CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 新テロ法案参院へ | Main | 大陸棚申請 »

<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
ケータイ小説[2008年10月23日(Thu)]
初めてケータイ小説を読みました。
といっても、出版された状態でですが。

読んだのは、「あしたの虹」。

ケータイ小説サイト「野いちご」に投稿された後、毎日新聞から発行された小説で、作者は瀬戸内寂聴さんです。ケータイ小説サイトで連載中は、「ぱーぷる」というペンネームで、瀬戸内寂聴という名前は隠されていたそうです。

「ケータイ小説なんて読まないだろうな」と思っていましたが、瀬戸内寂聴さんが書いた、ということに惹かれて、購入することにしました。

内容的にはもう少し展開があったり、奥行きがあったりしたほうが面白いのでは?と思いましたが、長さ、文体(いわゆるメール語、ケータイ語)などを考えると、こんなものかな、という感じでした。

以前、中一に娘に「ケータイ小説は読まないの?」と言われて、「俺は読まない」と言い放ったものの、娘は単行本化されたケータイ小説は読んでいます。文章を読まないよりはまし、程度に思っていましたが、こうした本からでも、何か感じるものはるだろうな、と思い直しましたし、娘や息子には読む本の種類は押し付けず、いろいろなものを読むことで、読書自体に興味を持ってもらいたいと思います。

ただ、「あしたの虹」には性描写もでており、父親としては、こういう本を娘に薦めるのはどうかな、などと思ってしまいます。
先日娘と盛り上がった「容疑者Xの献身」(東野圭吾著)とは違い、読み終わっても娘に進められずにいます...。

Posted by うっちー at 08:28 | 本・映画 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/213

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント