CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

某不動産会社から日本財団に転職して、15年がたったとき(2006年6月)にはじめたブログ。
ボランティア、福祉車両、海洋、広報など、様々な事業に携わってきた
勤続15年の区切りとして、徒然なるままに携わった事業の背景や現状、その他諸々の事柄について、気の向くままに書いてきました。
今の仕事(財務)や子育てを通じた教育、スポーツ環境など、これからも気の向くままに書いていきます。

« マングローブの防災機能 | Main | 舶用工業への期待 »

<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
JFK
やめないよ (04/25)
菅原晃
デフレの正体 (01/26)
うっちー
ついに公益認定を申請 (12/13)
あいくん
ついに公益認定を申請 (12/11)
kawa
永遠の0 (10/18)
うっちー
公益認定申請へ (10/05)
あいくん
公益認定申請へ (10/05)
うっちー
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/16)
学@明石
秋季ダブルス選手権2回戦敗退 (10/15)
うっちー
障害者の雇用 (02/13)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/monologue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/monologue/index2_0.xml
中国造船業の躍進[2007年06月22日(Fri)]
中国の統計データによると、2007年第一四半期の船舶建造量等は、以下のとおりです。

船舶建造量
 中国   287DWT(18%、前年同期15%)
 世界  1,560DWT
新造船受注量
 中国  1,243DWT(43%、前年同期27%)
 世界  2,922DWT
手持工事量
 中国  7,986DWT(25%、前年同期19%)
 世界 32,589DWT

前年と比較すると、新造船受注量で非常に大きく伸びていることがわかります。
新造船受注量に限ってみると、初めて韓国、日本を超えて、世界第一位になりました。

船種でみると、
 建造船舶 タンカー37%、ばら積み貨物船40%、コンテナ16%
 受注船舶 タンカー10%、ばら積み貨物船71%、コンテナ14% 
と、ばら積み貨物船が大きな伸びを示しています。

Posted by うっちー at 12:36 | 造船 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/monologue/archive/127

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント