CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月 »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
もりのようちえん[2022年01月26日(Wed)]
1月21日(金)
はがまでごはんたきを
もりのようちえんで実施しました。

刈り取った稲の中に
お米が入ってることを発見!

DSC_0045_00001.jpg

そして次は、お米がごはんに変身するところを
お釜の前でずっと火を見ている幼児さんたち。

DSC_0008_00001.jpg

そして15分。香ばしい香りが立ちこめて

DSC_0022_00001.jpg

炊けた!オー!

DSC_0026_00001.jpg

炊けたら安心して氷の池など散策。
霜柱

DSC_0035_00001.jpg

ご飯の蒸らしが終わったので
おにぎりにしました。

DSC_0049_00001.jpg

うまい!

DSC_0059_00001.jpg

羽釜でご飯を炊く原体験と冬のお散歩でした。
あおじ[2022年01月25日(Tue)]
アオジ(オス)2.jpg

Posted by もーりー at 08:00 | この記事のURL
SFC松川研究室との共同事業[2022年01月23日(Sun)]
平成29年から
慶應義塾大学SFCのSFC松川昌平ゼミの力で
建築と遊具の間の構造物を
作っています。

P1235434.JPG

こどもたちのアイディアで作る
遊具のような
秘密基地のような
建築物のようなもの

そしてそこで、遊んだり居場所にしたり、寝たり。
発見し、創り、仲間と共有する。

コンピューターに木材をスキャンしたり
自律的な建築法を追及している松川ゼミ
子どもたちの発案を建築の枠組みに落とし込んでいく。

いま、マスター2年の関口さんが子どもたちとやり取りしながら
作成しています。不定期開催!
関口さんと子どもたちのやり取りが発展しますように。

Algorithmic Design 植物を育てるように建築を育てることは可能か
松川先生の研究テーマです。
微力ながら共同研究です。

P1235436.JPG

2020年3月 仙台デザインリーグ3位入賞作品

少年森だいすきクラブ[2022年01月23日(Sun)]
昨年の11月5日のブログでご案内した
「少年の森 ボランティアチーム」

いま、17名の方がエントリーしてくださり
会合も2回実施。
名称も「少年の森だいすきクラブ」となりました。

いろいろみなさんやってみたいことがあり
少年の森を皆さんの力と新しいアイディアで
活用するご意見がたくさん出て
わくわくしています。

1 活動内容は主催イベントや維持管理にボランティアとして参加してみることから始めよう。
2 何か一つ自分たちでイベントしてみようか
3 組織は、みなが入りやすくしよう。内容で分けようかなど
4 目標は?

次回は2月12日に会合を持ち、上記2・3・4について話し合おうと
思います。

少年の森の運営を皆でしながら、自然と子どもと生き方を
考え、行動していきましょう。

いつからでもご参加オッケー!

この会議そのものが一人では思いつかない
多様な意見が出て面白い!

Posted by もーりー at 14:29 | この記事のURL
森のお仕事森遊び[2022年01月20日(Thu)]
2022年1月15日
今年初のイベントは
「森のお仕事森遊び」

伐りっぱなしになってる木の
お片付けを皆でしました。

森に入って、すこし木のお勉強。
今日の森は、カブトムシもいるしウサギもいる。

みながクワガタ、カブトムシだったら
どの木に住むかなって。

DSC_0016_00001.jpg

DSC_0023_00001.jpg

DSC_0030_00001.jpg

DSC_0060_00001.jpg


かなり片付きました。
おとうさんパワーもすごかった。

DSC_0063_00001.jpg

休憩はたき火を囲んで

DSC_0046_00001.jpg

お弁当を食べた後は
ピザつくりに挑戦。

薪は森の恵み。
ドラム缶ピザ窯の活躍です。

DSC_0031_00001_02.jpg


もちろん生地から作ります。

DSC_0003_00001_01.jpg

DSC_0040_00001.jpg

おいしく焼けました。

DSC_0051_00001.jpg

おいしい!

薪ってすごいですね。
森から薪を集めることを
昔は柴刈りといいました。

おばあさんは川に洗濯に
おじいさんは山に柴刈りに
ですね。

こうして薪を集めて煮炊きやお風呂を沸かしました。
昔の知恵、昔の生活です。
これからもこうして森を生かし
暮らしに活かす道筋を探りましょう。
薪は皆の暮らしの元です。

さて、今日は、すてきなお友達に会いました。
丸太をどけたら、そこに!

DSC_0068_00001.jpg

DSC_0086_00001.jpg

丸太をどけたところです。
真ん中 左の穴が ネズミさんの穴

DSC_0077_00001.jpg

この画像実は右下の方と左上の方と
土の色が違いますね。右下は実は土ではありません。

ぜーんぶ アリ!

DSC_0089_00001.jpg

こっちにみな目を奪われていたら
ねずみさんが出てきたんです。

今日はこれらの倒しっぱなしの木を
片付けましたが
森の生き物にとっては大事な住処だということに
気づきませんでした。

人の都合だけを考えては行けないな。
学びになりました。

アリさんとネズミさんの住処の丸太は
そっと戻しておきました。

DSC_0016_00001_01.jpg




8日 朝[2022年01月07日(Fri)]
雪遊び!

DSC_0191_00001.jpg

DSC_0054_00001.jpg

DSC_0093_00001.jpg

きれい

DSC_0026_00001.jpg

池に氷も張っています

DSC_0123_00001.jpg

これは何の足跡!

P1075390.JPG

そう。ウサギです。
喜んで走り回っています。

アスレチックは
使用できません。

P1075398.JPG

凍結中。

園路の道など滑るので
気を付けてね。

今日はいつもの育児サークルさんが来る。
もりとかぜのプレイパークもある。
児童クラブのデイキャンプもある。

みんな、いい日になったね。
Posted by もーりー at 09:32 | この記事のURL
ユーキやこんこ[2022年01月06日(Thu)]
笑顔

P1065381.JPG
Posted by もーりー at 12:36 | この記事のURL
検索
検索語句
プロフィール

もーりーさんの画像
QRコード