CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2014年04月 | Main | 2014年06月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
飯浦八幡宮[2014年05月27日(Tue)]
 飯浦八幡宮の参道入り口の一の鳥居をくぐりますと、このような石碑がありました。
 どうやらこれは、鳥居の柱です。
 この写真の左側の柱は、江戸時代中頃、参道最上段の境内前にあり、昭和初期に現在ある位置へと移されたそうです。

 後世に伝える為に、右柱は建立時期を刻すもの、左柱は記念碑として残されたそうです。

飯浦.JPG


 そして今年春、一の鳥居はこの様に新しい鳥居へと。とても輝いて見えますね。
 

飯浦 (3).JPG

Posted by 景観担当 at 14:18 | 建物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

日本サッカー協会のシンボルマーク「八咫烏」[2014年05月19日(Mon)]

昨日、江津市の多鳩神社へとお参りに行きましたら、この様なイベントが行われていました。

八咫烏(ヤタガラス)は、日本サッカー協会のシンボルマーク三本足のカラス。
この神社には、その八咫烏の伝説が残っているといわれているそうです。


多鳩神社 (2).JPG


ブランコのような神饌代があるのですが、八咫烏をお迎えするためだそうですよ。


また、境内の社務所横に植えられた「ナギ」の木の葉はちぎれにくいため、男女の縁を結ぶ力があるとされているそうです。
そして、困難を薙ぎ倒すということで、お守りとしても使われているそうです。


多鳩神社.JPG


益田市の近郊には、このようなスポットがあるのです。



Posted by 景観担当 at 10:50 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

泳ぐこいのぼり[2014年05月08日(Thu)]

万葉公園では、“大空に泳げ!鯉のぼり”が5月中旬まで開催されています。

万葉公園こいのぼり (2).JPG


たくさんの方々から寄贈された、約60匹〜70匹の鯉のぼり。
もしかして・・・あなたのこいのぼりも泳いでませんか?
風に吹かれて、気持ち良さそうにです。

万葉公園こいのぼり.JPG


つつじの花も綺麗に咲いています。
ぜひ、お弁当持参で出かけてみられては・・・

万葉公園つつじ.JPG

Posted by 景観担当 at 13:21 | 公園 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)