CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月30日

「始動!」ユース広報チーム結成!!

国際協力・SDGs普及啓発事業「ワン・ワールド・フェスティバル for Youth〜私たちが描く持続可能な社会の未来図」(事務局:関西NGO協議会)の卒業生有志が中心となり、このたび、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大を受け、自分たちにできることとして、NGOへの取材とブログ記事の執筆、そして、情報発信をしていくことにいたしました!


1 自粛期間中に在宅有志チームが結成しました!
2 主に、報道される機会の少ない世界の地域について伝えていきます!
3 ユース広報チームのメッセージ


1 自粛期間中に在宅有志チームが結成しました!
@2019ワンフェスユース.jpg
ワン・ワールド・フェスティバル for Youth

緊急事態宣言による自粛期間、キャンセル続きの行事やイベントに落ち込みムードだった頃、「私と地域と世界のファンド#みんなおんなじ空の下」の在宅ボランティア活動を知り、やり場のなかったエネルギーが大爆発!

広報ボランティア説明会の5分後にはSlackグループが立ち上がり「私と地域と世界のファンド#みんなおんなじ空の下」のブログ記事の執筆や情報発信をしていくことにいたしました!
また、ワンフェスユースの呼びかけに賛同した友人が仲間に加わり、ユース広報チームが結成されました。


2 主に、報道される機会の少ない世界の地域について伝えていきます!A認定NPO法人アクセス5oezgkx8.jpeg.jpg
写真提供:認定NPO法人アクセス

新型コロナウイルス感染症は日本や東アジア、ヨーロッパ、アメリカだけでなく、開発途上国においても感染症拡大が始まっています。ユース広報チームは主に、新型コロナウイルス感染症による浮き彫りとなった「開発途上国の地域の課題」や「日本国内の多文化共生課題」の生きづらさやその中でも一生懸命に生きる方々のいまについてお伝えしていきます。

現地で活動を行うNGOへ取材を行い、記事執筆を担当し、みなさまへ世界の地域のいまをお伝えしていきますのでぜひ応援してください!私たちと持続可能な社会の未来図を描きましょう!
よろしくお願いします!!


3 ユース広報チームのメッセージ
B2019ワンフェスユース-852.jpg

<ユース広報チーム>

熊 亮太朗 (近畿大学)
”この自粛期間でなにか出来ないかと思っていた中で、このお話を頂けてとても嬉しく思っています。全ての物事が1つの地球の中で起こっているという意識が少しでも多くの人の耳に届くように、この輪を広げていきたいと考えています。よろしくお願い致します。”


米川 愛 (大阪教育大学)
“世界中の人々の身近な課題となっている今回の感染症の流行をきっかけに、私たちが繋がっていることを再認識させられました。だからこそ、今の私の立場で世界に向けてできることを精一杯させていただきたいと考えております。"


林 徹郎 (大阪教育大学)
”誰一人取り残さない社会を目指すべく、ユース世代としてあらゆる努力を惜しみません。関西から世界へ向けて、ユースの発信力をさらにアピールしていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。“


鈴木 千花 (立命館アジア太平洋大学)
”今回の新型コロナウィルスと世界の向き合い方が、実は、SDGsや国際問題との向き合い方の理想なのではというお話をよく耳にします。至らぬ点多々ございますが、今、私たちだからこそできることを精一杯やり遂げたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!”


永橋 風香(京都大学)
”このようなプロジェクトに携わらせていただくのは初めてですが、少しでも支援の輪を広げていけるようにお手伝いしたいです。未熟な点も多々あると思いますが、精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。”

浅井 ゆうみ (福知山公立大学)
”見えない世界の中で起きていることについて、何かアクションをしたいと思っている人は多いはず。「どこかで誰かが生まれたのなら、世界中がみんなして家族になるべきだろう!それくらいの大きな気持ちで喜びも悲しみも分かち合えば、想像してる以上世界は変わるよ!」”


池田 有里栞(桃山学院高校)
”身近な人に伝え、知ってもらうことが大きな輪につながると信じています。今、私にできることを、微力ながら精一杯努めさせていただきます。よろしくお願いいたします。”


<校閲・アドバイザー>
岩根 あずさ(大阪大学大学院)
"ひとりひとりが自分らしく生きることができる社会を目指して、市民の視点と立場から今できるアクションを起こしていきたいです。"


辻本 真貴子 (ライター)
“新型コロナウイルスの影響により困難な状況に置かれた方が多くいらっしゃるなかで、このような取り組みに参加させて頂き、また想いのある方々と関われることを大変ありがたく思っています。微力ではございますが、お役に立てれば幸いです。”

どうかみなさま、本ファンドにご注目いただき、6月1日の寄附開始に向けて、ひとりでも多くの方にお知らせいただきましたら幸いです。

私と地域と世界のファンド:みんなおんなじ空の下ウェブサイトはこちらから!↓
https://congrant.com/jp/mlg-fund/index.html

#私と地域と世界の大阪ファンド
#みんなおんなじ空の下
posted by 佐野 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック