下のように考えています。

・アフターコロナを見据えた応急救護
応急救護、特に心肺蘇生はどうしても要救護者と救護者とが密になります。
特に上級救命における、複数人の救護者による心肺蘇生となるとそのリスクが高まります。
令和2(2020)年5月22日の厚生労働省発出の「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による救急蘇生法について(指針)」に準拠した心肺蘇生法、応急救護トレーニングを今年から再開していきます。
実施時期については、別途、このブログなどでもお知らせいたします。

・活動時の事故事例を中心とした安全対策
各メディアでの森づくりボランティア事故報道や自団体での事故事例等を事例に取り上げ、自己対策について考える活動を開始します。
具体的な方法については、別途、このブログなどでお知らせいたします。
また、ブログ記事カテゴリ「安全活動」を「安全について考えてみる」へ変更し、より広範囲の安全に関する記事を掲載するようにいたします。

・森づくり活動
澤乃井御岳フィールドを中心に御岳の魅力を発見していく「御岳倶楽部」での活動をより広範囲に拡充していきます。
同時に活動の様子をより広く知っていただくための活動にも力を入れていきます。
新型コロナウイルス拡大に伴い活動自粛・中止となっているフィールドについても感染対策を策定し早期活動再開を検討していきます。
また、同時に「withコロナ時代の新しい森づくり活動」を検討・開発していきます。

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による救急蘇生法について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000123022.html
謹賀新年 [2022年01月01日(Sat)]
あけましておめでとうございます。

昨年(2021年)は緊急事態宣言のため定例活動の3/4が中止となってしました。
今年もオミクロン株の出現により、今後の状況を見定めにくい状況ですが感染防止を重点に置きながらできるだけみなさんと活動できるようにがんばっていきたいと思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

2022年元旦

森の安全を考える会
代表代行 森中大晴