CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年06月26日

5分でわかる!!オンラインチャリティイベントに参加する方法!

event-bnr.png

オンラインチャリティイベントへのご参加について、続々とお申し込みをいただいております。
まだお申し込みでない方も、関心を持っていただき、本当にありがとうございます!

大阪・関西から問題提起!「コロナ禍の支え合いの現場から」
「私と地域と世界のファンド:みんなおんなじ空の下」オンラインチャリティーイベント
の参加については、下記のURLから購入をお願いします。
http://ptix.at/zFykfJ

イベントご参加されるみなさまへのお願いがあります。


@チケット購入(決済完了)時、登録されたメールアドレスに、メールが届きます。
Aオンラインイベントに参加するためのURLは、@のメールからPeatixへログインし、
 ご確認いただく必要があります
Bできるだけ事前に15分にはログインのご準備をお願いします。



イベント当日は問い合わせ回線に限りがあるため、
イベント参加にあたってご不明な点がある場合、
当日うまくログインできないといった場合は
下記のメールアドレスにお問合せください


info-mlg-fund@googlegroups.com



お申込み完了から、参加までの流れは以下のとおりです。
(例示ははスマートフォンの画面ですが、パソコンの画面もほとんど同じです。)
事前にご確認いただいていると、当日スムーズにご参加いただけます。


1 申込みが完了されたみなさまにメールが届いています

IMG_3757.PNG


2 「イベント視聴ページに移動」をクリックします

IMG_3758.PNG


3 「イベントに参加」をクリックします

IMG_3761.PNG


4 購入時に登録した方法でログインします

IMG_3760.PNG


5 「イベントに参加」をクリックする
  または、画面下部URLをクリックします

この際、ミーティングIDとパスワードは念のため、紙にメモしておいてください

IMG_3762.PNG


今回のイベントはZoomというサービスを使用します。
はじめての方でも
ソフトをインストールしなくても活用できる方法を

ご紹介します。


6 PeatixのURLをクリックすると、
  自動で下記のような画面が開きます
  Zoom初心者の方は、キャンセルをクリックします

PCの方は、下記のような表示になります

スクリーンショット 2020-06-26 22.25.18.png


携帯電話の方は、下記にような画面がひらきます
携帯電話の方は、開始までお待ちいただくと自動ではじまります。
IMG_3763.jpg


7 上記1でキャンセルを押された方は、「ブラウザから起動」をクリックしてください

スクリーンショット 2020-06-26 22.56.41.png


8 すると、「ミーティングIDを入力してください」と表示される場合があります。
  もし、ミーティングIDを聞かれた場合は、
  上記5でメモしたミーティングIDを入力します
  入力の間違いにお気をつけください

スクリーンショット 2020-06-26 22.24.44.png


問い合わせ回線に限りがあるため、
イベント参加にあたってご不明な点がある場合、
当日うまくログインできないといった場合は、
下記のメールアドレスにお問い合わせください


info-mlg-fund@googlegroups.com




9 イベント開始前に氏名入力を求められます
  チケット購入者のお名前を入力お願いします

スクリーンショット 2020-06-26 22.25.39.png

10 イベント開始までおまちください。


なお、本番開始前15分にはご準備をお願いします。

問い合わせ回線に限りがあるため、
イベント参加にあたってご不明な点がある場合、
当日うまくログインできないといった場合は、
下記のメールアドレスにお問合せください

info-mlg-fund@googlegroups.com

posted by 宝楽 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年05月30日

「始動!」ユース広報チーム結成!!

国際協力・SDGs普及啓発事業「ワン・ワールド・フェスティバル for Youth〜私たちが描く持続可能な社会の未来図」(事務局:関西NGO協議会)の卒業生有志が中心となり、このたび、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大を受け、自分たちにできることとして、NGOへの取材とブログ記事の執筆、そして、情報発信をしていくことにいたしました!


1 自粛期間中に在宅有志チームが結成しました!
2 主に、報道される機会の少ない世界の地域について伝えていきます!
3 ユース広報チームのメッセージ


1 自粛期間中に在宅有志チームが結成しました!
@2019ワンフェスユース.jpg
ワン・ワールド・フェスティバル for Youth

緊急事態宣言による自粛期間、キャンセル続きの行事やイベントに落ち込みムードだった頃、「私と地域と世界のファンド#みんなおんなじ空の下」の在宅ボランティア活動を知り、やり場のなかったエネルギーが大爆発!

広報ボランティア説明会の5分後にはSlackグループが立ち上がり「私と地域と世界のファンド#みんなおんなじ空の下」のブログ記事の執筆や情報発信をしていくことにいたしました!
また、ワンフェスユースの呼びかけに賛同した友人が仲間に加わり、ユース広報チームが結成されました。


2 主に、報道される機会の少ない世界の地域について伝えていきます!A認定NPO法人アクセス5oezgkx8.jpeg.jpg
写真提供:認定NPO法人アクセス

新型コロナウイルス感染症は日本や東アジア、ヨーロッパ、アメリカだけでなく、開発途上国においても感染症拡大が始まっています。ユース広報チームは主に、新型コロナウイルス感染症による浮き彫りとなった「開発途上国の地域の課題」や「日本国内の多文化共生課題」の生きづらさやその中でも一生懸命に生きる方々のいまについてお伝えしていきます。

現地で活動を行うNGOへ取材を行い、記事執筆を担当し、みなさまへ世界の地域のいまをお伝えしていきますのでぜひ応援してください!私たちと持続可能な社会の未来図を描きましょう!
よろしくお願いします!!


3 ユース広報チームのメッセージ
B2019ワンフェスユース-852.jpg

<ユース広報チーム>

熊 亮太朗 (近畿大学)
”この自粛期間でなにか出来ないかと思っていた中で、このお話を頂けてとても嬉しく思っています。全ての物事が1つの地球の中で起こっているという意識が少しでも多くの人の耳に届くように、この輪を広げていきたいと考えています。よろしくお願い致します。”


米川 愛 (大阪教育大学)
“世界中の人々の身近な課題となっている今回の感染症の流行をきっかけに、私たちが繋がっていることを再認識させられました。だからこそ、今の私の立場で世界に向けてできることを精一杯させていただきたいと考えております。"


林 徹郎 (大阪教育大学)
”誰一人取り残さない社会を目指すべく、ユース世代としてあらゆる努力を惜しみません。関西から世界へ向けて、ユースの発信力をさらにアピールしていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。“


鈴木 千花 (立命館アジア太平洋大学)
”今回の新型コロナウィルスと世界の向き合い方が、実は、SDGsや国際問題との向き合い方の理想なのではというお話をよく耳にします。至らぬ点多々ございますが、今、私たちだからこそできることを精一杯やり遂げたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!”


永橋 風香(京都大学)
”このようなプロジェクトに携わらせていただくのは初めてですが、少しでも支援の輪を広げていけるようにお手伝いしたいです。未熟な点も多々あると思いますが、精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。”

浅井 ゆうみ (福知山公立大学)
”見えない世界の中で起きていることについて、何かアクションをしたいと思っている人は多いはず。「どこかで誰かが生まれたのなら、世界中がみんなして家族になるべきだろう!それくらいの大きな気持ちで喜びも悲しみも分かち合えば、想像してる以上世界は変わるよ!」”


池田 有里栞(桃山学院高校)
”身近な人に伝え、知ってもらうことが大きな輪につながると信じています。今、私にできることを、微力ながら精一杯努めさせていただきます。よろしくお願いいたします。”


<校閲・アドバイザー>
岩根 あずさ(大阪大学大学院)
"ひとりひとりが自分らしく生きることができる社会を目指して、市民の視点と立場から今できるアクションを起こしていきたいです。"


辻本 真貴子 (ライター)
“新型コロナウイルスの影響により困難な状況に置かれた方が多くいらっしゃるなかで、このような取り組みに参加させて頂き、また想いのある方々と関われることを大変ありがたく思っています。微力ではございますが、お役に立てれば幸いです。”

どうかみなさま、本ファンドにご注目いただき、6月1日の寄附開始に向けて、ひとりでも多くの方にお知らせいただきましたら幸いです。

私と地域と世界のファンド:みんなおんなじ空の下ウェブサイトはこちらから!↓
https://congrant.com/jp/mlg-fund/index.html

#私と地域と世界の大阪ファンド
#みんなおんなじ空の下
posted by 佐野 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年05月29日

5 分でわかる!大阪・関西発の本ファンドのしくみとは?

covid19-fund.png


本ファンドは、新型コロナウイルスの影響を受けて困っている人や地域を支えるNPO、NGOなどの市民団体を応援したい!という思いで立ち上げました。

目標金額は1500万円。
みなさまからいただいたご寄付については、公募にもとづく「支援先選定委員会」で審査を行い、団体に助成金(助成目標総額1200万円、申請上限額30万円)として助成します。
※寄付の一部(20%)は運営手数料として使用させていただきます。詳細は、基金のウェブサイトをご確認ください!

今日は、このファンドのしくみを、3つのポイントで紹介します。

1 国内、海外両方の「暮らしの困りごと」に寄り添うファンドです
2 47コロナ基金大阪として事業指定を受けています
3 47コロナ基⾦大阪として、税制優遇措置対象です
4 いただいたご寄付を確かな団体を通じて困難を抱える人へ確実に届けます


国内、海外両方の「暮らしの困りごと」に寄り添うファンドです

新型コロナウイルス感染症は、私たちの社会と世界を一変させました。
日本に暮らす私たちの生活も大きな影響を受けています。
そして、「開発途上国」と呼ばれる国や地域にも、厳しい状況におかれている人たちがたくさんいます。
今回、私たちのファンドでは、支援先を大きく、「国内」「国外」そして「共通」に分け、みなさまは支援先をその3つから選択していただけます。
特に「共通」に関しては、「おんなじ空の下」の困りごとに寄り添うという市民の支えあいに共通する課題を取り上げ、支援先についても、集まった資金を国内、国外に半分ずつ配分するという新しい取組みとします。

47コロナ基金大阪として事業指定を受けています

今回の新型コロナウイルス感染症の影響は、全国 47 都道府県のどの地域でも、医療、保健、福祉、経済、そして多くの市民生活において様々な面で影響が出ています。

そんな中、47 都道府県「新型コロナウイルス対策」地元基金『47コロナ基金(よんななころなききん)』という基金が設置され、全国でこのコロナ禍を乗り切ろうという取り組みが始まっています。
東日本大震災を契機に設立された「公益財団法人地域創造基金さなぶり」が基金を提供し、各地の市民基金を支える全国コミュニティ財団協会が連携し、立ち上がったものです。

そして、当ファンドは、47コロナ基金大阪として事業指定を受けています。

スクリーンショット-2020-05-29-18.47.11.jpg

つまり、47コロナ基金で、大阪をご指定いただくことで公益財団法人地域創造基金からの事業指定寄付として私たち、「私と地域と世界のファンド」に寄附が届くことになります。

事業指定を受けているため公益財団法人の審査、報告など一定の管理下にあり、かつ「支援先選定委員会」で確かな支援先への助成するという透明性を保つ努力することになります。


私と地域と世界のファンド(47コロナ基⾦大阪)は税制優遇措置対象です

本ファンドへの寄付金は、寄付金控除等の税制上の優遇措置の対象となります。
47コロナ基⾦大阪は、公益財団法人地域創造基金さなぶりの指定事業のため、寄付ページから公益財団法人地域創造基金さなぶりへご寄付いただき、大阪の私たちファンドに委ねられ、寄付がつながる仕組みです。

個⼈としての寄付
merit01 (1).jpg
確定申告により、所定の計算に基づいて所得税の40%を限度として、所得税が還付されます。「税額控除⽅式」または「所得控除⽅式」があり、詳細は税理⼠、所轄の税務署、もしくは事務局までお問い合わせください。

法人としての寄付
通常、寄付は⼀定の限度額内で損⾦の額に算⼊できます。当財団への寄付は、上記に加えて損⾦参⼊枠が拡⼤し、損⾦に算⼊できます。⾦額の算定に関しては、以下のリンク、顧問税理⼠、所轄の税務署、もしくは事務局までお問い合わせください。
国税庁:特定公益増進法⼈に対する寄附⾦


いただいたご寄付を確かな団体を通じて困難を抱える人へ確実に届けます


新型コロナウイルス感染症を発端に発生したさまざまな困難を抱える人々や地域 を支えるNPO 、NGOや市民活動へ何か力になれないか?というお声も私たちに多数届いています。

ですが個人のみなさんが、団体を選ぶにも大阪・関西には多数のNPO・NGOが存在します。
そこで本ファンドは主旨に賛同するNPO、NGO、市民活動団体から緊急で支援を希望する
活動を (公募 6 月下旬予定) し、新たに設置する「支援先選定委員会」で支援先、支援額を決定して配分いたします。

これにより、大阪・関西の困難を抱える人へ確実に、寄付をいただいたみなさんの思いをお届けします。

どうかみなさま、本ファンドにご注目いただき、6月1日の寄附開始に向けて、ひとりでも多くの方にお知らせいただきましたら幸いです。


私と地域と世界のファンド:みんなおんなじ青い空のウェブサイトはこちらから!↓
https://congrant.com/jp/mlg-fund /index.html

#私と地域と世界の大阪ファンド
#みんなおんなじ空の下
posted by 宝楽 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ