CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
百恵の郷 〜緑に包まれ 人がいて 絆がある〜
百恵の郷での各種催しや、日々施設内で起きている事象を
ありのままに、お伝えするブログです。
お客様の笑顔や職員の笑顔に励まされる・・・そんなブログでありたいです。
« ~山里に春がやって来た~ | Main | 今年もこの季節がやって参りました »
最新記事
月別アーカイブ
奥が深い安来節の世界!![2019年02月22日(Fri)]
皆様こんにちはわーい(嬉しい顔) 今日は2月22日(ニャン・ニャン・ニャン)と言う事で「ねこの日」ですね猫 朝のニュースでは(ニン・ニン・ニン)で「忍者の日」とも紹介されておりました。ほかにも(フー・フー・フー)で「おでんの日」、極めつけは(ふう(2)ふ(2)にっ(2)こり)で「食器洗い乾燥機の日」だそうです。ぞろ目だと語呂合わせがいろいろ出来るので、記念日がいっぱいですねひらめき

さて、本日百恵の郷に安来節保存会静岡支部どじょっこ様が来設して下さいましたぴかぴか(新しい)
毎年この時期にいらっしゃってくれるのですが、3月に昇段試験を控えている忙しい合間をぬって来設して下さいます(^o^)
まずは安来節についての説明をして下さいましたるんるん

1.どじょっこ様.jpg

説明の中で「安来節はおめでたいものです」と教えて頂いた後の1曲目の写真がこちら目

2.どじょっこ様.jpg

3.どじょっこ様.jpg

お客様は「見た目からしてめでたいね」や「表情が面白いよ」と拍手喝采exclamation

つづいて安来節のリズム楽器である「銭太鼓」の説明をして下さいましたグッド(上向き矢印)

4.どじょっこ様.jpg

筒の先についている紅白のふさの下に5円玉が3枚ずつ、合計12枚入っていて1年(12ヶ月)を表すおめでたい楽器だそうですわーい(嬉しい顔) 銭太鼓を使ったボランティア様も百恵の郷に来設してくださいますが、起源は安来節のリズム楽器だそうです。勉強になりました(^o^)丿
今回は3月の昇段試験の中級を受験するという事で、試験でも披露する踊りを見せて頂きましたかわいい

5.どじょっこ様.jpg

左右の手で違う動きをしながら、リズムにあわせて銭太鼓をクルクルと回しております。見ているだけでも難しいのがわかりますね(p_-)

次は皆様おまちかねの「どじょうすくい」のいでたちでの踊りです手(チョキ)

6.どじょっこ様.jpg

7.どじょっこ様.jpg

どじょうすくいは「歩き」の動作が一番の基本だそうですが、その「歩き」を極めるのが一番難しいそうです。顔の表情やしぐさでどじょうすくいの物語が分かるので、見ていてとても楽しくなります。お客様も「あぁ〜、どじょうが逃げたexclamation×2」や「足にヒルがくっついただね」と周りのお客様と楽しそうにお話されておりました。

安来節は本来、津軽三味線と大小の鼓を使って歌うのですが、一人で大小の鼓を打ち鳴らすのは安来節のみだそうです。鼓の持ち方も特徴的ですよ。

8.どじょっこ様.jpg

大きい鼓は腕と脚で挟んで固定しております。慣れていないと筋肉痛になりそうですね・・・

最後に職員にもどじょうすくい踊りを伝授して頂きましたるんるん

9.どじょっこ様.jpg

デイの職員は今日初めて踊ったとは思えないほどの実力を見せ、お客様から「若い人もボランティアで来てくれるだね〜」と言われ、職員とは気づかれないほどの上手さでした。因みに保存会の方に「うちで活動しない??」とスカウトされたそうですわーい(嬉しい顔)
安来節保存会静岡支部どじょっこ様、昇段試験前の貴重な時間をありがとうございましたぴかぴか(新しい)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/momoenosato/archive/649
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク集
プロフィール

社会福祉法人 湖成会 特別養護老人ホーム 百恵の郷さんの画像