CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 東北地方太平洋沖地震への募金 | Main | 公益認定〜登記完了 »

<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
公益移行認定答申へ[2011年03月23日(Wed)]
昨日、2011年3月22日(月)、内閣府公益等認定委員会から、当財団の移行認定申請についての答申が、菅直人内閣総理大臣宛に提出されました。



昨年12月の申請までの準備期間、1月はじめのヒアリングからの修正作業も相応にありました。また、3月11日(金)に予定されていた諮問委員会は、東北太平洋沖地震発生により中止となり、16日(水)の諮問委員会を待つこととなりました。

当財団は、モーターボート競走法(MB法)に基づく指定法人であり、公益法人制度改革の主旨の一つである、認定法による基準を満たした認定制度とは別に、指定法人として監督、指導を受けるという二面性があります。

MB法と認定法の両方を満たさなければならないため、他の法人が公益認定を得るケースとは、少し違ったところもあり、認定を得るには、認定等委員会に対して、丁寧な説明が必要になるだろうと、当初から考えていました。

認定等委員会事務局の方々にも、諮問直前には夜間のヒアリングや電話での後対応も頂き、また、ここには書ききれない多くの方々のご助言、ご指導をいただき、今回無事、答申を頂けるところまでこぎつけることができました。

とりあえずひと段落ではありますが、移行前最後の決算、会計基準変更への対応、移行前後の事務など、これからまたあわただしい時間を過ごすことになりそうです。

Posted by うっちー at 07:52 | 公益認定申請 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/332

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント