• もっと見る
« 2024年04月 | Main | 2024年06月 »
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
森林体験学習 募集[2024年05月07日(Tue)]
森林体験学習 全2回  参加者募集
  〜 森の循環について学ぼう 〜
神奈川県森林協会 森林づくり活動支援事業 申請中

少年の森の木を伐採し、その木を製材した木材で
木のベンチづくりをします。一家族につき1脚。
直径25センチくらいの杉かヒノキをみんなで伐って
がんばって運び出しましょう。
みんなはこの日「キコリ」です。

(昨年の様子から)
DSC_0093_00001.jpg

DSC_0158_00001.jpg

P5300348 (2).JPG

DSC_0817_00001.jpg

DSC_0774_00001.jpg

少年の森の木のほとんどは
使うために植えました。
昭和25年(1950)前後、木材増産の必要から
成長の早い杉やいい材となるヒノキの植林が進みました。
(そのためスギ花粉症が増えてしまうのですが)
ところが、外国産木材が安く手に入るようになり
日本の森は世話をする人がいなくなり
いい木材を育てられなくなりました。

少年の森の木も同様です。
森に手を入れたい
森を活用したい
森を活用できなかった人々の思いも追体験すべきだろうと
この事業を始めました。
ぜひ、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

【日 時】
1日目:2024年5月25日(土)午後1時30分〜午後4時30分
〈雨天時は26日(日)〉
2日目:2025年2月15日(土)午前10時〜午後2時30分

【内 容】
木を有効に使うことが、森づくりの第一歩になります。このプログラムは全国の「環境学習」指導者からも「素晴らしい取り組み」と評価されています。木の伐倒体験とその木を製材してのベンチづくり。なかなかできない本格的な森林体験です。
1回目は、木を倒し枝落としを行い、木の重さ実感の搬出体験
2回目は、みんなで切った木でベンチを作り、お家で長く使おう!

P5070091.JPG

ほか、1本の木から出る様々な木材のお土産もあります。

【対 象】
市内在住・在勤・在学の小学生以上の子と保護者15組(抽選)
9日以降は定員になり次第締め切り

【参加費】
一家族一脚3,000円 そのほか保険料として一人50円×2回
希望があれば、「スギ材の包装」の(これも少年の森産木材です!)お弁当を2回目に備えてオーダーできます。
肉屋喜平のお弁当 「肉屋の海苔弁」相当のもの 1,200円 

肉屋喜平.png

https://nikuyakihei.com/

お弁当・お惣菜大賞2024 最優秀賞受賞

【申込み】
Eメールに参加者全員の住所・氏名・学年(年齢)・電話番号を書いて、少年の森【Eメール】mori@f-mirai.jpへ。

事業協力
ウッドコンシェルジェ三代目合同会社
木育インストラクター 佐々木 友路 氏

DSC_0789_00001.jpg

ガイドマップ ほか[2024年05月07日(Tue)]
「SDC藤沢市少年の森だいすきクラブ」企画制作
・少年の森セルフガイドシート


ガイドシート(決定版).jpeg


・少年の森セルフガイドマップ

FCB5A0AF-879E-45A1-BA63-8862E1927FAD.jpeg

ガイドマップ(決定版)PDF.pdf

ぜひこれを見て、生き物散策をしてみましょう。

・スタンプカード
事前申込制の事業に参加すると「スタンプ」がもらえます。
スタンプもかわいいでしょう。


P5070085.JPG

6つ集まると「焼き板の名札(写真左)」
12個集めると「木の年輪キーホルダー(写真右)」


P5070088.JPG

少年の森のボランティアチーム
「SDC藤沢市少年の森だいすきクラブ」が
作ってくださいました。
R6年度から稼働しています。
だいすきクラブの皆さん、ありがとう。

併せてSDCのインスタのフォローもお願いします。
(SDC藤沢市少年の森だいすきクラブのフォロー画面を
事務所に見せに来ていただければ、かわいい焼き印キーホルダーを
差し上げます。)


P4190002.JPG

だいすきクラブフォローのお願い(JPEG).jpg
とりすぎてもいけない[2024年05月07日(Tue)]
樹液場にはたくさんの女王バチが
この時期来るわけですが

P5030076.JPG

とりすぎてもいけない。

オオスズメバチをたくさん取れば
キイロスズメバチや
コガタスズメバチが増えるという理屈

その他の虫も増えてしまう。

私の経験ではコガタスズメバチや
キイロスズメバチのほうが
身近に巣を作られていて
刺されたこともある。

P5070082.JPG

P5070084.JPG

捕獲してペットボトルに入れておくと
子どもたちも大人も興味津々

生きてる姿をこんな近くで見られない。

Posted by もーりー at 11:22 | この記事のURL
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

もーりーさんの画像
QRコード