CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

https://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
【記事】マダニ感染症 [2021年09月23日(Thu)]

森づくりフォーラムさんのWebサイトで、当会、森中の記事が掲載されましたのでご連絡いたします。

download-52.jpg

--------------------------------------------------------------------
今年7月にマダニ感染症である「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の
報道が出て以来、各メディアやSNS等で様々な情報がでてきました。
今回、森づくり活動や自然体験活動を行っている人向けに記事を掲載して
いただきました。
自分で言うのもなんですが、今回なかなかの力作ですので、是非ご覧くだ
さい。
--------------------------------------------------------------------

森づくりフォーラム
>ホーム > 森づくりフォーラム・ニュース > ダニによる感染症 〜森づくり活動中のダニ被害予防対策〜
https://moridukuri.jp/210914

また、本ブログ、森の安全を考えてみる。では、近日中にマダニ忌避薬剤の特集を組む予定です。


安全活動関連「とぎすまそう!安全への感覚」 [2021年09月20日(Mon)]
本日はリクスマネジメント関係の書籍の紹介です。

NPO法人 北海道自然体験活動サポートセンター発行の「とぎすまそう!安全への感覚」です。



この本は2018年11月に初版が発行された後に、本年(2021年)6月に、感染症に関する項目を追加した「増補改訂版」として発行されました。

今回は、この「増補改訂版」を紹介したいと思います。
本書は本文76ページ(はじめに、や、おわりに、を除く)、付録24ページの計107ページのA5版ソフトカバーの本です。
丁寧なイラストが挿し込まれ、文章で表現しにくい内容は、このイラストを用いて説明されています。

内容は、第1章 安全を管理する〜危険はなくせない、第2章 シナリオ(事故事例)で学ぶ安全管理、第3章 安全管理のチェックポイント、そして付録の本文3章建てでまとめられています。

第1章では、リスクマネジメントの基本的な考え方と制御方法。そしてヒューマンエラーを招く無意識バイアスといったリスクの基本的な考え方、注意点を解説され。
それを踏まえた組織対応について書き進めています。また、今年のTAJR2020での天候悪化に伴う競技中止の英断でも解るように、中止基準の大切さが書かれています。
そして、この部分が今回の増補部分と思いますが(初版を持っていないため比較できていません)、「感染症をのりこえるリスクマネジメント」でこの章を締めくくっています。

第2章では、KYT(危険・予知・トレーニング)の有効性や取り組み方を丁寧に書かれ、次にシナリオトレーニングとして対策と応急手当について「DOTS」や「SAMPLE」を紹介し、そしてシナリオの考え方、取り組み方を筆者が経験された実例を上げながら解説しています。

第3章では、実際のチェックポイントとして、セーフティトーク、スタッフ間で共有するための計画書の作成、踏査の重要性を述べた後に、第2章で触れた、DOTS(ケガの評価方法)、SAMPLE(病気の評価方法)の説明、活用方法を述べられて締めくくっています。

また、24ページもある付録がまた素晴らしく、実際の活動で得た経験を漏らすことなく盛り込んだと言えるクオリティです。

「安全白書」の改訂版の構想をずっと持ち続けていますが、正しく本書のようなものが作れればという思いです。

本書はあまり書店では扱われていないため、以下、Amazon等で手にとってみてください。
増補改訂版 とぎすまそう! 安全への感覚〜里山活動でのリスク管理〜 (自然体験ブックレット3)
ISBN 978-4-9911495-0-4
定価700円

また、以前ブログで紹介した同センター発行の「たのしくやろう! 危険予知トレーニングワークショップ素材集」は、実際にKYTを行うにあたって、そのまま、もしくは参考に使える素材集です(本書の中でも数点使われています)。

 

関連ブログ
リスクマネジメント研修 [2021年07月10日(Sat)]
https://blog.canpan.info/morinoanzen/archive/1102




【活動案内】御岳倶楽部:10月定例活動 [2021年09月19日(Sun)]
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 今後の緊急事態宣言の状況によっては、今月の活動も中止となる可能性
 があります。
 また、当分の間は大きな広報は行わず活動案内もこのブログでのみ実施
 し、参加人数についても状況を見ながら調整させていただくことに、
 ご理解、ご協力をお願いいたします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


長かった緊急事態宣言も解除され、気が付けば秋へと季節は移り変わりました。
去年、今年と、この10年フィールドを手がけてきた結果が、草木の種類数に現れてきました。
スタッフの奮闘のお陰か?下草も抑制でき、初期の人工林の機能も保てています。

今月の活動は、夏から秋にかけて咲く花たちを中心とした自然観察や、今シーズンの道づくり作業を行うにあたり道付けの確認を中心に(時間がでれきれば)道づくりを開始したいと思います。

なお、緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き新型コロナウイルス感染症対策を講じての活動となりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。
スタッフはワクチン2回接種済みです。
また、団体スマホへ接触確認アプリ導入済みです。

日時:2021年10月16日(土) 10:00 - 15:00

場所:澤乃井御岳フィールド(東京都青梅市御岳)

集合:現地 9時40分
初めての方は、JR青梅線 御嶽駅 9:10集合
電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 3号を利用ください。
(新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43−御嶽09:01着)

内容:道づくり、自然観察、地拵え他

持ち物
作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、手袋(滑り止め付軍手等)、タオルまたは手拭い(2枚以上)、雨具(レインコート等)、飲み物

参加費:500円(保険代含む)

雨天時:小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

定員:10人(定員に達ししだい締め切ります)

参加申込み
以下の内容を書き添えてメールにてお願いいたします。
申込みメール:mitake-club[at]morinoanzen.com
お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、メールアドレス、当日の交通手段を、ご連絡ください。
折返しこちらからご連絡いたします。

申込み期限:10月10日(日)