• もっと見る
«【活動報告】花咲き山整備4月活動報告 | Main | 【活動案内】花咲き山整備活動(5月度):道作り»
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

https://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
【活動報告】定例森林作業 [2016年04月03日(Sun)]
2月の活動は積雪により活動中止になっているため、今月が今年最初の活動になります。
今月の活動内容は、今シーズンの雪害被害の片付けと雪起こしになります。

澤乃井御岳フィールドの被害状況は過去、このブログでも書きました(1/30の記事2/7の記事)が、2年前の積雪の時(2014年大雪)よりも雪が重たく、積雪量は半分にも満たなかったのに関わらず被害が大きく出ています。

まずは林道から、フィールドへの作業道を塞ぐように倒れているスギを片付けます。
DSCN7896s.JPG

倒木時の衝撃は凄まじく、頑丈なスギの幹が縦に避けています。
DSCN7900s.JPG
また、倒れた際に地面側にあった枝はすべて固い地面にめり込んで突き刺さっていました。深いもので20cm強も!

手ノコで玉切りして、運べる大きさにしてなんとか片付けました。
これで、次回の活動には現場広場まで車が入れます。
DSCN7913s.JPG
今回、倒木したスギの年輪を数えて見たら37年でした。

雪起こしでは、ヘキサチューブから頭を出していた幼木のうち数本が折れてしまっていたので、これについては完全に折れてしまっている幼木については残念ですが、そこから伐るしかありませんでした。
折れ曲がっていたも何とかなりそうな幼木については、手当をしてヒモで引っ張りました。
DSCN7937s.JPG

DSCN7936s.JPG

また、ヘキサチューブを取り付けていない幼木についても一本一本状況を確認しながら必要に応じて雪起こしをしていきました。

DSCN7929s.JPG DSCN7933s.JPG

思った以上に作業が進み14時半には作業を完了させました。
作業後の澤乃井御岳フィールド

ここ最近暖かくなり、都心でももはやサクラ満開の様子ですが、西多摩はまだまだ朝晩は肌寒い日が続いています。
でも、春は確実に近づいているんだなぁと感じさせられました。
DSCN7934s.JPG
タラノキは芽を膨らまして春が来ていることを知らせてくれます。

DSCN7909s.JPG
キイチゴの花も咲き始めました。

次回の定例森林内作業は、6月26日(日)になります。
※今年度から定例森林内作業は第4日曜日となりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

森中
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント