CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年06月 | Main | 2022年08月 »
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
夏の夜の自然観察[2022年07月31日(Sun)]
7月30日 夜
「夜の自然観察」事業を実施しました。

今年はちょうどいいタイミングで
この日、セミの羽化がとても盛んでした。

セミの声が聞こえるところ
セミの抜け殻があるところ
セミの出てきた穴があいているところ
きっと皆さんのおうちの近くの公園でも
みられると思います。

そんなポイントをお伝えすることもこの事業です。
昼間に下見をしておいて
ぜひ、夜、見に行ってみてください。

少年の森のグラウンドにある
メタセコイヤの木は、セミのお母さんの木だと思っています。
昨晩も、たくさんの幼虫が上っていましたね。

P7300021.JPG

こういう公園の杭のところ、低木の植え込みのところが
観察しやすいですね。

P7300019.JPG


セミについてのいろいろなお話もしました。

P7300027.JPG

羽化を待ち構えている肉食バッタの画像も見ました。
羽化の途中で雨にでも打たれたのでしょうか?翅がひしゃげた蝉の標本も見ました。
羽化しているところに、別の幼虫が羽化しに来て、2匹、共倒れになった画像も見ました。

昆虫の羽化を見つめ続けると
たくさんのことが学べます。
ぜひ、自分の目で見てください。

(目標)セミの羽化を見て思うこと.docx

さて今朝
皆さんがご覧になったところに
空蝉の姿がありました。
無事に、飛び立ったようです。
よかったですね。

P7310001.JPG

P7310004.JPG

7月30日の稲[2022年07月30日(Sat)]
107pです。

P7300002.JPG

1週間前は101pでした。

まだ、中干は続けています。

P7300003.JPG

20日から水入れを止めています。

バケツ稲の皆さんは少し乾いたら
水入れを始めましょう。
ここの田んぼは山からの絞り水が自然に田んぼに入り
特にアスレチック側がまだ乾いていないためです。

株はどっしりしてきました。

あさはこのように水滴がついています。
きれいですよ。

P7300007.JPG
7月24日 夜の森たんけん[2022年07月27日(Wed)]
少年の森のボランティアの会
「少年の森だいすきクラブ」の発足記念イベント

まず、スタッフ打ち合わせ

P7240023.JPG

少年の森を1周。クイズに答えながら
ナイトウォークラリーをし、最後に少年の森の「神の木」に向かおうという
アドベンチャーラリーをして楽しみました。

DSC_0175_00001.jpg

制作物の一部です。

P7310008.JPG

最後の神の木では少年の森ならではの生き物が!

DSC_0185_00001.jpg

DSC_0192_00001.jpg

参加者の感想から

楽しかった
肝試し感覚で夜の森を楽しめたことがよかった
虫のつかみ方や取り方を学べた
素晴らしい活動だと思いますので続けてほしいと思います
野生の○○○○を見つけることができてはじおめて木にいるのを見ることができて感動した。今回の内容がとてもよかったと思います。 特にクイズと神の木の虫取りが素敵でした

企画はプロ!のイベントでした。
このだいすきクラブには小学生 幼児 中学生もはいって
皆さんのお相手やクイズを出しているのも特徴です。

体験だけでなく
最後に一年後に向けてのメッセージもあったのが
とてもよかったです。

だいすきクラブ案内.pdf

夜の森たんけん詳細.pdf
7月23日  7wの稲[2022年07月23日(Sat)]
101pになりました。

P7230001.JPG

7月20日から、水入れを止め
中干しました。

今日、だいぶ水がなくなり
乾いてきました。

P7230002.JPG

水を求めて根が張る。
倒れにくい株になる
土が空気に触れ酸素を取り込む

P7230004.JPG

もう間もなく穂がでて、お米の花が咲くでしょう。
7月16日 6週の稲  草取り[2022年07月20日(Wed)]
本日は草取りです。
なんと94センチです。
1週間で22センチも伸びるなんて。

P7200006.JPG

P7200007.JPG

雨模様ですが、18家族39名様のご参加
お疲れさまでした。
作業開始の9:30には雨も上がり
快適な涼しさの中、作業ができました。
(もし晴れていたら、暑くて田んぼの中は熱帯だったと
思います)

DSC_0056_00001.jpg

DSC_0074_00001.jpg

・田んぼに入って皆が歩くと根がちぎれて
 かえって根の動きがよみがえる
・害虫の防止
・栄養を雑草に取られないで済む

そのような大切な作業でした。
一人でやれば12時間くらいかかる作業も
みなでやったので1時間もかかりませんでした。

その日に会った生き物たちもよく見ることができました。

DSC_0011_00001.jpg

DSC_0081_00001.jpg

DSC_0084_00001.jpg

DSC_0085_00001.jpg

田んぼは生き物の宝庫です。
命に満ちていますね。
7/3 親子キャンプ塾[2022年07月16日(Sat)]
10倍以上のお申し込みをいただきました。
参加できなかった皆様
申し訳ありません。

巻き割りはしたことがなくて楽しみ
道具は集まるけれど、キャンプはこれから
未経験なので教わりたい
ダッチオーブンや飯盒の使い方を知りたい

そのような親子が集まりました。

DSC_0012_00001.jpg

DSC_0019_00001.jpg

なたで巻き割りの初体験
ナイフで焚きつけも作りました。

716-1.jpg

たきつけ 割りばしくらいの薪 細い薪 中 そして太い薪
5種類くらい どれも大人の手で一握りくらい
用意します。

火の赤ちゃんを育てるイメージでしたね。

だから、ベッドや枕を置いてあげて
そこに焚き付けからきれいに山のかたちに組んでいきました。

DSC_0042_00001.jpg

DSC_0060_00001.jpg



カレーの野菜を切って
飯盒のごはんも研いで
後は火を使って調理します。

716−2.jpg

DSC_0073_00001.jpg

おいしいカレーの出来上がり。

DSC_0089_00001.jpg

DSC_0085_00001.jpg

おいしく食べた後は
テント立ての練習です。

DSC_0110_00001.jpg

DSC_0118_00001.jpg



テントを立てている間に
ダッチオーブンがおいしいケーキを焼いてく入れていました。

DSC_0045_00001.jpg

DSC_0127_00001.jpg

子どもたちが大活躍の「親子キャンプ塾」
どの画を見ても子どもたちが活躍しています。

これには参加されていたお父さんお母さんも驚き。
こんなに子どもたちがやるなんて。

みな、家族のキャンプにとても前向きになった一日でした。

薪や火は子どもたちを育てるんですんね。
いい夏を過ごしましょう。
本日のキャンプファイア  中止[2022年07月16日(Sat)]
お申し込みの皆様
ごめんなさい。

夕方の雨が強そうな予報なので
中止にします。

またよろしくお願いします。
16日 稲作体験学習[2022年07月15日(Fri)]
実施予定です。
9:30開始です。


もちものは
長袖 長ズボン
顔を覆うタオル
首を覆うタオル
低学年の子どもはプールのゴーグルなどがあった方がいいかもしれません。
稲が伸びていて、目に入らないようにするためです。

お待ちしています
季節の森散歩 7月10日[2022年07月10日(Sun)]
夏ですね!
今日の
季節の森散歩はみな虫網を持って

P7100006.JPG

タマムシ!
ジャコウアゲハ!
意外にレアな昆虫をみなさんご存じでした。

P7100012.JPG

でも、やはり定番は、カブトムシとクワガタですね。
取り方は皆で披露しあって、まなびになりました。

P7100013.JPG

野村ホイホイというのも紹介しました。
調べてみてください。
7月9日の稲[2022年07月09日(Sat)]
72センチです。

P7090001.JPG

先週が56センチ。だいぶ伸びました。

P7090002.JPG

株も太くなっています。

P7090003.JPG

少年の森のバケツ稲です。
こちらは80センチぐらいになっています。

P7090004.JPG
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

もーりーさんの画像
QRコード