CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
京都ものづくり塾 滋野
京都エコ修学旅行 IN 三条・四条・東山 (11/15)
艶芸サロン;かっぽれです
「町家できもの交流会」申込締切日を延長 (04/14)
艶芸サロン・かっぽれ
「ニッポン全国 きもの日和in京都」報告 (11/12)
最新トラックバック
「西本願寺門前町のまち歩きと成果報告会」開催のお知らせ [2011年03月02日(Wed)]
京都ものづくり塾は、京都市市民活動総合センターの「平成22年度 NPOパートナーシップ事業の採択を受けて開催する「西本願寺門前町のまち歩きと成果報告会」を開催いたします。

親鸞聖人七百五十回大遠忌に向けて様々な取組みが行われる西本願寺。今回、西本願寺周辺の「まち歩き」を実施することによって、地域の魅力や価値の再評価と協働によるまちづくりのきっかけづくりを目指すとともに、調査結果を報告することによって、京都にある地域コミュニティ・産業・観光をテーマにした協働まちづくりへの方途を考えます。

あなたの知らない歴史・文化のまち「京都」を再発見できる、

絶好のチャンスです! 是非ご参加ください!!
チラシはこちら


続きを読む...
「 第1回帯留コンテスト」の応募作品展示会見学報告 [2010年12月14日(Tue)]
NPO法人京都古布保存会の地域振興助成金対象事業
「 第1回帯留コンテスト」の応募作品の展示会が開催されました。

職人さんの工夫が一杯の帯留コンテスト作品展を見に行ってきました。
会場の展示も見せ方を工夫されており、来年の干支のうさぎや、和小物に定番のねこをモチーフにした作品は見ているだけで楽しくなりました。
購入希望者は入札に参加して落とすことが出来る仕組みになっており、若手職人の励みにもなる取組です

「きものdeワイン&京料理パーティー」のご案内 [2010年03月13日(Sat)]
「京都市伝統産業の日」関連イベントのご案内(転送情報)です。
チラシはこちら。


チラシにはチケットの発売期間が3月13日(土)までとなっていますが,13日以降も各販売所(ローソン,高島屋,大丸)でご購入可能とのことです。

概要は下記のとおりです。

「きものdeワイン&京料理パーティー」
日時:平成22年3月27日(土)
   開場・午前11時
   開演・正午
場所:ウエスティン都ホテル 瑞穂の間
チケット代:5,000円
参加条件:20歳以上できもの着用で参加できる方
内容:
  ・老舗料亭の花見弁当
  ・ボージョレーワインの試飲
  ・芸舞妓の踊り
  ・ジャズの生演奏(着物着用で演奏)
  ・抽選会
『第3回 ボランティア・市民活動フェスタ』のご案内 [2009年12月17日(Thu)]
来る12月20日(日)に開催される『第3回 ボランティア・市民活動フェスタ』に京都ものづくり塾も出展させていただきます。
ぜひ足をお運びください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『第3回 ボランティア・市民活動フェスタ』
こどもも大人も楽しめる、体験型プログラムがいっぱい!
http://shimin.hitomachi-kyoto.jp/pubsys/view.rbx?cd=4552
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都で活動するNPO・市民活動団体やボランティアグループが大集合!
来て・見て・話して・遊ぶことで、楽しみながら市民活動や社会貢献を
「知る・体験する」ことができるイベントです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■概要
┃ ■企画内容
┃ ■参加申し込みについて
┃ ■お問い合わせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□日  時 2009年12月20日(日) 10:00〜16:00
□会  場 みやこめっせ(京都市勧業館)
□入  場 無料
□アクセス
・地下鉄 東西線「東山駅」より徒歩約8分
・市バス 京都駅から…5,100系統 「京都会館・美術館前」下車
206系統 「東山二条」下車
四条河原町…5,32,46系統 「京都会館・美術館前」下車
31,201,203系統 「東山二条」下車
三条京阪……5系統 「京都会館・美術館前」下車

■企画内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
−約150団体がブース、イベント、食堂・マルシェなどで参加−

・気軽に立ち寄れる「出展ブース」(約130団体)
→活動紹介/体験/相談/フリーマーケット

・参加して楽しむ「体験ひろば」(約10団体)
→時代劇ショー/ジャグリング/人形劇/音楽演奏/工作

・参加型お絵かき「ライブペインティング」
→遊び心が刺激される!? チェキの写真をプレゼント

・笑顔を残そう「チャリティ似顔絵」
→キャラクター似顔絵もあります(1枚500〜1,500円)

・あんしん・こだわり食堂
→地産地消とごみ削減をテーマにフードなどを用意

・京のめぐみとれたて市
→大原や美山の有機野菜生産者による野菜市など

・寄付つき抽選会(1回300円)
→地デジ対応大型テレビなど豪華賞品を用意

・福祉体験コーナー
→補助犬とのふれあい、くらやみパーティなど

・フェスタわくわくツアー
→テーマ別会場案内ツアー(30分に1回開催)


■参加申し込みについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事前の申し込みは必要ありません。
当日直接会場にお越しください。

■問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:京都市市民活動総合センター
TEL 075-354-8721
E-mail : shimisen@hitomachi-kyoto.jp
京都市福祉ボランティアセンター
TEL 075-354-8735
E-mail : v.info@hitomachi-kyoto.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都ものづくり塾2009年度定例総会のお知らせ [2009年06月07日(Sun)]
京都ものづくり塾では、下記の通り京都ものづくり塾2009年度定例総会を開催いたします。
今回は、法人格取得に向けた重要な総会となります。


京都ものづくり塾2009年度定例総会
日時 2009年6月14日(日)18:00〜20:00
場所 京都市伝統産業振興館(四条京町家)2階

内容 18:00〜20:00 総会議事・意見交換

議事次第

1.開会宣言

2.開会挨拶

3.議会成立宣言

4.議長・書記選出

5.議事
第1号議案 2008年度活動報告承認の件

第2号議案 2008年度収支決算承認の件

第3号議案 2009年度活動計画

第4号議案 2009年度予算の件

第5号議案 法人格取得に係る規約変更の件

第6号議案 法人格取得に係る今後のスケジュール及び設立総会開催の件

6.その他の提案

7.質疑応答・告知など

8.閉会挨拶

9.閉会宣言

なお、京都ものづくり塾では、総会は会員以外にもオープンにしておりますので、参加ご希望の方は、こちらまでご一報いただければ幸いです。
TEL:075-801-7732
FAX:020-4623-8090
E-Mail:MONODUKURI@jca.apc.org
「第11回 日吉窯元まつり」レポート [2009年03月28日(Sat)]
第11回 日吉窯元まつり」を覗いてきました。



日吉は京焼・清水焼産地のひとつで、今熊野地域に位置しています。

今回で11回目となる日吉窯元まつりには、ユニバーサルデザイン陶器の作品展をメンバーが担当していたのでまず訪問。特に体の機能が低下した高齢者を想定し、大きさや指の引っかかり、持ち上げなくても料理をすくうことができたり、かき混ぜたりすることができる食器類は興味深いものでした。



また界隈の窯元を回りながら、日吉の産地のことや、陶磁器のことを知ることのできるスタンプラリーも多くの来場者の方が参加していました。


2009年京都市伝統産業の日レポート [2009年03月20日(Fri)]
春分の日が京都市の「伝統産業の日」として制定されて、7回目の今回、「DO YOU 京もの?」をテーマに、環境問題が社会的に大きな関心を集めている昨今、「いいものを大切に長く使う」、「お直ししながら使い捨てない」、「伝統的な自然素材の材料で作られるものが多い」 などの特徴をもつ伝統産業をエコロジーの観点から取り上げた取り組みが目新しいものでした。

今年も、本能まちづくり委員会の「本ものに出会える日」を訪れ、その後みやこめっせへ。ここでは「わかば会作品展」、「京の名匠春秋会展」、「京に生きづく手しごと展」、「京ものフェスティバル」等を見学しました。


また、気候の良い中、着物姿もまちには多く見かけることができました。
Do You 京もの? [2009年03月13日(Fri)]
毎年春分の日の「京都市伝統産業の日」を中心に京都のいたるところで伝統産業関連イベントが繰り広げられる「伝統産業の日」も今年で7回目です。

今年度のテーマは「DO YOU 京もの?」。「京もの、使ってますか?」「京もの、いかがですか?」を込めているそうです。

特に、地球温暖化をはじめとする環境問題が社会的に大きな関心を集めている昨今、「いいものを大切に長く使う」「お直ししながら使い捨てない」「伝統的な自然素材の材料で作られるものが多い」 などの特徴をもつ伝統産業を「エコ」の視点から取り上げた様々なイベントが見られるのが今年度の特徴です。

私たちの目指す「伝統産業への新たな価値付与」や「社会的課題に対し伝統産業、ものづくりは何ができるか」とも合致するテーマだけに、応援しつつ、京都ものづくり塾の今後の事業展開に向けても注目したいと思います。


期間中のイベントについては、こちらをご覧ください。

着物姿が嬉しい特典

各地域ごとのイベント
ものづくりの社会化(1)「環境の視点」 [2009年02月15日(Sun)]
京都市勧業館「みやこめっせ」似て開催された「DO YOU KYOTO?」活動交流会を覗いてきました。

会場内は環境分野のNPOや市民活動、行政関連団体のブースが並び、熱気にあふれていました。

私がまず目指したのは、京都の伝統産業のひとつである「京こま」をつくる雀休さんと、老舗の学生服専門店である村田堂さんとのコラボレーションで実現した、服のはぎれを使って京こまを作るワークショップ。


続きを読む...
2009年 年頭挨拶 次の10年に向けて [2009年01月01日(Thu)]
新年あけましておめでとうございます。
おかげさまで昨年11月を以って、京都ものづくり塾も丸10年を迎えることができました。
「設立10周年記念」といった大々的なイベントやキャンペーンは行う予定はないのですが、「次の10年」を見越した中長期的なビジョンを2008年度総会で策定したので、その第一歩を踏み出す年にしたいと思います。
続きを読む...
| 次へ