CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 16歳の教科書 | Main | 寄附金の税控除(2) »

<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
寄附金の税控除(1)[2011年07月14日(Thu)]
先日、平成23年税制改正で新設された『寄附金に係る税額控除制度』の説明会に行ってきました。

説明会は、公益財団法人公益法人協会が主催したものです。

個人の寄附については、寄附金(総所得の40%相当額を限度)−2千円が所得から控除される所得控除が認められていましたが、今般の税制改正で、認定NPO法人、一定の要件を満たす公益社団・財団法人への寄附金については、所得税から直接控除できる税額控除を選択できることになりました。

少しわかりにくい話ですが、計算式にすると以下のとおりです。

所得控除=課税所得から寄附金を控除 → 課税所得×所得税率=所得税

税額控除=課税所得×所得税率(=所得税)−税額控除額(※)

(※)税額控除額={対象寄附金の額(総所得金額等の40%限度)−2千円}×40%
   (所得税額の25%相当額を限度)

所得税率は累進課税ですので、総論として、所得が低い人ほど税額控除のメリットがあるということです。

Posted by うっちー at 08:45 | 寄付 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/337

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント