CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 海賊が要求する身代金 | Main | サッカーに明け暮れた週末 »

<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
2008年度海洋関連施策[2008年06月11日(Wed)]
我が国の2008年度海洋関連施策が、総合海洋政策本部のHPで公開されています。

海洋基本法が制定されるまで、海洋に関連する政策の所管省庁は、9省庁11部局に跨り、海洋という軸で総括する部署がありませんでした。

したがって、例えば「海洋ごみ問題」というひとつをとっても、環境省、国土交通省、海上保安庁、外務省など、それぞれがそれぞれの立場、観点から、ばらばらな施策をとってきていたように思います。

もちろん、海洋基本法ができ、総合海洋政策本部ができたからといって全てが解決するわけでもありません。

総合海洋政策本部で公開されている平成20年度海洋関連施策の一覧をみても、上述「海洋ごみ」の例でいうと、予算はいまだに複数の省庁に分かれています。
「いまだに分かれている」こと自体を問題だとは思いませんが、どのように連携し、効果的に行えるようになったのかについては、気になるところです。

とはいえ、これまでは、海洋関連施策については省庁が分かれている、ことは理解していても、それを俯瞰することがなかなか難しかったと思います。
それを考えると、このように国としての海洋施策体を見渡すことができるようになったのは、良かったと思います。

Posted by うっちー at 08:20 | 海洋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/191

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント