CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【募集】緊急人材育成「まちづくり実践科」受講生募集 | Main | レンズ越しのまつえ»
Back To 2001 〜さよなら、昭和のモダン建築。 [2010年09月09日(Thu)]
9月17日まで、このBLOGで今まで書けなかったことを色んな人が書いてみよう!祭 実行委員会 Mamiです。(他に誰も乗ってくれない?困った?)


こんな冊子が本棚にひっそりと入っています。



「長い間そのまちなみを彩り、親しまれてきた建物が、時代の流れの中で姿を消していきます. いつのまにか変わってしまった景観に驚き「もったいない」「残念だ」と言いながらも、何事もなかったように新しいまちなみに慣れていきます.
天神町の「藤忠ビル」が解体されます.
今回オーナーのご理解のもと、藤忠ビルを私たちの心に留めるためのプロジェクトを開催する機会を得ることができました.藤忠ビル、天神町の歴史に1ページを添えるために皆さんの参加、協力をお願いしています.[藤忠ビルプロジェクトのパンフレットより]




開催期間は2001/10/7〜12/31。

プロジェクトリーダーは、私もよく存じ上げている高嶋さん。
まつえ・まちづくり塾も協力者として載っている。
メンバーの中には、今もまち塾にいる方々の顔がちらほら。

2001年に、みんなこんなことをしていたんだ。
この頃は、まだ私は誰とも知り合いではなかった。

この冊子を見て想像しかできないけど、取り壊される予定の藤忠ビルを舞台に、お掃除プロジェクト、撮影会、廃材アート、ダンス、作品展、ワークショップ・・・など、考え付く限りのことをやってきた感じだ。

みんなの一生懸命さが伝わってくる。


今、まつえ・まちづくり塾は、NPO法人として立派に業務をこなし、仕事の依頼、講演依頼などをいただいて着々と成長している。

でも、昔はそんな「綺麗な、大人な」仕事はそれほど多くなかったようだ。
まち塾は、「現在の姿」と「昔のDNA」の2面性があると思うのだ。
昔ながらの「阿吽の呼吸」のようなものを感じると、そのメンバーの会話に私は入れない感じがすることもある。

けれど、昔のDNAも、ずっと残っていてほしいと思うし、伝えてほしいと思う。

藤忠ビルプロジェクトHP(未だ残っている。)
http://www.enjoy.ne.jp/~ghum/fujichu/



NPO法人まつえ・まちづくり塾公式ブログ
Back To 2001 〜さよなら、昭和のモダン建築。




CANPAN第5回BLOG大賞
https://blog.canpan.info/blog_award2010/

9月17まで投票受付中!エントリーNo.34に投票お願いします!
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント