CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 神様のカルテ | Main | 障害当事者を主体とした国際協力セミナー »

<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
やめないよ[2011年03月07日(Mon)]
プロサッカー選手、キングカズこと三浦和良選手の著作 『やめないよ』 (新潮新書 740円税別)を読みました。

44歳(2011年)になった今も、現役のプロサッカー選手でいたいという強い意志を持ち続け、年齢や監督の自分の起用法にも、言い訳をせず、ひたすら自分が求める道を歩み続ける姿勢には、学ぶことが多かったです。

とくに印象に残ったのは、
「1センチでもいいから前へ進むんだ」(P244)の最後に書かれている言葉です。

学ばない者は人のせいにする。学びつつある者は自分のせいにする。学ぶということを知っている者は誰のせいにもしない。僕は学び続ける人間でいたい。

三浦選手は、ブラジルにいた17歳の時、「考えるだけで止まっている人間はたくさんいる。お前もそうだ。考え、悩め。でも、前に出ろ」と諭されたと書いています。

失敗して、人生のレースを踏み外すこともある。その時も、フラフラでもいいから止まるな−−。「一気に100メートル進まなくてもいい。カズ、1センチでもいいから前へ進むんだ。考えているだけではダメだ」。

日本代表エースとしてW杯予選を戦いながら、本選では代表漏れ。J1からJ2へ舞台は移り、出場機会も減っているけれども、変わらぬ努力をする姿勢。

私も同世代ですが、非常に勇気づけられました。

Posted by うっちー at 08:26 | 本・映画 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/329

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
いい話ですね。
子供に見せようと思います。

Posted by:JFK  at 2011年04月25日(Mon) 12:38