CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年11月 | Main | 2022年01月 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
収穫祭 その2(鏡餅)[2021年12月26日(Sun)]
新型コロナ等の感染症のため
食べる餅つきは
自粛しました。

しかし、餅はつきたい。
つかねばならぬ!

年末の鏡餅つくりに挑戦しました。

こねます。

DSC_0052_00001.jpg

DSC_0124_00001.jpg

つきます。

DSC_0085_00001.jpg

DSC_0075_00001.jpg

DSC_0152_00001.jpg

DSC_0098_00001.jpg

DSC_0169_00001.jpg

かがみもちつくり

DSC_0201_00001.jpg

DSC_0113_00001.jpg

DSC_0213_00001.jpg

DSC_0110_00001.jpg

完成

DSC_0216_00001.jpg

とても上手にできています。

かがみもちは年神様のよりしろになるといわれています。
自分で育てたお米、自分で作った鏡餅で
迎える新年はかけがえのない年に
なるでしょう。
この環境、この自然の恵みを体感しての
作業から得たものなのですから

作ったかがみもちは、もうしばらく重ねないほうが
いいということです。重みでつぶれしまう。
新聞紙やキッチンペーパーなどをかぶせておいて
ください。

29日と31日を避けて飾りましょう。
鏡開きはこの辺りでは7日といわれています。

それでは、よいお年をお迎えください。
稲ってすごい!輪飾りつくりとたき火のおにぎり[2021年12月26日(Sun)]
稲はお米を食べるだけではない。

田んぼがあれば洪水も暑さも防ぐ
たくさんの生き物が住んでいる

脱穀した後のぬかも使える
わらは、今のレインウェアにもなったし
藁草履も作った。

年神様をお迎えする
しめ縄やお正月飾りを稲わらで作る。

そんなクイズをして
輪飾りつくりの始まり始まり

はかまどりといいます。

DSC_0071_00001.jpg

稲わらをきれいに芯だけにしています。

DSC_0073_00001.jpg

DSC_0076_00001.jpg

たたいてしなやかにして

DSC_0085_00001.jpg

わら縄をないます。湿らせた手で。

DSC_0125_00001.jpg

作業用の縄と反対にないます。最初時計回り。その二本を反時計回りに。

ハサミでチョキチョキ、ととのえます。

DSC_0109_00001.jpg

山で拾った山の恵みで飾りつけ

DSC_0141_00001.jpg


さあ、たき火で炊いた炊きたてのおにぎりを
味わおう!

DSC_0167_00001.jpg

うまい! うますぎる

DSC_0197_00001.jpg

稲ってすごい!

いい輪飾りができました。

これで年神様もいらっしゃる。

DSC_0200_00001.jpg

DSC_0201_00001.jpg

DSC_0203_00001.jpg

よいお年をお迎えください。

最後のクイズ ジャジャンジャン!

この50年で、大人一人の年間のお米の消費は
約120sから約60sに半減しました。

田んぼはこの50年でどのくらい減ったでしょう?
1 神奈川県4個分
2 江の島 22927個
3 少年の森 100427個
4 テラスモール 149206個

正解は!  1も2も3も4も全部です。
耕作地面積は28.6%減

この少年の森の場所もほとんどが田んぼだったのに
残っているのは、一枚だけですね。

これ以上減らさないようにした方が
洪水や温暖化を防ぎ生物多様性に貢献するのでは。

みんな、お米を食べよう!



木育と音あそび[2021年12月23日(Thu)]
今年度 第4回の「木育と音あそび」

今回はクリスマスバージョン!
「リンリン鈴とぽんぽこ小太鼓」を作って

DSC_0050_00001.jpg


クリスマスメドレー

木育インストラクターのとも先生から
木が人を育てるお話です。

DSC_0004_00001.jpg

小さいころこそ、木にたくさん触れたいですね!

で、楽器を作って、みなで歌をうたいました。

DSC_0009_00001.jpg

DSC_0012_00001.jpg

DSC_0017_00001.jpg

DSC_0018_00001.jpg


DSC_0031_00001.jpg

DSC_0052_00001.jpg

DSC_0015_00001.jpg

DSC_0058_00001.jpg

さあ、みなで合奏 合唱です。
あわてんぼうのサンタクロース
ジングルベル
赤鼻のトナカイ
アンパンマンマーチ

DSC_0062_00001.jpg

アンコールは「きらきら星」とトトロの「さんぽ」

木育と歌のお姉さんの「まりこ先生」
ピアノの「あずささん」
ありがとう!

一つの仮説[2021年12月17日(Fri)]
ある人から聞いた水の滞りと
それによる不健康な木の話から
目から鱗が落ちる経験をした。

それは以下のような話である。

DSC_0135_00001.jpg

ここは、1980年の開園までは田んぼだった。
1m 弱土を盛り、コンクリートで底を固めて
水遊び広場にした。

IMG_9210.JPEG

ここも田んぼだった。
2m程度埋め立てて、広場にし
コンクリートの管理棟を建てた。

宿泊棟も斜面に建て、その裏面からは
行き場をなくした水が沸いている。

元々は田んぼであったため
保水もでき、水路は適度に水を流していた。

そこに、コンクリの池と管理棟、宿泊棟を
建てたためどうなったか?
水が停滞してしまう。
事実、雨の後は山からの水が流れ込み、
建物のところで淀み、排水もうまく行かずに
ぬかるみの状態が続く。常に湿気が多い。

山の土もその影響でぬかるみ
木は根を張らない。
不健康な木になる。
少年の森のスギヒノキは台風で根こそぎ倒れることが多く
20m 以上の木もその根は、たたみ半分程度だ。
枝は垂れ下がり生気がない。
ミキに割れ目が入っているもの、
中の芯が腐っているものもある。

その原因の一端は、田んぼの埋め立てと
コンクリの建物と池にあるという。


この森の管理のポイントは水だと思ってきたが
まさか、池の底や、二つの建物、
田んぼの埋め立てのことまで頭が回らなかった。


一つの仮説だが、全てがつながって納得がいくというのが
ここで働く者の実感だ。

実はここの水は、地域の農業用水の源流であり
地域から預かっている水だ。
みどりの泉は、近くの宇都母知神社のものである。
農を生業とする皆の大切な水源なのだ。

地域から預かっているこの水をうまく保水し流すことが
この地の役割で、そうすることでこの地が、森が健康になる。

1980年開園当時の計画書を思い出した。
降水量、水の流入量の計算
どの程度の水路を作れば良いかの算出
ずいぶんと色々のことを考えている物だなと思ったが
それは当然のことであり、そこまで計算したとしても
自然に与えるインパクトは大きかったということだ。

今、少年の森が藤沢北部の活性化に資するには?ということが議論されている。
この地も地域も活性化し、30年40年と持続可能な場所に
しなくてはならない。そのために、ぜひ
水のことを大きな関数に取り上げていきたい。SDGs!

藤沢市北部地域公有地(現藤沢市少年の森)有効活用に係るサウンディング型市場調査|藤沢市
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/seisho/syounenn_mori_saundlingu/syounen_mori.html
親子でトナカイつくり[2021年12月17日(Fri)]
トンボも飛ぶ

DSC_0049_00001.jpg

こんないい天気の中

DSC_0030_00001.jpg

サンタさんを乗せてやってくる
トナカイさんを作りました。

DSC_0034_00001.jpg

ドリルやドライバーをみんなもうまく使いました。

DSC_0060_00001.jpg

DSC_0062_00001.jpg

完成です。

DSC_0083_00001burogu.jpg

DSC_0094_00001.jpg

みんなも乗れる。

DSC_0135_00001.jpg

サンタさんもプレゼントものせられる。

DSC_0137_00001.jpg

さあ出発!

このトナカイさんは、少年の森のヒノキの
間伐材で作ったものです。
森づくりにも貢献ということになります。
はっきり見える、年輪も勉強になりましたね。
森のお仕事with焼き芋[2021年12月10日(Fri)]
12月4日(土)
森に入って少年の森の手入れをしよう!
みなの力で森を若返らせようと頑張る
冬の恒例事業

R3 年度のスタートです。

倒れた木、枯れた枝を片付けました。
「柴刈り」です。

集合して体を温めるゲームをして

DSC_0079_00001.jpg

さあ、森です。

DSC_0095_00001  BUROGU.jpg

DSC_0100_00001.jpg

DSC_0149_00001.jpg

午後は、山から運び出した木や枝で
たき火をして、焼き芋をおいしくいただきました。

DSC_0161_00001.jpg

DSC_0199_00001.jpg

マシュマロもね。

DSC_0173_00001.jpg

森は人の手入れが入って、健康になります。
1月2月も開催します。
このころ[2021年12月07日(Tue)]
DSC_0008_00001_01.jpg

イチョウ(11月下旬).jpg

キリギリスの仲間2.jpg
Posted by もーりー at 10:31 | この記事のURL
森っ子プレパ その4[2021年12月07日(Tue)]
プレイパークなので
みなのやりたいことをやろうと

で。皆に意見を聞いて出た
一つ目がこの前ご報告済みの「秘密基地」

もう一つが、「おにごっこ」

DSC_0081_00001.jpg

DSC_0076_00001.jpg

途中から、お父さんも鬼に参加。
そして、「みんな鬼」に変えたりして
ずっと、走ってました。
収穫祭 もみもみおもち作り編[2021年12月02日(Thu)]
いい天気の中、集合です。

DSC_0082_00001.jpg

本当ならお餅つきですが
コロナほかの感染症対策で
家族ごとにもち米を飯盒で炊いて
あんころ餅など作ることにしました。

DSC_0098_00001.jpg


DSC_0111_00001.jpg

薪も上手に組めました。
さあ、マッチで火をつけよう

DSC_0124_00001.jpg


DSC_0112_00001.jpg

はじめちょろちょろ中ぱっぱ
赤子泣いてもふたとるな

いつ炊けたかの見極めが!
もうぐつぐつなくなったかな?
火ばさみで感じ取っています。

DSC_0106_00001.jpg

DSC_0133_00001.jpg

上手に炊けました。

DSC_0137_00001.jpg

蒸らしながら、飯盒のすす落とし。

DSC_0141_00001.jpg

ラップにご飯をよそい、モミモミすると
お持ちになります。
で、あんこやきなこやお味噌をつけて
いただきましょう。

DSC_0138_00001.jpg

DSC_0152_00001.jpg

DSC_0160_00001.jpg

おいしそうにできました!

少年の森の田んぼと水と
お日さまと土と
田んぼの生き物に感謝して
ごちそうさまでした。

収穫のお米のお土産もいただきました

DSC_0171_00001.jpg


今年はもう一度収穫祭を行います
年末に鏡餅つくり。

楽しみにしていてくださいね。

対象:年度初めに稲作体験学習にお申し込みの皆様と
   その同居のご家族
日時:12月26日(日) 9:30~12:00
   雨天決行(大雨でなければ)
持ち物:汚れてもいい服、運動靴、飲み物
    鏡餅を持ち帰る入れ物
検索
検索語句
プロフィール

もーりーさんの画像
QRコード