CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 気軽に!介護よろず相談 | Main | 【もちもちの木の由来】 »
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
グループホーム 土橋のおうち 常勤介護職員  募集中 Takenaka Yoko

バナーを作成
最新記事
最新コメント
もちもちの木8周年!!デイサービス土橋のおうち[2009年11月03日(Tue)]
デイサービスの調理場

水戸黄門の寸劇
デイサービスのご案内!![2009年01月11日(Sun)]
デイサービスのご案内はこちらです太陽
体験も随時おこなっていますのでお気軽に相談くださいね!!
2009年カレンダー[2009年01月11日(Sun)]


デイサービスでは毎月みんなで特大カレンダーの張り絵をしている。
何気に取り組んだカレンダーですが利用者さんの色々な状態に合わせて参加をお願いしている。

この一年、毎月作ることでどんどん腕を上げていかれた。

認知症は決して何にもできなくなるのではないと痛感!!
図案はスタッフの舞ちゃんが相談しながら考え、色もみんなで決めていく〜〜
紙をちぎる役、色を決める役、違う色をいろんな所に貼ることもあるので間違いを直す役、口出すが見るだけの人、静かに見る人、などなどさまざまです。

このまま バイバイするのも残念!と思っている時、名案がうかびました。

一年の成果をデジカメの力を借りて2009年度版のカレンダーに変身してもらいました。

この素敵なカレンダーを一部500円にて販売中です。ぜひ、あなたの部屋に温もりを!!
収益金は寄付となります。

(サイズはA4版です)
宅老所???[2008年05月26日(Mon)]
デイサービス土橋のおうちでは自主事業で泊まりをしています。(金曜日はお休み)

シュートステイですか?っとよく尋ねられますが・・・・ちがいます・・・宅老所です

宅老所とは、高齢者等ができる限り住みなれた地域で生活できるよう、介護保険サービスなどの既存制度の範囲では手が届かない部分(人)にもきめ細かく対応した独自の福祉サービスを提供している地域に密着した施設です。

宅老所の特徴は施設といっても、一般的に施設と聞いてイメージする鉄筋コンクリートづくりの立派な建物とは趣きが違います。民家等を改修した建物を使ってサービスを提供しているところが多く、家庭的な雰囲気の中でサービスが提供されています。

宅老所の多くは、市街地や集落の中といった、住みなれた地域の中にあり、地元のボランティアの方々が参加されていることも多く、まさに「地域によって高齢者等を支えているところ」と表現することもできます。

法律等には「宅老所」の定義はなく、まったく民間の独自な発想でサービス提供が行われています。

 具体的にどのようなサービスを提供しているかは、それぞれの「宅老所」によって異なっていますので、一概には言えませんが、「通う」、「泊まる」といったサービスが基本とされています。

対象者も、高齢者に限らず、障害者や児童まで対象としているところもあります。利用定員は、10人程度としているところが多く、対象者一人ひとりとの馴染みの関係を重視し、対象者の生活リズムに応じたきめ細かなサービスが提供されています。

 宅老所の多くは、独自サービスと併せて、介護保険法に基づく指定を受け介護保険の対象デイサービス等の居宅サービスを提供しています。

デイサービス土橋のおうちでは現在毎日2名から4名泊まっています
スタッフが一緒に過ごし一緒に寝ます
不安定なお年寄りのときは2名のスタッフで宿直することもあります

日中は介護保険で利用します(8:30〜17:30)

ほとんどのお年寄りが最初は通いだけだったけど段々介護が必要になったり、家族の事情で泊まることになっていきました

それぞれ素晴らしい生き方をされていたが、年をとって だんだん さっきのことが 思い出せなくなってきました

共に過ごすことが増えてもお互いの名前を覚えることはできない・・・けど、なじみの関係になって話は頓珍漢だけど気持ちが通じる仲間になっていきます

17時半〜次の日の朝 8時半まで普通の家で暮らすのと同じように過ごします
介護保険外の自主事業になります
料金は一泊3000円 食費800円(夕・朝)です

デイサービス土橋のおうちってどんな所!!@[2008年05月24日(Sat)]
2001年11月からスタートしたデイサービス土橋のおうちでは、当初、一般のお年寄りを受け入れる予定でしたが、グループホームがやっているデイということで、認知症の女性2名が利用され始めました笑顔
このお二人は原爆の後何も無いところから事業を立ち上げた筋金入りの経営者力こぶ
土いじりに誘うと、「汚い」「手が汚れる」と激しく拒否ダメ

お年寄りと言えば、畑や土いじりが得意・・・と思い込んでいた私の高齢者像はいっきに打ち砕かれた出来事でした困った

初めてであった街中のスーパーグランマのお気に入りの過ごし方ははマニュキアやメイクをして喫茶店にコーヒーを飲みに行くことでしたキラキラ

学んだ事バラ   固定概念や思い込みを捨てる汗
プロフィール

もちもちの木さんの画像
広島ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/mochimochinoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mochimochinoki/index2_0.xml