• もっと見る

<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
京都ものづくり塾 滋野
京都エコ修学旅行 IN 三条・四条・東山 (11/15)
艶芸サロン;かっぽれです
「町家できもの交流会」申込締切日を延長 (04/14)
艶芸サロン・かっぽれ
「ニッポン全国 きもの日和in京都」報告 (11/12)
最新トラックバック
「二藍染め」体験会報告 [2007年07月16日(Mon)]
2年ぶりに開始しました「伝統文様と色彩のワークショップ」。日本の伝統色の歴史とその技法に関するお話をお伺いし、実際に染めを体験しながらその色づくりを楽しみます。会場はもちろん、「手染メ屋」さん。店主 青木さんの楽しいお話で綴っていきます。

今回のテーマは「二藍染め」です。平安時代から、庶民が憧れた紫色を着るために編み出された色づくりです。


まずは、藍の生葉を、30分ほど、ひらすらボールの中で揉みながら藍色を出します。時間を経るにつれて、藍の色が濃くなっていきます。

そして、次に紅花の出番です。紅花は、最初に黄色の色素がでるので、その色を揉み出してしまいます。そのあと、アルカリ水に入れて紅色を抽出します。


約4時間ほどかけて、二藍色ができあがりました。めいめいにつけた文様に「わぁきれい!」、「それかわいい!」と感嘆の声があがります。
伝統の色づくりを楽しみ、その味わいを参加者のみなさんと共有することができました。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント