CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 新型インフルエンザの影響 | Main | 新型インフルエンザ(3) »

<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
新型インフルエンザ(2)[2009年10月28日(Wed)]
先日、小6の息子の学校で、息子の学年が新型インフルエンザで学年閉鎖になったと書きましたが、今週は、中2の娘のクラスが今秋2度目の学級閉鎖になりました。

学級閉鎖は繰り返されるかもしれない、という話を妻や友人と話はしていましたが、こんなに早く現実を見るとは思いませんでした。

一方、仕事上でお付き合いのある取引先でも、インフルエンザ対策はまちまちです。
家族が罹患した場合自宅待機、というところもあれば、当初自宅待機を方針としたところでも、業務上の影響が大きいことから本人が罹患していなければ出社可と変更したところもあります。

ただ、前にも書きましたが、大人の罹患というのはほとんど聞きませんが、小中学校は学級閉鎖、学年閉鎖となっているところは、結構あるようです。

Posted by うっちー at 08:41 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/281

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント