CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
百恵の郷 〜緑に包まれ 人がいて 絆がある〜
百恵の郷での各種催しや、日々施設内で起きている事象を
ありのままに、お伝えするブログです。
お客様の笑顔や職員の笑顔に励まされる・・・そんなブログでありたいです。
« 2019年01月 | Main | 2019年03月 »
最新記事
月別アーカイブ
St Valentine's Day[2019年02月14日(Thu)]
皆さん こんにちは手(パー)
1年で一番寒い射手座この季節ですが、ここ静岡県地方は身が凍えるような次項有大きな冷え込みに遭遇する事なく、ここまで来ていますダッシュ(走り出すさま)
今年は雪雪がにも降られることもなく、このまま初春ー(長音記号2)へ向かうのカナexclamation&questionexclamation&question
さて今日はひらめき2月14日ひらめきバレンタインデイリボンとなります。
女性の皆さんの中には、若い頃を中心に胸をドキドキ失恋ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)させながら、今日の日を過ごされた方も多いのかと思いますムードムードムード
ひらめきバレンタインデイひらめきについてチョコわーい(嬉しい顔)っと語ると
ウンチク1(あっさり目)
聖バレンタインデー(セイントバレンタインデー、英: St. Valentine's Day)は、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる。
ウンチク2(昭和の頃)
日本では、1958年ごろから流行した。ただし、その内容は日本独自の発展を遂げたものとなっている。戦前に来日した外国人によって一部行われ、第二次世界大戦後まもなく、流通業界や製菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半であった。「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころであった。
ウンチク3(もうじき終わる平成)
日本では、女性がアプローチしたい意中の男性に愛情の告白として、本命チョコを贈る習慣がある。
西欧・米国でも、恋人やお世話になった人に『チョコレート』を贈ることはあるが、決してチョコレートに限定されているわけではなく、またバレンタインデーに限ったことでもない。女性から男性へ贈るのが殆どという点と、贈る物の多くが『チョコレートに限定されている』という点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴である。しかし最近では、本命チョコにこだわらず、クッキーやケーキ、マフラーなどを贈る人もいる。

さてウンチクはこれ位にしてかわいいバレンタインデイにちなんだ食事として、百恵の郷では3時のおやつにハートハート型のピンクのお饅頭ハートを召し上がって頂きました揺れるハート
1 (1024x768).jpg

2 (1024x768).jpg

ハート型の外形の上に、さらにホワイトチョコの小さいハートが2つ乗っかっていて、とても可愛らしいですぴかぴか(新しい)中味は、こしあんのアンコというところが和洋折衷な感じが、お年寄りにはイイのかもしれませんネ手(チョキ)
さて私はと言うと・・・・・
3 (1024x768).jpg

とても立派でセンスの良い箱と紙袋に入った某一流ホテル系のチョコを2ツわーい(嬉しい顔)ビニール袋から無造作に私の近くにいる人限定で数量に限りがあるるんるんと言いながら手のひらに渡されたブラックサンダー1ツを施設の女性職員から頂きましたモバQモバQモバQ
大事に食べて、お返しも考えナキャむかっ(怒り)で、日本人らしさを感じるのでしたるんるんるんるんるんるん
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
プロフィール

社会福祉法人 湖成会 特別養護老人ホーム 百恵の郷さんの画像