• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月 »
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
田植え[2024年06月04日(Tue)]
6月1日(土)田植え日和。
41家族 103名様の田植えができました。

今年で43回目。毎年恒例の稲作体験学習です。
ご指導は「さがみ農協藤沢市農業経営士協議会」の農家の皆様

DSC_0499_00001.jpg
(神山さん 青木さん 青木さん 湯澤さん 小菅さん 宮治さん 亀井さん)

ご協力は、JAさがみの皆様

DSC_0502_00001.jpg


稲作のご指導ご協力だけではなく、この藤沢市で
農業で経営をしていらっしゃる農家の皆様との
触れ合いも、大切にしている事業です。

経営士会長の加藤さんからお話です。

DSC_0590_00001.jpg

稲の植え方について教えてもらいました。

(公財)藤沢市みらい創造財団 田中副理事長からもお話です。
お米は「八十八」と書く。八十八の手間がかかるというお話でしたね。

DSC_0497_00001.jpg

さあ、田植えです。

まずひもをきちんと張る。結構真剣です。

DSC_0513_00001.jpg

ひもに沿ってきちんと植え

DSC_0516_00001.jpg

植え終わったら、一歩下がり、自分の足で穴が
開いた田んぼを丁寧に整えて、次の列を植えます。

DSC_0518_00001.jpg

DSC_0520_00001.jpg

DSC_0525_00001.jpg

みな息をそろえて一斉に植えています。

DSC_0524_00001.jpg

約45分

DSC_0558_00001.jpg

完成です。

DSC_0570_00001.jpg

とてもキレイに植えられました。
列がそろうとこれからの田んぼの作業がとてもやりやすい。

質問コーナーです。

DSC_0584_00001.jpg

DSC_0585_00001.jpg

DSC_0588_00001.jpg

どんな虫がいますか?
 「トンボ ヤゴ イナゴ カエル
  どじょう へび・・・」
田んぼの作業で大変なことは?
 「まず、水の管理。なくさないように。
  次に、草。雑草を取らなくてはいけません」
  (頻繁に田んぼを見に行きます。水があるかどうか。
  草取りは真夏の暑い時なので、大変です)
災害の時はどうするのですか?
 「台風は、どうしようもありません。」
(稲が倒れます。縛って起こします。
 実際10年前(h26)は田んぼが全面水没しました。
 田んぼの手前にかけてある橋が浮かんで、
 田んぼの下流に流れていて、流れたあとが
 うねうねと残っていました。でもなんとか稲刈りをし、
 収穫しました。)
参考:H26の画像です
P1060050(セピア).JPG
(うねうねと土がついた後が橋の流れた後です)
P1060048白黒.JPG
(なくなった橋のあと)
P1060061(白黒).JPG
(田んぼの下流40m下に流された橋)
P1060058(セピア).JPG
(全面冠水してしまった田んぼ)

 
土がゴロゴロしたところがあるのはなぜですか?
 「田おこしのブロック状の土が、その部分は
  代掻きで粉々にならなかったのですね」
 (するどい観察。ペースト状に全部なって
  いなかったのですね)

答えてくれた加藤会長と宮治さん。

DSC_0586_00001.jpg

DSC_0578_00001.jpg

バケツ稲の説明もありました。
ぜひご家庭でもバケツで稲を育ててみてください。

baketsu_manual.pdf

苗一株が10株くらいに株別れすると思います。
一株100粒くらいなので1000粒
お茶碗1杯くらい収穫できます。
しかし、このくらいの量でも
手作業で脱穀し、もみすりし、精米するのは
気の遠くなる作業ですよ。だからこそ!
がんばってみてください。

最後に、クイズ。
バケツにはどのくらい植えたらいいの?
肥料はどのくらい?
少年の森が先か?田んぼが先か?
来月の草取りの格好は?

DSC_0594_00001.jpg

そう、右にいる変な格好の人(じにい)のような
ながそで ながずぼん 首と顔にタオル(だから二枚)
ぼうし はだし(田植えと同じ)
こういう格好で、お会いしましょう。

お疲れさまでした。


| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

もーりーさんの画像
QRコード