CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 競艇 | Main | 本・映画 »

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
菊姫 山廃吟醸[2015年12月15日(Tue)]
仕事の関係で出席した席で、石川県菊姫合資会社 (きくひめごうしがいしゃ)の菊姫山廃吟醸という日本酒をいただきました。

はじめていただきましたが、大変飲みやすく、美味しかったです。

日本酒について、あまり詳しわけではありませんが、お酒の中で日本酒は好きです。

菊姫山廃吟醸は、常温でいただきましたが、くせはなく、口当たりも良かったです。
これまで、あまり目にしたことはなかったと思いますが、また是非飲みたい、と思うお酒でした。

Posted by うっちー at 09:21 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

偶然の再会[2010年01月20日(Wed)]
先日、来客があって打合せをしていたときのことです。
接客スペースは、腰高のテーブルに椅子4〜6脚のセットが10数セット置いてあるフリースペースです。そこには仕切りもありません。

私の横でも、横で別の職員が接客をしていましたが、途中でその職員が私に話しかけてきました。「何だろう」と思っていると、その職員宛のお客様が、私に挨拶したいとのこと。

そのお客様の手には、私の名前と「財団法人日本船舶振興会」と書かれた、18年前に私が転職してきて配属された部署名が書かれた名刺がありました。
その方は、私が学生時代、テニスサークルの幹部だった時に合宿の手配や試合のスポンサーとしてお世話になっていた旅行代理店の方でした。

瞬時に顔を思い出し、少しの間をおいて「あの時にお世話になったWさん」だと思いだすことができました。

実は、最初の職場では子会社のスキー場の営業をやっていたこともあり、私がWさんのところに営業に行っていました。転職のご挨拶していた(このことは忘れていましたが...)ようで、その時の名刺を18年経った今も、持っていていただいたとのことです。

名刺を持っていていただいたことに非常に驚くとともに、同じタイミングで接客スペースにいた偶然にも、何か不思議なご縁を感じました。

Wさんの会社は、主に学生相手の旅行代理店業務を発展させ、顧客である学生サークルの幹部を企業に紹介する人材紹介、学生寮の運営などの業務をする会社になっていました。

Wさんとは、私が学生だった当時の話や、所属していたサークルの現況、後輩達の活躍など聞かせていただき、私も元気をいただきました。

それにしても、このような偶然、現実に起こるのですね。

Posted by うっちー at 08:34 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新型インフルエンザ(4)[2009年11月12日(Thu)]
相変わらず我が子たちが通っている学校では、インフルエンザが流行しています。

息子の通う小学校は、次の日曜日、市の駅伝大会に出場予定です。我が息子も、昨年に続きメンバーに選ばれたいと、毎日に練習に参加しています。

この大会、現中2の娘が小5・6、息子が小5と出場してきました。この間、子供の通う小学校からは、5・6年男女各1チーム(4区)の出場でしたが、今年は3チームエントリーするようです。妻によれば、インフルエンザもあり、出場できるチームが少なくなる可能性を考慮しているのでは、ということです。

妻は「もしかしたら5・6年の混成になるのでは、という可能性もあるのでは」といいつつ、「5年では1クラス20人が休んでいる」との情報も教えてくれました。

一方、すでに2回の学級閉鎖と1回の学年閉鎖を経てきた娘は、他の学年などでもいまだにインフルエンザが流行しているため、部活禁止令がでています。

相変わらず実感はありませんが、流行は続いているようです。

Posted by うっちー at 08:18 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新型インフルエンザ(3)[2009年10月30日(Fri)]
学級閉鎖だった中学生の娘ですが、今度は学年閉鎖になってしまいました。
今週火曜日からの学級閉鎖に引き続いて学年閉鎖です。今週は、結局月曜日だけの登校でした。

一方、
昨日、保育園に通う娘さんのいるテニス仲間に聞いたところ、その保育園では、現在新型インフルエンザにかかっている園児はいないとのことです。

患者数は増えているという報道もありますし、流行しているのは間違いないようですが、どうも罹る年齢層や重症化などには特徴があるような感じがします。

Posted by うっちー at 08:49 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新型インフルエンザ(2)[2009年10月28日(Wed)]
先日、小6の息子の学校で、息子の学年が新型インフルエンザで学年閉鎖になったと書きましたが、今週は、中2の娘のクラスが今秋2度目の学級閉鎖になりました。

学級閉鎖は繰り返されるかもしれない、という話を妻や友人と話はしていましたが、こんなに早く現実を見るとは思いませんでした。

一方、仕事上でお付き合いのある取引先でも、インフルエンザ対策はまちまちです。
家族が罹患した場合自宅待機、というところもあれば、当初自宅待機を方針としたところでも、業務上の影響が大きいことから本人が罹患していなければ出社可と変更したところもあります。

ただ、前にも書きましたが、大人の罹患というのはほとんど聞きませんが、小中学校は学級閉鎖、学年閉鎖となっているところは、結構あるようです。

Posted by うっちー at 08:41 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新型インフルエンザの影響[2009年10月23日(Fri)]
昨日2009年10月22日(木)から、息子の小学校は学年閉鎖になりました。
私のテニスの仲間でも、他市の小学校の先生をしている人がいますが、同じように昨日担任をしているくらすが学級閉鎖となり、今日からは学年閉鎖になるとのことでした。

中学生の娘も、先々週学級閉鎖になっていましたし、その前にすでに他のクラスは学級閉鎖になっていました。

新聞等の報道でも、学級閉鎖、学校閉鎖の数が相当数に上っている、と聞いていますし、低年齢児の死亡が伝えられるなど、新型インフルエンザは、重大な問題となってきています。

ところで、私の勤務先やプライベートで聞く限りですが、大人(30〜40代くらい)では、罹患したという話はかなり限定されます。中学生以下が要注意なのでしょうか?

何にせよ、今週位から朝晩の涼しさが増してきたように思いますので、季節性インフルエンザも含め、体調管理には十分注意していきたいと思います。

Posted by うっちー at 08:18 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

脱ゆとり教育[2008年12月24日(Wed)]
2008年12月22日(月)、文部科学省は高校の学習指導要領改定案を発表しました。
ポイントは「高校も『脱ゆとり』」です。今年3月に改定された小中学校の学習指導要領改定による『脱ゆとり』に続くものです。

教育現場からは「負担増」という声がすでに出ているようですが、小中学年代はやはりしっかりとした基礎教育を充分に行って欲しいと思いますし、高校年代では、大学での高等教育に通じる学問への興味を高める教育をして欲しいと思います。

高校教員の「負担増」のなかには、部活と授業準備の兼ね合いなども含まれているようですが、もっと、地域、父兄との連携を持たすことができないか、と思うことがあります。

私は現在、小学生の息子のサッカーチームの手伝いをしていますが、チームの指導者はかつてそのチームに所属していた30代のボランティアです。仕事をしながら、土日、無償で指導をしてくれています。そして、チームの運営や指導、審判(有資格)は、保護者が協力しています。

保護者の中には、サッカー経験者もいて、自分の子供の所属するチームへの協力を超えて、地域のサッカー界の運営に協力している方もいらっしゃいます。

地域には、そうした協力を惜しまない方々がいらっしゃると思います。
先生方には、教育の専門家として、基礎学力、学問への興味を高める教育をしっかりして欲しいと思いますが、そのためには、先生方が教育に専心できる環境を周囲が協力して作り上げることも重要と思います。

Posted by うっちー at 08:39 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

読み書き算盤[2008年12月10日(Wed)]
国際数学・理科教育動向調査の結果が発表されました。

これは、国際教育到達度評価学会(本部:アムステルダム)が行っているものです。

世界の小中学生を対象に実施したもので、今回発表された調査は2007年の春に行われ、小学校4年と中学2年が参加しています。

実は昨日、中一の娘の2学期期末試験が終わりました。
試験前は私も協力して、数学や理科のわからないところは教えてあげています。
小5の息子にも同様に、算数や理科は教えてあげています。

子どもの勉強を見ていて思うのは、やはり「読み書き算盤」は、小中学生の間は特にしっかりやっておいて欲しいな、ということです。

上述の調査でも、それなりに日本は上位にいますが、下降傾向にあったわけで、これに歯止めをかけ、上昇させるには、年月を必要とすると思います。

私が自戒を込めて思うのは、「読み書き算盤」の基礎ができていれば、将来、必ず役に立つので、それを身につけさせるのは、親の役目ということ。ただ、一歩間違えば、勉強嫌いになってしまうので、「できないことができるようになる、わからなかったことがわかるようになる達成感=喜び」を感じさせてあげることが重要、ということでしょう。

子どもの勉強を見ていて、本当に反省していますが、子どもたちにこれからも勉強を教えて欲しい、といわれるようにしておきたい、と思っています。

Posted by うっちー at 08:50 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

100円のささやかな思い[2008年07月16日(Wed)]
朝、勤務先のビル「日本財団ビル」に設置してある自動販売機で、缶コーヒーを購入しています。

一本100円。ワンコインで気軽に買えるのが良いです。
しかも、この自動販売機で買うと、1本につき10円が日本財団寄付プロジェクト「夢の貯金箱」への寄付金になります。
寄付金は、全額がハンセン病回復者への支援、ミャンマーでの小学校建設、犯罪被害者への支援などに全額使われます。

日本財団ビルには、夢の貯金箱への寄付ができる自動販売機が3台設置されています。
同時通訳機材も揃い、国際会議などもできる2階の会議室のロビー、昼休みなどに無料の身にコンサートも開催される1階バウルーム、喫煙場所にもなっている屋外スペースの3箇所に1台ずつです。

この自動販売機、今月中には、港区虎ノ門にある日本財団所有の海洋船舶ビル、日本財団第2ビルにも設置されるのをはじめ、2008年7月中には全国に約40台設置される予定です。

自動販売機を設置する企業、自動販売機本体の設置・管理をするベンダー会社、そして、集まった寄付金を日本財団「夢の貯金箱」に寄付するこの仕組みを考え、企業活動=社会貢献活動として展開してくれている鰍ィ問い合わせポータル社様によってこの活動は更に広がろうとしています。

Posted by うっちー at 08:19 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

日本に寄付文化を[2008年04月15日(Tue)]
昨日2008年4月14日(月)、私の勤務する日本財団で、有志による新人歓迎会が開催されました。

私も、財務という本来の仕事の傍ら、寄付チームという有志による活動に参加しています。今回の歓迎会は寄付チームのほか、SHOP人にやさしく、手話サークル、太鼓サークル、野球部、カヌーサークル、トレーニングクラブが、新入職員の勧誘を兼ねて開催されました。

呼びかけは、「SHOP人にやさしく」のメンバーで、各活動説明計1時間の後、「SHOP人にやさしく」が調達した福祉施設の授産品を飲んだり食べながら2時間近く懇親会を行いました。
会費2千円は、授産品の購入に充て、残りは「寄付チーム」への寄付金として、NPOの活動資金支援に使わせてもらうことになっています。

「寄付チーム」の仕事は、表題のとおり「日本に寄付文化を育てる」ことが目標で、「夢の貯金箱」という名称で寄付を集めています。2007年度は96件、5,934,219円の寄付をいただきました。この寄付金は、経費を差し引くことなく、全額がNPOなどの支援に使われています。

日本の民間非営利の活動は、近年盛んになってきましたが、公益は国が行うもので民間には任せられない、という考えがあったのだと思いますが、私が日本財団に転職した平成3年から当時はもちろん、ボランティア元年といわれる阪神大震災までは、福祉分野を除いては、あまりNPO活動は盛んではなかったと思います。というよりは、NPOという言葉すら何?という感じでした。

しかし、国は広く公平に、から逃れることは難しく、目の前の、限定されている、或いは一般の人の目には触れないけれど、関係する人の努力だけでは解決できない問題に対しては、国が行う公益だけでは限界がある、ということがわかってきたのだと思います。

そのような活動のために、日本財団は活動していますが、さらに成熟した社会とするためには、こうした活動を個人一人一人が支えることが必要になってくるだろう、ということで、個人などの寄付により、公益活動を支える文化を作ろう、というのが、この「寄付チーム」による「夢の貯金箱」の目的だと私は思っています。

もっとも、私が参加したのは、ちょっとしたきっかけがあったからですが、若い職員のパワーで、上述のような成果が出ています。

このブログをお読みになった方で、興味、関心を持っていただいた方がいらっしゃいましたら、寄付に参加してください。

Posted by うっちー at 08:28 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ