CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main
『お金の地産地消白書2014 〜地域金融機関がNPO支援に本気で参画するには?〜』を発行しました [2014年12月04日(Thu)]

コミュニティ・ユース・バンクmomoが東海地区に誕生して、まもなく10年。

●地域課題の解決に挑戦するNPOを支える仕組みは深化したのか?
●人口減少や少子高齢化が進む中、地域がもっと元気になるには?
●「共助社会」実現のため、地域でお金がもっと循環するには?

景気が低迷し、国の財政も縮小していく中、その答えのひとつは「地域金融機関がNPO支援に参画することにある」とmomoは考えました。

2013年度からmomoが2つの信用金庫と協働する「プロボノプロジェクト」。
その成果を踏まえ、地域金融機関がNPO支援に本気で参画するための最新データや事例、専門家の声などをまとめました!

全国に約600ある地域金融機関の役職員のみなさまをはじめ、地域課題の解決に挑むNPOやソーシャルビジネス事業者、自治体関係者、中小企業事業者など、地域のあらゆるステークホルダーに読んでほしい「白書」です。

なお、本書の発行にあたっては、クラウドファンディングサービス「シューティングスター」で発行パートナーを呼びかけ、317名のみなさまから総額1,575,500円をご支援いただきました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

『お金の地産地消白書2014』購入のお申し込みは、こちらからお願いします。

occ_hakusyo2014_h01.jpg
続きを読む・・・
『お金の地産地消白書2014』の購入方法 [2014年12月04日(Thu)]

『お金の地産地消白書2014』は1冊1,000円(税・送料別)で販売しています。
購入を希望される方は、メールもしくはFAXでmomo運営事務局までご注文ください。

コミュニティ・ユース・バンクmomo 運営事務局(担当:木村、久野)
Tel: 052-933-3625 ※留守番電話での対応となります。
Fax: 052-982-9089 E-mail: info@momobank.net

以下のフォームをコピー&ペーストし、メール本文に張りつけてお送りいただくか、FAXに明記の上、送信してください。

--------------------------------
・お送り先ご住所:
・お名前:
・ご所属:
・ご希望冊数:
・連絡先お電話番号:
・メールアドレス:
・購入動機:

--------------------------------

お支払いは「郵便振替」または「銀行口座振込」となります。
(振込手数料のご負担をお願いします。)

ご注文をいただいた後、送料込みの料金と振込先をメール(FAX)でご案内します。
原則として、事前のご入金をお願いします。
(請求書の発行が必要な場合はお知らせください。)

ご入金が確認でき次第、ご指定の送り先へ発送します。
(原則として、領収証はお振り込みいただいた金融機関発行の控えをもって代えさせていただきます。)


続きを読む・・・
「『お金の地産地消白書2014』を読む会」開催のご提案 [2014年12月04日(Thu)]

コミュニティ・ユース・バンクmomoでは、地域金融機関がNPO支援に本気で参画するために、金融機関はもちろん、志を同じくする各地の支援組織のみなさまとともに、「『お金の地産地消白書2014』を読む会」を開催したいと考えています。

momo代表理事の木村真樹が講師としてみなさまの地域に伺います!
開催を希望される方は、momo運営事務局までお問い合わせください。

なお、開催を希望されるみなさまには、主催団体として以下のことをお願いしています。

★「『お金の地産地消白書2014』を読む会」の開催にあたりお願いしたいこと★
●会場ならびに付属機材のご提供
●広報(参加者の募集)
 ※参加者数は「20名以上」を想定しています。
●当日の運営
●開催にかかる経費負担(講師料、会場までの交通費、宿泊費、参加者分の本書購入費)
 ※講師料はご予算に応じてご相談ください。
  目安は「NPO‐40,000円」「行政‐60,000円」「企業‐100,000円」です。
  (参加費を設定いただくことも可能です。)
 ※本書を「50冊以上」ご購入いただける場合は、販売価格を20%割り引きします。

その他、詳細につきましては、お気軽にご相談ください。

<お問合せ&お申込先>
コミュニティ・ユース・バンクmomo 運営事務局(担当:木村、斉藤)
〒461-0002
愛知県名古屋市東区代官町39-18 日本陶磁器センタービル5F 5-D号室
NPO法人中部リサイクル運動市民の会内
Tel: 052-933-3625 Fax: 052-982-9089 E-mail: info@momobank.net

occ_hakusyo2014_h03.jpg

「『お金の地産地消白書2014』を読む会」の開催日時 [2014年12月04日(Thu)]

現在、コミュニティ・ユース・バンクmomoでは、私たちとともに「『お金の地産地消白書2014』を読む会」を開催する主催者を募集しています。
詳細はこちらをご参照ください。

 

 各開催会場の詳細は、下記をご参照ください。

続きを読む・・・
「『お金の地産地消白書2014』を読む会」参加者の声 [2014年12月04日(Thu)]

▼46:2017年10月2日(月) @岐阜県恵那市
・参加者数:33名
・参加金融機関:大垣共立銀行、十六銀行、東濃信用金庫、日本政策金融公庫、東美濃農業協同組合
・満足度:4.2点(平均/5点満点)


171002ena.jpg
続きを読む・・・
【メディア掲載】中部経済新聞:2016年11月9日付 [2014年12月04日(Thu)]

中部経済新聞:2016年11月9日付
10日に発足記念セミナー
日本公庫岡崎などネットワーク

 【豊田】日本政策金融公庫岡崎支店国民生活事業、とよた市民活動センター、愛知県信用保証協会は10月に、ソーシャルビジネス事業者を支援するネットワーク「とよたソーシャルビジネス支援ネット」を設立させた。それを記念して、10月に豊田市西町のT-FACEA館9階・とよた市民活動支援センターで「発足記念セミナー」を開催する。
続きを読む・・・
【メディア掲載】東海愛知新聞:2016年11月8日付 [2014年12月04日(Thu)]

東海愛知新聞:2016年11月8日付
ソーシャルビジネス事業者支援セミナー
10日豊田

 日本政策金融公庫岡崎支店は10日、NPO法人をはじめとするソーシャルビジネス事業者を支援する「ソーシャルビジネス支援ネット」の発足記念セミナーを、とよた市民活動センターで開く。午後1時30分〜4時。
続きを読む・・・
【メディア掲載】伊勢新聞:2016年8月25日付 [2014年12月04日(Thu)]

伊勢新聞:2016年8月25日付
ソーシャルビジネスの意義学ぶ
日本政策金融公庫など津でセミナー
NPOバンクの木村氏講演

 【津】地域の課題を解決する「ソーシャルビジネス」についてのセミナーが24日、津市羽所町のアスト津であった。日本政策金融公庫と県など5機関で構成する「三重ソーシャルビジネス支援ネットワーク」が主催。NPOバンク「コミュニティ・ユース・バンクmomo」(名古屋市東区)代表理事の木村真樹氏(39)の講演会や意見交換に17人が参加した。
続きを読む・・・
【メディア掲載】伊勢新聞:2016年8月5日付 [2014年12月04日(Thu)]

伊勢新聞:2016年8月5日付
地域資金の有効循環講座 24日、アスト津で

 三重ソーシャルビジネス支援ネットワーク(事務局日本政策金融公庫津支店)は24日午後2時半から、津市羽所町のアスト津で、ソーシャルビジネスセミナー「地域ネットワークを活かした資金の循環モデル」を開く。
 

続きを読む・・・
【メディア掲載】中部経済新聞:2016年6月15日付 [2014年12月04日(Thu)]

中部経済新聞:2016年6月15日付
地域の資金循環モデル探る
多治見ソーシャルビジネスサポートネット
来月19日セミナー

 【多治見】多治見ソーシャルビジネスサポートネットは7月19日午後5時から、多治見市虎渓山町の「とうしん学びの丘エール」で、NPO法人などソーシャルビジネス事業者やソーシャルビジネス支援機関の職員を対象に「ソーシャルビジネスセミナー 地域ネットワークを活かした資金の循環モデル」を開催する。

続きを読む・・・
【メディア掲載】中日新聞:2016年5月28日付朝刊 [2014年12月04日(Thu)]

中日新聞:2016年5月28日付朝刊
広がるソーシャルビジネス
公庫融資額 東三河、15年度2倍

 介護、福祉、教育などの地域課題を解決するNPOなどのソーシャルビジネスが東三河でも広がっている。日本政策金融公庫(日本公庫)豊橋支店が2015年度、東三河で融資した件数は33件で、前年比1.5倍、金額は3億1200万円で同2倍と大幅に増えた。(小倉由紀子)
続きを読む・・・
【メディア掲載】東日新聞:2016年5月16日付 [2014年12月04日(Thu)]

中部経済新聞:2016年5月16日付
東三河のソーシャルビジネス
関連融資 前年度の倍に 
日本公庫豊橋支店


 日本政策金融公庫(日本公庫)豊橋支援は、東三河における2015年度のソーシャルビジネス関連融資の実績を発表した。行政や専門家と連携した支援体制を強化し、融資金額は前年度から倍増した。(石川正司)

 ソーシャルビジネスとは、介護・福祉、子育て、環境保護、まちづくりなどに、市民やNPO、企業等がビジネスの手法で取組む事業。地域の課題解決手法として近年注目され、その起業数も増加している。

続きを読む・・・
【メディア掲載】中部経済新聞:2016年4月8日付 [2014年12月04日(Thu)]

中部経済新聞:2016年4月8日付
地域の資金循環モデル解説
一宮ソーシャルビジネス支援ネット 27日にセミナー

 【一宮】日本政策金融公庫一宮支店国民生活事業や一宮商工会議所などで構成する「一宮ソーシャルビジネス支援ネット」は27日午後6時から、一宮市栄の尾張一宮駅前ビル「iビル」2階会議室でソーシャルビジネスセミナー「地域ネットワークを活かした資金の循環モデル」を開催する。
続きを読む・・・
【メディア掲載】日本経済新聞:2015年6月24日付朝刊 [2014年12月04日(Thu)]

日本経済新聞:2015年6月24日付朝刊
日経ソーシャルイニシアチブ大賞2015
[国内部門賞]コミュニティ・ユース・バンクmomo、お金だって「地産地消」
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO88364090S5A620C1970M00/

 市民による市民のための金融システムを掲げ、20〜30代の若者を中心に設立したNPOバンクだ。集めた出資金を地域の課題解決に取り組む個人や団体に融資する。「金融機関は融資したいができない。一方で地域の人は困っている。このギャップを埋めたい」。木村真樹代表理事の思いから始まった。愛知、岐阜、三重各県のNPOなどに約1億2千万円融資、貸し倒れは1件もない。
続きを読む・・・
【メディア掲載】朝日新聞:2015年4月8日付朝刊 [2014年12月04日(Thu)]

朝日新聞:2015年4月8日付朝刊
【社説】地域の金融 お金の地産地消めざせ
http://www.asahi.com/articles/DA3S11693488.html

 福祉や町づくり、災害復興、農林水産業の振興。そんな社会的事業が増える一方で、資金の手当てが課題となっている。

 社会的事業の場合、行政の補助金や寄付といったお金に頼りがちだが、設備や運営に要るお金の確保に苦労する例は少なくない。そこに地域の金融機関がもっと関与できないか。
 
 2025年までに、日本は全都道府県で高齢化が進み、生産年齢人口が減り続けるとされる。国も自治体も財政難に苦しむなかで、行政の公共サービスに限界が生じるかもしれない。
続きを読む・・・
【メディア掲載】ニッキン:2015年1月16日付 [2014年12月04日(Thu)]

ニッキン:2015年1月16日
「東西南北:東海」NPO支援白書を発行

 名古屋市のNPO(非営利組織)バンク「コミュニティ・ユース・バンクmomo」は地域金融機関向けにNPOへの融資を促す『お金の地産地消白書2014』を発行した。

 東濃信金や瀬戸信金と取り組んでいる「プロボノプロジェクト」(職業上の知識や経験を生かしたボランティア活動)や、日本政策金融公庫が愛知県の地域金融機関と立ち上げたNPO支援ネットワークなどを紹介。融資先としてのNPOの有望性を開設している。14年12月23日の発行記念イベントでは、東濃、瀬戸、知多、中日の4信金と東海労金、日本公庫の担当者が支援の現場について話し、市民など約40人が耳を傾けた。

 白書は、クラウドファンディングで発行費用など157万円超を集め、全国の地域金融機関など600先に配布。NPO支援の裾野も広がっている。

以上




【メディア掲載】日本経済新聞:2015年1月7日付朝刊 [2014年12月04日(Thu)]

日本経済新聞:2015年1月7日付朝刊
【社説】よい社会へビジネスの知恵生かせ 民が拓くニッポン
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO81652640X00C15A1EA1000/

 高齢化や貧困、災害、病気など世の中には多くの問題があり、そのために支援を必要としている人たちも多い。それらに対応するのはまず行政であるはずだが、財政面の制約は年々厳しくなっているうえ、効率性でも課題が残る。

 ここは民間の知恵とお金の出番ではなかろうか。行政では思いもつかなかったような斬新な手法で社会的問題を解決していく道を、今こそ確立していくべきだ。

続きを読む・・・
【終了】12/23(火・祝)午後@名古屋:『お金の地産地消白書2014』発行記念イベント [2014年12月04日(Thu)]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎◎
     『お金の地産地消白書2014』発行記念イベント
    〜地域金融機関がNPO支援に本気で参画するには?〜
 --------------------------------------------------------
   2014年12月23日(火・祝) 14:30〜17:00(14:15開場)
      @日本陶磁器センタービル4F 多目的ホール

      主催:コミュニティ・ユース・バンクmomo
         http://www.momobank.net/
◎◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この度、コミュニティ・ユース・バンクmomoは『お金の地産地消
白書2014』(※)を発行することを記念して、発行記念イベントを
開催します。
続きを読む・・・
「発行パートナー」一覧(50音順・敬称略) [2014年12月04日(Thu)]

『お金の地産地消白書2014』は、クラウドファンディングサイト「ShootingStar」で発行パートナーを呼びかけ、317名のみなさまから総額1,575,500円を50日間でご支援いただき、発行することができました。

ご支援いただいた発行パートナーのみなさまに厚く御礼を申し上げます。

★「発行パートナー」一覧★
(50音順・敬称略/氏名公開不可のご連絡をいただいた方以外)
続きを読む・・・
『お金の地産地消白書2014』に「声」をお寄せいただいた27名のみなさま [2014年12月04日(Thu)]

『お金の地産地消白書2014』には、以下の27名のみなさまの「声」を掲載しています(50音順)。
続きを読む・・・
| 次へ