CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | Main | 公益認定にむけて本格的準備へ »

<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
中学サッカー初観戦[2010年04月28日(Wed)]
2010年4月25日(日)、息子が中学生になって初めて、試合の応援に行きました。

学校の部活ではなく、クラブチームでサッカーを続ける道を選んだ息子は、チーム(チームメイト)のレベルの高さに、このチームで試合に出ることができるか、という危機感を感じながらも、一生懸命練習に取り組んでいるようです。

練習試合は、全員出場機会が与えられますが、本人としては通用するかどうか、といった不安があったようで、私も見に行きませんでした。
それでも、その時の試合で、得点を挙げたこともあり、多少、やっていく手応えのようなものを感じたようです。

25日の試合は、隣の市のクラブチームで、息子が市選抜で一緒にプレーをしていた子供数人が所属しています。その子たちのプレーが見られるのも楽しみで、応援に行きました。

ほぼ1ヶ月振りの観戦、応援でしたが、子供たちの成長ぶりには驚きました。
ほんの1ヶ月ですが、身長も伸び、体格も顔つきも変わっています。
そして、もちろん、プレーにも「上手になったな」「高いレベルの中で頑張ってるな」と感心させられました。

これからは、私自身が審判など、チームに関わることはありませんが、引き続き見守っていきたいと思っています。

Posted by うっちー at 08:46 | スポーツ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/301

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント