• もっと見る

<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
京都ものづくり塾 滋野
京都エコ修学旅行 IN 三条・四条・東山 (11/15)
艶芸サロン;かっぽれです
「町家できもの交流会」申込締切日を延長 (04/14)
艶芸サロン・かっぽれ
「ニッポン全国 きもの日和in京都」報告 (11/12)
最新トラックバック
2009年 年頭挨拶 次の10年に向けて [2009年01月01日(Thu)]
新年あけましておめでとうございます。
おかげさまで昨年11月を以って、京都ものづくり塾も丸10年を迎えることができました。
「設立10周年記念」といった大々的なイベントやキャンペーンは行う予定はないのですが、「次の10年」を見越した中長期的なビジョンを2008年度総会で策定したので、その第一歩を踏み出す年にしたいと思います。
続きを読む...
2008年 年頭挨拶 ものづくり塾10周年を迎えるにあたって [2008年01月01日(Tue)]
新年明けましておめでとうございます。
年末年始、寒波に見舞われましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今年、京都ものづくり塾は設立10周年を迎えます。これもひとえに、活動へのご理解、ご支援、ご協力をいただいた会員をはじめとする、数多くの皆様のおかげによるものと、感謝しております。

今から10年前、1998年11月に京都ものづくり塾は発足しました。それは、京都市のまちづくり塾支援事業「夢・ロマン・京都シティ」において、市民からの「まちづくり塾の企画公募」に、「伝統産業から先端産業まで連綿と受け継がれる京都の“ものづくり文化”をまちづくりに活かす」という理念を企画にしたため、応募したものが採択されたのが始まりでした。

あれから10年、理念をなかなか具体の活動につなげられなかったり、逆に活動が理念に合致しているのかどうかと悩んだり、メンバーの多忙といったことにより、活動が停滞したりと難しい時期も経験しました。

それでも、この10年の間に、「“気軽な”ファッションの1アイテム」としてのきものの定着、「“和”や“日本”」への関心の高まり、「若者の“職人志向”」といった生活習慣の変化や、京都府、京都市における伝統産業の活性化に関する条例の施行、京都商工会議所が「ニュー京商ビジョン」の中で『知恵産業』という概念を打ち出す等、施策や制度にも見られるようになってきたということは、私たちの目指す理念とその方向性は間違っていなかったと自信を持たせてくれることです。

私たちが「京都のものづくりに自信を与えた」といった大それたことは言えませんが、発足から10年を経て京都ものづくり塾の理念と足並みの揃ってきた「京都の目指す方向」に対して、私たちは何ができるのか、また何をすべきなのか、といったことを、常に考えながら活動を重ね、京都のまちづくりに貢献していきたいと考えております。

10年という一区切りを迎えたとはいえ、私たちはまだまだ「新参者」であり、小さな存在です。それでも、「ものづくりを通じた“まちづくりへのフォーカス”」、「市民、ユーザーを中心とした多様な主体との接点が多い」といった強みを活かした事業活動を展開してまいりますので、今後とも皆様のご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2008年1月1日 京都ものづくり塾 代表 滋野浩毅
2007年もお世話になりました [2007年12月31日(Mon)]
2007年もまもなく幕を閉じようとしておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
今年は2年ぶりに総会を開催することができ、新企画「京都ものづくり講座」他、久々に活発な活動が実現しましたこと、皆様に御礼申し上げます。

来年には早いもので、京都ものづくり塾も設立10周年を迎えます。
京都のものづくり、まちづくりへ寄与すべく、充実した10周年にしていきたいと思いますので、引き続き、活動へのご支援、よろしくお願い申し上げます。

それでは、良いお年をお迎えください。
京都ものづくり塾ブログを立ち上げました [2007年07月12日(Thu)]
京都ものづくり塾のブログを立ち上げました。
最新の情報や、事業報告、メンバーのレポートなど掲載していきたいと思います。

オフィシャルウェブサイト共々、よろしくお願いいたします。

滋野浩毅