CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

https://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
さがみの森づくり [2021年11月28日(Sun)]
近年、カシノナガキクイムシ(カシナガ)が媒介するナラ菌により、コナラ属を中心としたブナ科樹木が集団的に枯損する「ナラ枯れ」が発生し、各地で大きな被害となっています。

今日はフォレスト21さがみの森の定例活動に参加してきました。
さがみの森は、神奈川県相模原市の仙洞寺山の国有林を整備していますが、本日は、大地の再生 関東甲信越さんとのコラボイベントのため、参加者も数多く大盛況でした。

今回はイベントには参加せず(10月の時に参加していたので)、定例活動組に入りました。
先月からコナラ林の間伐を実施しています。

20211128-001s.jpg

このコナラ林は以前植樹したが、その後の手入れに手が回らなく幼木のうちに害虫被害が出てしまい、生育があまり良くなく、また、生育している個体もすこし弱いような…
また、途中の間伐も行っていなかったため樹間が詰まりすぎて、樹冠が狭くなってしまっています。

このため、育ちの悪い個体や、密になりすぎているところを間伐し、空いたところには追加の植林を行うということです。

20211128-002s.jpg

冒頭で述べたカシノナガキクイムシは大径木を産卵対象として好み、成虫脱出数が多いことからナラ枯れ防止の意味でも大径木の個体を間伐する意味もあると思います。
もともと日本では、コナラ等の萱場木(薪炭木やホダ木、茅葺き等の生活に必要な木などを示す造語です)は、生活の中で定期的に伐採され萌芽更新(ナラ類は萌芽しやすい)で維持されてきていたため、カシノナガキクイムシが好む大径木となることがなかったため、これまでは然程大流行しなかったのだと言われています。

20211128-003s.jpg
伐ったコナラは玉切して椎茸のホダ木や薪ストーブの燃料になるそうです。


フォレスト21さがみの森
https://moridukuri.jp/about/field.html
森の安全にもDXが?! [2021年11月27日(Sat)]
DXって言ってもデラックスのことではありません。

少し前になりますがブロックチェーンという用語が至るところで耳にされたかと思いますが、そうデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)のDXです。
DXとは「デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革すること。既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすもの」だそうです。
最近の例だと、デジタルカメラ(既存のフィルムからデジタルへ)や携帯電話(電話だけの機能からインタラクティブなUIへ)などが挙げられるそうです。

2796533_ss.jpg

話を戻して何故、森の安全にもDXか?なんですが、先日、ある団体と協働で森づくり活動での事故事例を元に安全を考えていくプロジェクトを開始しました。
そしてそのために、現在過去数年間の事故事例データを使ってデータ解析を行っているところです。
何万レコードという情報から、いろいろな切り口で何故その事故は起きたのか?そしてどの様にすればそれを防げるのかを考え、検証していきます。

これも、現役でこう言ったデータ処理を企業で行っているメンバーが居てくれたお陰で、このような環境を準備でき、そして実際のデータ解析も進められているのです。
人の繋がりが一番大事と感じた事務局です。

エマージェンシーグッズ [2021年11月23日(Tue)]
各種媒体でエマージェンシーグッズ等の記事が掲載されてます。
今日はその一部を紹介します。

ヤマケイオンラインロゴ
ヤマヤさんの雑誌として有名な「山と溪谷社」が運営するヤマケイオンラインの「いざという時に備えよう! エマージェンシーグッズの見直しと、山でのレスキューについて」(投稿 2020.12.21)
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=1284
こちらの記事では「ファーストエイドキット」の基本や「トリアージ」の基本を中心の記事になります。


ヤマップマガジンロゴ
登山アプリ・Webサービス「YAMAP」が運営するメディア、YAMAP MAGAZINE (ヤマップマガジン)の「山で命を救う! エマージェンシーグッズのチェックリスト」(投稿 2020.08.05 更新 2020.12.17)
https://yamap.com/magazine/16595
こちらの記事は「エマージェンシーグッズリスト」を実際におすすめのグッズを元に解説しているため、具体的なグッズを検討できる記事です。


「岳人」2021年12月号
発行 ネイチャーエンタープライズ社
特集 安全登山を考える
「ケガに対処する」章ではファーストエイドキット事例を紹介、また、傷の手当て、捻挫、骨折の手当、熱中症・低体温症、危険生物対処等の森づくりに関係する事案の解説が掲載




緑のボランティア指導者育成講座 6日目 [2021年11月20日(Sat)]
今日、東京都立小峰公園にて「自然解説のためのプログラ化技法」について学んできました。

小峰公園は、秋川丘陵自然公園のほぼ中央にあります。
谷戸として関東ローム層からの湧水があり、雑木林、田んぼ、畑など里山管理されています。
20211120_ 4小峰公園s.JPG

午前はまず座学です。
プログラム化の重要性や環境教育の意義を学びました。
その後、講師と公園内を歩きながら、谷戸の多様な動植物、種子に見られる播種作戦、葉が紅葉する訳といった生物学的な解説や、桑都八王子のみちがこの場所を通っている理由や庚申塚の役目といった地理的、歴史・風俗的な解説をしていただきました。

20211120_ 2小峰公園s.JPG

午後は実習です。
小峰公園で解説されたテーマから10分のプログラムを紙ベースにまず作ります。
野外で3〜4人のグループになり、グループの1人はプログラムを実践、残りは参加者となりプログラムを評価します。そして、グルーブで実践者を交替しながら、それぞれのプログラムを実践します。
初めて経験することに戸惑いつつも、参加者を巻き込み楽しめるプログラムとなり、しっかりと学べました。

20211120_ 3小峰公園s.JPG

例えば、公園で種子が落ちていたら、
「これは、カエデの種です。」だけだと、目の前の解説で終わってしまいます。
そこで「その種子には何が付いてますか?」→翼が付いてます。と答えが出れば
すかさず「その翼はどんな役目があるのでしょうか?」→風によって種が遠くまで飛んでいきます。と乗ってきたら、テンポ良く質問を続けます。
「なぜ風にのせて遠くまで飛ばす方法になったのでしょうか?」
→種をより条件の良い場所で発芽し、次世代を確実に残すために、風の力を借りて親木から離れたところへ飛ばすようになったのです。

解説者(プログラム実践者)が一方的に話すのではなく、参加者との双方向の会話にすることで、
隠された事実に気づいてもらい、参加意識が高まり、より考え、答えを見つける楽しみも増えるプログラムにすることができます。

プログラム化は難しい技法ですが、参加者が楽しめて役に立ちます。
今後、フィールドでの自然体験学習に、プログラム化を取り入れてデザインしようと思います。
【活動案内】御岳倶楽部:12月定例活動 [2021年11月15日(Mon)]
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 今後の緊急事態宣言の状況によっては、今月の活動も中止となる可能性
 があります。
 また、当分の間は大きな広報は行わず活動案内もこのブログでのみ実施
 し、参加人数についても状況を見ながら調整させていただくことに、
 ご理解、ご協力をお願いいたします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


いよいよ冬の活動がはじまります。
ここ澤乃井御岳フィールドもめっきり寒くなってきました。
でもこのキリリとした冷たい空気の中、活動を開始する時の気分は格別です(感動すら覚えます)
あの、ゆるキャン△も基本は冬の話(冬キャン)です。

今月も引き続き道づくりを行います。

なお、緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き新型コロナウイルス感染症対策を講じての活動となりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。
スタッフはワクチン2回接種済みです。
また、団体スマホへ接触確認アプリ導入済みです。

日時:2021年12月18日(土) 10:00 - 15:00

場所:澤乃井御岳フィールド(東京都青梅市御岳)

集合:現地 9時40分
初めての方は、JR青梅線 御嶽駅 9:10集合
電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 3号を利用ください。
(新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43−御嶽09:01着)

内容:道づくり

持ち物
作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、手袋(滑り止め付軍手等)、タオルまたは手拭い(2枚以上)、雨具(レインコート等)、飲み物

参加費:500円(保険代含む)

雨天時:小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

定員:10人(定員に達ししだい締め切ります)

参加申込み
以下の内容を書き添えてメールにてお願いいたします。
申込みメール:mitake-club[at]morinoanzen.com
お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、メールアドレス、当日の交通手段を、ご連絡ください。
折返しこちらからご連絡いたします。

申込み期限:12月12日(日)
【活動報告】御岳倶楽部定例活動11月度 [2021年11月14日(Sun)]
11月に入るとさすがに涼しくなりました。
それでも、活動で少し動けば汗ばむくらいの陽気です。
昨日の高尾の森づくりの報告でもありましたが、まだまだスズメバチも活動している時期なので注意が必要です。

ここ澤乃井御岳フィールドは、それほど広くないためフィールド全体の状況を把握できていることや、常に人が入っていることからスズメバチやアシナガバチの被害はさほど多くはありません。
今年も誰一人刺されることなく終えることができそうです。

さて、話を活動内容に戻します。
先月の活動では道づくりの下準備しかしていなかったので、今月の活動から本格的な道づくりになります。
昨シーズンR4〜L4ルートまでが完成していたので、今シーズンは、L4〜R5、R5〜L5ルートを整備することになります。
午前中、1人は入口の階段の修繕、1人は途中の水はけ改善を実施し、残りはL4〜R5ルートの担当ということで作業を開始します。

20211114-056s.jpg
縦杭を入れて、横木を止めます。

階段部分、先に道を整えてから階段部分に横木を渡して盛り土します。
20211114-051s.jpg 20211114-070s.jpg

R5からL4方を望む
20211114-075s.jpg

L4〜R5ルートは1日で完成したので、次回はR5〜L5ルートを手がけます。
画面中央奥から左上に上がる比較的勾配のキツい道になりますが、土は軟らかいので初心者でも楽しめる道づくりになると思います。
20211114-076s.jpg


道づくりとは別の作業として水はけ改善を施行しました。
これは、先月の「防災×森づくり! ―自然共生社会に向けて市民が実践できる知恵・技を学ぶー フィールド編」で得たモノを早速活動へフィードバックしようというものです。
今日はこんな作業道の水はけの悪い部分に施行しました。
20211114-016s.jpg
拡大するとこんな感じになります。
20211114-020s.jpg

施工法としては、30cm間隔で点穴という穴を開けます(赤矢印のところ)。深さ20cm程度の穴を開け、燻炭と木炭を細かくしたものを充填し、土で埋めるのでは無く、空間を確保するため小枝や草茎を詰めておきます。
20211114-019s.jpg
これを作業道の山側に点穴を繋いだ線を描いて施行していきます。
また、階段部分についても同じように施行していきます。
20211114-003s.jpg
この施行方法については、10/24のブログ記事で詳細を書いていますので、読んでみてください。

これで、冬場でもべちゃべちゃになり、寒さが続くと土中に氷の塊ができるこの辺の保水改善ができればと思います。

次回は、12月18日(土)になります。