CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 一瞬の風になれ | Main | 吾輩は猫である »

<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
サッカーの審判[2010年07月14日(Wed)]
サッカーワールドカップ南アフリカ大会が終了しました。

4級審判員の資格更新をしなかった私ですが、ワールドカップの審判で、『審判もサッカーの一部である』ということについて感じたことを思いつくままに書き留めておこうと思います。

印象に残ったのは、イングランド−ドイツ戦のゴール判定。
ビデオ再生では、ボールはクロスバーをたたきインゴールにバウンドした後、回転のかかったボールはゴールの外に跳ね、インゴールと認められませんでした。

私も、2度、同じような場面に遭遇したことがあります。
両方とも、息子が小学生の時の試合です。
ともに、味方選手のシュートがクロスバーにあたり下に跳ねるという、イングランド−ドイツ戦と同じシーンでした。

一つは微妙な判定で、敵ゴール近くで見ていた私は、ノーゴールと見ましたが、コーチ、選手は納得できずにいました。

二つ目は、我々ベンチから見ても(やはり敵ゴールサイドでした)確実にインゴールでしたが、副審のジャッジが不明確で、主審にゴールは認めれれませんでした。

二つ目のケースは、コーチが試合後に主審と副審、第4審判に確認したところ、インゴールであったことが確認されましたが、主審から謝罪はありましたが、判定が覆ることはなく、敗戦となりました。

これらのケースでコーチが言ったのは、
『副審にゴールの判定を確認するよう、選手は主審にアピールをしたか』
『審判も間違えることはある。それを引きずらずに試合をできたか』
ということだったと思います。

ビデオ判定やゴールライン審判の導入などの議論もあるようです。
しかし、個人的には、スポーツは紳士的であるべきで、審判にわからなければ、反則や自分有利な判断はよしとする考えにつながるようで、基本的には反対です。

私はテニス愛好家で、今でも市民レベルの大会に参加することがありますが、基本的には審判のいないセルフジャッジで試合をします。
その場合、私が教わってきたのは、微妙で自信がない場合は相手有利に判定する、ということです。

スポーツは相手選手を尊敬することで成り立つのだと思います。その前提で、公正な立場での審判がいるわけです。
もちろん、公正な審判のためには、審判技術だけではなく、両チーム、サポーターの信頼を得るに足る人間性も備えなくてはならないと思います。
これは大変難しいことですが、難しいからと言ってビデオ判定などになっていますと、スポーツが単に勝敗を決するためのゲームになってしまいそうな気がします。

Posted by うっちー at 08:33 | スポーツ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/306

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント