CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 平成20年食料自給率発表 | Main | 1Q84 »

<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
ペットボトルで漂流2時間後救助[2009年08月19日(Wed)]
海などで流されたとき、ペットボトルの浮力を利用して助けを待つことは有効である、ということは、海難に関する知識としては知っていました。

最近、本当にペットボトルにつかまって2時間漂流し、救助されたという事件がありました。

落水したときにペットボトルがあったこと、漂流中に貨物船が発見してくれたこと、そして、もちろん、落水した人がペットボトルを浮輪として利用できることを知っていたこと、など、様々な要因が重なっての結果と思います。

ペットボトルを使った応用としては、海岸などで溺れている人を発見した場合、ペットボトルに若干の水を入れてその人に投げてあげる(紐をつければ尚良)、というものもあります。



以下、毎日新聞社の毎日jpの引用です。
--------------------------------------------------------------------------------------生還:転落の航海士 ペットボトルにつかまり2時間漂流
2009年8月13日 23時0分 更新:8月14日 8時22分

 13日午前7時ごろ、鹿児島県与論島から東約25キロの太平洋上で、漂流中の日本人男性(24)がリベリア船籍の貨物船に救助された。沖縄行きのタンカー「ARIAKEMARU」の甲板から転落した3等航海士で、ペットボトルを浮輪代わりに約2時間漂流し、けがもなかったという。

 第10管区海上保安本部によると、男性は甲板にゴミを出しに行ったところ、突然船が揺れて海に投げ出されたという。救命胴衣を着ていなかったが、一緒に落ちたゴミの中に、2リットルの空ペットボトルを発見。しがみついていたという。

 10管は「ペットボトルがなかったら、2時間の漂流は厳しかっただろう。助かる可能性は低かったのでは」と話している。【黒澤敬太郎】
--------------------------------------------------------------------------------------

Posted by うっちー at 08:42 | 海の安全 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/266

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント