CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年06月07日

「5分でわかる!」大阪・関西から、SDGsの謳う「誰ひとりとして取り残すことのない社会」の実現を一緒にめざしませんか?

私たちは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、大阪・関西、日本、さらには海の向こうの国や地域をふくめ、どれだけ広い範囲で人々が繋がっているか、実感することとなりました。そして、私たちの住む地域社会、そして海の向こうに住む人々も、大きな不安のなかで生活をしている人たちがたくさんいます。


だれもが社会の一員として大切にされ、安心して生活ができる、そうした社会をめざし、「わたしと地域と世界のファンド:みんなおんなじ空の下」の取り組みを通じて、SDGsが謳う「誰ひとり取り残すことのない社会」の実現につなげていきませんか。


 目次
 @ 聞いたことはあるけど、SDGsっていったい何なの?
 A 「みんなおんなじ空の下」基金SDGsはどうつながるの?
 B 私も日本も大変なんだけど、世界のことまで考える必要があるの?


@ 聞いたことはあるけど、SDGsっていったい何なの?
スタディーツアー-80.jpg
写真提供:(特活)フェアプラス
SDGs(Sustainable Development Goals[持続可能な開発目標] エス・ディー・ジーズ)とは、2030年に達成するぞ!とする世界共通の大きな目標です。2015年9月に国連で開催された「SDGs採択サミット」で採択されました。

きっと皆さんもSDGsのロゴをどこかで見たことがあると思いますよ。17のゴールがあるのですが、SDGsの目的を大きく二つの言葉であらわすと「世界の貧困をなくす」ことと「持続可能な世界を実現する」ことです。

SDGsの特徴としては、途上国だけではなく、日本を含む先進国にもその達成が求められる内容となっていること。そうです、SDGsは途上国が達成する目標ではなく、日本の社会も頑張って達成しなければならない目標なのです。

そしてなにより、SDGsは地球上から「誰ひとりとり残さない」社会を実現するという、国際社会の決意表明でもあります。


A 「みんなおんなじ空の下」基金とSDGsはどうつながるの?
cover (1).png
新型コロナウイルスはどのような立場の方も同じように感染しますが、普段からしんどく辛い状況にあるひとたちにとっては、とても深刻な影響を受けることになります。

それは単なる孤立という問題ではなく、適切な医療にアクセスできないこと、食べものを得るすべを失うこと、そして排除や暴力、場合によっては死に至る結果を引き起こすことにもなります。

この基金の目的は、職を失った人たち、家のない人たち、暴力におびえながら生活している人たち、病院に通うことができない人たち、、行政の支援の枠組みからこぼれ落ちる人、しんどく辛い状況を声に出せない人を支援するためのものです。

この基金は、そうした状況にある人々に日ごろから寄り添って活動をしているNGO/NPOを通じて、私たちの思いと支援をつなぎ、SDGsの謳う「誰ひとり取り残さない」社会の実現を目指す仕組みでもあります。



B 私も日本も大変なんだけど、世界のことまで考える必要があるの?
マリナオ村への食料支援 (002).jpg
写真提供:(特活)フェア・プラス
厳しいロックダウン状況下にあるフィリピンマリナオ村の人々への食糧支援の様子

はい、あります。「グローバル化した社会での感染症は、グローバルな対応でしか解決できません」といわれるように、日本だけがこの状況から抜け出して元の生活に戻るということはありません。

私たちの住む地域社会のことはとても大切で、そして、私たちと繋がる海を越えた地域・コミュニティも大切です。なぜなら、日本に住む私たちの豊かな生活はいろんな国・地域で働く人々にも支えられて成り立っているからです。


私たちは、みなと協力しながら100年に一度といわれているこのパンデミックを共に乗り越え、これからの世界が、共生・共存という価値を大切にして実現していかなければなりません。そして、それを実現するのは、私たち市民一人ひとりの思いと行動です。


是非、わたしと地域と世界のファンド:みんなおんなじ空の下基金の取り組みにご参加ください。皆さんと一緒に、ここ、大阪・関西からパンデミックを共に乗り越え、SDGsの達成に向けて一歩を踏み出したいと思います。

私と地域と世界のファンド:みんなおんなじ空の下ウェブサイトはこちらから!↓
https://congrant.com/jp/mlg-fund/index.html

#私と地域と世界の大阪ファンド
#みんなおんなじ空の下
posted by 佐野 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 支援のお願い