CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«秋のまちコレ第2弾 撮影まちあるき〜大橋夕暮れスナップショット〜 | Main | 第4回まち塾サロンのお知らせ»
秋のまちコレ第1弾 石垣を読み解く〜城主の意図と400年の歳月〜 [2011年09月19日(Mon)]
 まつえまちづくり塾では"秋のまちコレ"と題して(わたしは秋のまちのコレが好き、秋のまちあるきコレクションの略です)、週末に連続してまちあるきを開催いたします。
 その第1弾のお知らせです。(秋のまちコレの全貌はコチラ


■タイトル : 石垣を読み解く〜城主の意図と400年の歳月〜

 松江城の石垣をよくよく見てみると、積み方や石の加工の仕方、刻印の有無などの違いがあることがわかります。

 何故そのような違いがあるのか、見ただけではわからないので、長年石垣の研究をしてこられた松江歴史館顧問の岡崎雄二郎先生と松江城を巡り歩いて、その理由を読み解いていきます。

■日 程 : 10月16日(日)
■時 間 : 10:00〜12:00
■参加費: 500円(保険、お茶代、資料代等)
■講 師 : 岡崎雄二郎氏(松江歴史館顧問)
■訪問先: 松江城
■定 員 : 15名
■備 考 : 少雨決行としますが、荒天時は中止しますので、申し込みされる方は必ず緊急時の連絡先をお知らせください。
 また、当日は歩きやすい服装と靴でお越しください
■主 催 : NPO法人まつえ・まちづくり塾

■エクスカーション等 :
 まちあるき終了後、岡崎雄二郎氏と一緒に昼食をとりながら、さらなる意見交換もする予定です。こちらにもご参加されたい方は、申し込みの際に「昼食会希望」とおっしゃってください。(昼食代は1000円程度になると思いますが、各自での支払いをお願いします)。
 なお、当日は、松江歴史館にて特別展秋の巻「松江創世記松江藩主京極忠高の挑戦」が開催されていますし、午後には、松江城周辺で「鼕行列」がおこなわれますので、よろしければこちらもあわせてお楽しみください。

■申込方法 : コースタイトル、氏名、携帯番号等緊急時の連絡先、「昼食会希望」の有無を明記し、下記までメール、電話、FAXのいずれかでお申し込みください。
 NPO法人まつえ・まちづくり塾事務局
 Email mjuku.info@gmail.com
 TEL 0852-24-8023(平日の9時〜17時まで) FAX 0852-24-8036
■申込期限 : 10月13日(木)(ただし、定員になり次第締め切らせていただきます)
■集合場所 : 島根県民会館ロビー(解散:松江城大手前広場)
 松江駅より一畑バス・松江市営バスにて、バス停「県民会館前」降りてすぐ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント