• もっと見る
« 木のおもちゃ作り 第1回 | Main | 第1回森林体験学習 報告その2 »
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
第1回森林体験学習 報告その1[2024年05月29日(Wed)]
5月25日(土)森林体験学習 第1回 開催しました。
少年の森の木を伐倒し、製材、乾燥した材で
次回2月に、集まってベンチを作り
ご家庭で使っていただくというもの。

DSC_0290_00001.jpg

そこまで本気でやるのは
世の中にそうないと自負している
環境学習のプログラムです。

まず、森のお話
これらの木は自然に生えたのでしょうか?
何のために いつ だれが 植えたのでしょう?
世話はどうしたらいいのでしょう?
ほったらかしでいいのでしょうか?
そしてこれらの木はどうしたらいいのでしょう?

実は今、施設の木は有意義に使ってあげる時期に来てると
考えています。
なるべくたくさんうまく使ってあげて
赤ちゃんの木を植林する。

50年生きてきた木は50年は使いたい。
はじめはそんなクイズとお話から。

DSC_0283_00001.jpg

森を見て歩きました。

DSC_0293_00001.jpg

この木を伐倒します。

DSC_0315_00001.jpg

この木を寝かせたとき(伐倒したとき)、
どこまで行くかクイズ!
ここだと思うところに立ちました。

DSC_0323_00001.jpg

正解は一番手前のおともだち!

伐り始めます。

DSC_0327_00001.jpg

DSC_0328_00001.jpg

DSC_0333_00001.jpg

DSC_0335_00001.jpg

DSC_0336_00001.jpg

DSC_0338_00001.jpg

DSC_0339_00001.jpg

伐倒する木に、感謝の気持ちでお祈りもします。

DSC_0342_00001.jpg

チェーンソー担当は
「少年の森だいすきクラブ」のたーぼーさん。
プロの山師

DSC_0346_00001.jpg

倒れていきます。

DSC_0349_00001.jpg

ピッタリ狙った場所に「寝ました」

DSC_0353_00001.jpg

年輪クイズ。正解は

DSC_0356_00001.jpg

67でした。1956(昭和31年)生まれ。
1950年代は戦後の木材需要で植林が
すごい勢いで進んだ頃です。
(そのためにスギ花粉症も生まれたのですが)

枝を落とします。

DSC_0365_00001.jpg

DSC_0367_00001.jpg

DSC_0379_00001.jpg

DSC_0381_00001.jpg

DSC_0384_00001.jpg

丸太も運びました。重い!

DSC_0391_00001.jpg

DSC_0406_00001.jpg

気に入った枝の皮むきをして
きれいなオブジェにして
持ち帰ったお友達も。

衣文かけ。紐でつるせば懸垂の練習

DSC_0413_00001.jpg

最後の振り返り

DSC_0421_00001.jpg

木が倒れるときの地響き 迫力
木に触れて皮をむいた面白さ
木の重さ 木の香り 木のみずみずしさ
のこぎり 
森で生きる人のカッコよさ
そんな感想をいただきました。

生身の木に深く触れた一日だったと思います。
まさに「木育」
生の木に触れることの大切さ
そして木は人を育てる。

最後に、木育インストラクターの
トミー先生から
この木がこれからどうなるのか
どうやって、運び出し 製材して 乾燥させて
製品にしていくのか
お話していただきました。
木を使うと人も森も豊かになる。

DSC_0425_00001.jpg

木は間伐といって
どの木を育て、どの木は途中で伐るか
いい木にするには枝もはらい
木と木の風通しを考え
下草といって周囲に生える草木を刈るなどの
作業が必要です。

ほったらかしにして病んだ木が隣にありました。
溝ができてしまい、おそらくその溝から木の芯まで
傷んでいるでしょう。
キツツキが穴をあけていますね。
こういう木の方がこの森には多いといっていい。
コツコツと、できればみなさんにお声かけして
手を入れていきたいと考えています。
そして、できれば
少年の森や世界の森を治療する志を持つ人が
その中から
育ってほしいとも願っています。

DSC_0435_00001.jpg




この記事のURL
https://blog.canpan.info/mo-ri-blog/archive/1258
検索
検索語句
プロフィール

もーりーさんの画像
QRコード