• もっと見る

<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
京都ものづくり塾 滋野
京都エコ修学旅行 IN 三条・四条・東山 (11/15)
艶芸サロン;かっぽれです
「町家できもの交流会」申込締切日を延長 (04/14)
艶芸サロン・かっぽれ
「ニッポン全国 きもの日和in京都」報告 (11/12)
最新トラックバック
「麹塵(きくじん)染め体験会」報告 [2007年12月02日(Sun)]



2007年最後の染め体験会では、「麹塵(きくじん)」を染めます。別名「青白橡(あおしろつるばみ)」や「山鳩(やまばと)色」とも言われています。麹塵は禁色(きんじき)とされ、天皇のみが着ることを許された色なのです。黄丹(おうに)や黄櫨(こうろ)なども禁色とされています。これらはいずれも、2つの色を染め重ねることで、より深みのある色づくりとなります。また、光の当たり具合によって、大きく色合いが変わるのが特徴です。




色づくりの手順は、まず、前回も使用した秋の色「苅安」で染めます。苅安を煮立たせ、1時間ほどじっくりかき混ぜ、着色させます。媒染(ばいせん)すると、鮮やかな黄色になります。このまま持って帰ってもいいほどきれいですが、次の色を染め重ねます。





次に使うのは、「紫根」です。その名のとおり、紫色に染めます。紫根をつぶしてつくった染液にショールを浸します。紫根は高温で色素が破壊されてしまうため、加熱しません。染液の中でかき混ぜて着色させます。



そして、染め重ねたショールを再度媒染すると、深い緑色ができあがりました。紫を重ねるので、美しい色になるのかみんな不安でしたが、美しい色に染め上がり、参加者のみなさんからは歓声があがっていました。

こうして楽しんできた伝統色。日本の色づくりには、古の人々が重ねてきた知恵と経験と歴史が潜んでいます。そんな感性を、これからも伝えていきたいと思います。講師をつとめてくださった手染メ屋の青木さん、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント