CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« サッカー4級審判への道(3) | Main | 過大小学校 »

<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
海洋基本計画原案が明らかに[2008年02月05日(Tue)]
2008年2月4日(月)、総合海洋政策本部(本部長:福田首相)が策定してきた海洋基本法に基づく海洋基本計画案が明らかになりました。

2月中に閣議決定される見通しとのことです。

政府総合海洋政策本部のHPでは、同原案を見ることができます。

この中で私が注目したのは、数値目標が定められている以下の2点です。
・日本籍船を2008年から5年間で2倍にする。
・日本人外航船員数を2008年から10年間で1.5倍にする。
・新造船からの二酸化炭素排出量を2013年までに3割削減させる。
・窒素酸化物を80%低減する舶用エンジンの開発を2012年までに実用化する。

もちろん、海洋、造船・舶用工業の関係者にすれば、海洋基本法が制定される前から取り組んでいたことですから、この数値はすでに目標として掲げていたことだと思いますが、改めて海洋基本計画の中で、数値目標として定められたことに、私は意義を見出しています。

なお、エネルギーの多様化・確保の観点からの資源開発、食料問題も含めた水産資源の持続可能な利用など、については、その重要性については盛り込まれていますが、数値目標は設定されていません。

これは、エネルギー基本計画食料基本計画との関係でしょう。

Posted by うっちー at 08:42 | 海洋 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/169

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
はじめまして、海事代理士をしているものです。ブログをちょこちょこ読ませていただいています。海事産業に疎い者ですから、動向等、勉強になります。
確かに数値目標になったのは大きなこと気がします。ただ、本当に実現できる施策なのか疑問に感じます。

今後とも、ブログを楽しみにしています。

Posted by:machi(go)  at 2008年02月06日(Wed) 00:51