CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 競泳スイミングクラブ県大会 | Main | 円高90円ライン突破 »

<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
ドルの計画購入[2009年09月15日(Tue)]
私の仕事の一つに、毎月定額の米ドル購入があります。

私の勤務する日本財団は、海外の途上国の小学校建設、ハンセン病制圧・元患者の人権回復、次世代リーダー育成のための奨学基金の設置などのために、毎年、多くの米ドルを送金しています。

安定した米ドルの調達のために、毎月、一定額を購入していますが、ここへきてまた円高への動きが加速しています。

毎日、為替の動きを記録(このブログでも「資金運用の指標」としてアップしています)していますが、昨日は90円台半ばで取引を終えています(日中は90円台前半を記録)。

4月が90円台後半〜100円、少しずつ円高傾向となり、8月は95円を中心に比較的安定していたと思いますが、8月後半からまた円高が進み、先週末、週明けと90円台になりました。

新聞等では、世界景気の回復基調から、投資家が低金利の米ドルを売り、高利回りの新興国の通貨に切り替えている、との背景を伝えています。また、民主党の政策が円高を許容する、新政権発足時には為替介入しづらい、との指摘もあるとも伝えています。

円高が進めドルの調達は低コストとなり、海外への支援は、当初の計画よりも多くできることになります。一方、調達する立場からすると、為替の変動によっては、調達資金の多寡に影響が出ますので、心穏やかにできることではありません。もちろん、為替の動きは読めないからこそ、定期定額購入によりリスク分散を図っているのではありますが...。

またしばらくは、為替に動きにも注意をしなければなりません。

Posted by うっちー at 08:15 | 非営利資金の運用 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/273

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント