CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« 津波 | Main | 文学における海洋・造船 »

<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
鯨の竜田揚げ[2006年07月24日(Mon)]
先日ブログに書いた鯨の肉が、先週木曜日(7/20)に届きました。

冷凍で届きましたので、そのまま家に持ち帰りました。
保冷材などはなく、家に持ち帰るまでに解凍しないか心配したのですが、ほとんど解けずに家に持ち帰ることができました。
料理に詳しい人なら当たり前のことかもしれませんが、肉ってそう簡単に解けないんですね。
調理できる程度に解凍するには、夜、冷蔵庫に移すと、翌日ちょうど良く状態になっていると教わりました。

私は、今回1kg購入しました。
日曜日に半分を妻に竜田揚げにして、美味しくいただきました。
特に、子供(小学校5年と3年)に好評で、あっという間に完食です。

私は、小学校の給食で鯨の竜田揚げを食べた記憶がありますが、先にも書いたように、最近は鯨はなかなか、口に入りません。

美味しくて、健康食である鯨です。
捕鯨には色々な議論がありますが、種の保存、資源保護、食文化、漁村文化、漁業等、いろいろな観点から科学的データをベースに、我々にもわかり易い結論を出してもらいたいと思います。

Posted by うっちー at 12:27 | | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/14

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント