CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«熊出没情報(長淵地区) | Main | 準備»
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

https://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
澤乃井蔵開き2012に参加してきました [2012年10月27日(Sat)]
本日、森の安全を考える会が大変お世話になっている小澤酒造さんの澤乃井蔵開き2012に友人と参加してきました。

以前から、知ってはいましたが、なかなか都合が合わず、今年やっと念願が叶いました。

そして、初めて電車にて沢井駅までやってきました(車ならば何回もきています)。
そして驚いたのが、こんなに沢山の人がこの蔵開きに来ているってことです。
写真は、蔵に入る前におちょこと蔵を撮ったものですが、ここまでくるのに既に20m程ならび30分が経過しています。
澤乃井蔵開き2012@小澤酒造 (c)森の安全を考える会
そして、蔵に入る前から小澤酒造の方が、並んでいる皆さんに今年の搾りたてのお酒を振る舞っていたので、すでにできあがっていた人も・・・

蔵に入っても、すごい人・人・人・・・
澤乃井蔵開き2012@小澤酒造 (c)森の安全を考える会
この蔵は一番古いところで300年経っているそうです。
なかは、すごく良い雰囲気です。

澤乃井蔵開き2012@小澤酒造 (c)森の安全を考える会
蔵を進んで行くと、ワインのようにお酒がストックされています。
試飲でもありましたが、より深い味わいで何とも言えないおいしさです。
(そういえば、うちの代表からお祝いでいただいていたなぁ・・・)

そして、敷地の中にある仕込水を覗いてみると・・・
澤乃井蔵開き2012@小澤酒造 (c)森の安全を考える会
そこには、トンネルの中にものすごい透明度の水が横たわっていました。
(実際、水があることが判らずに、ただのトンネルだと思っていた人がいたほど)
この水であの美味しいお酒が造られるのですね。

澤乃井蔵開き2012@小澤酒造 (c)森の安全を考える会
思わず、今だけ販売されている搾りたての「一番汲み」を買い求めました。
(右側の濁り酒の方は、澤乃井蔵開き2012当日のみの限定発売)

これから、楽しみながらいただきます!

(事務局)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント