CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2012年07月 | Main | 2012年09月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
島根県の景観施策[2012年08月31日(Fri)]
8月31日に、島根県土木部都市計画課景観政策室の皆さんが、いらっしゃって、景観事業について県内の状況の説明など織り込みながら、市長にご挨拶いただきました。

2012083101.jpg


 島根県の景観政策室の皆さんには、ワークショップやシンポジウムにもご参加いただき、最新の情報や様々なアドバイスもいただくなど、ご支援をいただいています。
 益田市が景観づくりを進めるにあたって、心強い皆さんです。今後ともよろしくお願いします。

2012083102.jpg


 ところで、益田市では、まちづくり景観賞による表彰制度を22年度と23年度の2回実施しましたが、島根県では、今年で20回目となる「しまね景観賞」の候補を本日まで受け付けていらっしゃいました。今後、審査作業に入られるわけですが、今からどんな景観が島根を代表する景観に選ばれるのか楽しみです!

 過去の受賞作品は、こちら次項有

 
MP

Posted by 景観担当 at 16:25 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

八朔祭[2012年08月31日(Fri)]
この写真は、「浜田・益田今昔写真帖」から・・・  

流鏑馬です。

毎年高津地区では、9月1日に八朔祭があります。

そして、この流鏑馬神事も行われています。
当時は、町の中を走っていたのですね。
 
益田今昔.png


八朔祭は、柿本人麻呂の誕生日、陰暦8月1日を祝って行われる豊作祈願の祭り。
人麻呂神社から、200mにわたる沿道が露店で埋め尽くされます。

P8310730.JPG


高津川河川敷、高角橋のふもとでは特設馬場が設けられ、ここで流鏑馬神事が行われます。

P8310732.JPG


明日9月1日は、八朔祭exclamation流鏑馬を見る事ができますよ。              A☆

Posted by 景観担当 at 11:31 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

デザインマンホール・・・[2012年08月31日(Fri)]

昨日に続きましてマンホールネタです(^_^)/
今日!ご紹介致しますのは、そうです!益田市のデザインマンホールです。

描かれてるのは、ケヤキ、市花の水仙、高津川の鮎です。

P8300723.JPG


この他にも鯉、川などが描かれた物など、数種類あります。
探してみて下さいねるんるん                          A☆

Posted by 景観担当 at 08:54 | マンホール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

デザインマンホール[2012年08月30日(Thu)]
先日訪れましたお隣りの県、鳥取県米子市のマンホールです。
デザインされてるのは、米子市の市花、つつじです。
P8240711.JPG


そして、一目でわかりますね手(チョキ)境港市の水木しげるロードですぴかぴか(新しい)
この汚水桝蓋は、直径20cmくらいで、鬼太郎、ねずみ男、一反もめん、ぬりかべなどもデザインされてます。
P8240708.JPG

各市のデザインの凝ったマンホールexclamation
益田市は・・・さてさてどこにあるかご存知ですか?何が描かれているのでしょうかexclamation&question
お楽しみにるんるん                              A☆

Posted by 景観担当 at 10:51 | マンホール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

津田を探検…[2012年08月24日(Fri)]
 木部に続いて、津田も歩いてみました足足
津田



 こちらも、家と家の間を縫うように、生活道が張り巡らされています。


 
津田
























海沿いの集落の特徴であり、魅力の一つでもあります揺れるハート

津田






 細く狭い道沿いには、
 

 
  ブロック塀の外構が多く見られましたが、




  少し大きな通りに面した家では、




    このように…




      和を感じさせる板張りの外構も!

            ↓
            ↓
            ↓

津田

 こちらは、外壁もほとんどが板張りで、何というか…存在感を感じさせる雰囲気の家です。

 
 歩いてみて、海沿いの家屋には、外壁が板張りや漆喰のものが多いように感じましたが、調べてみると塩害対策のひとつなのだとか。


 今では建築技術が発達しているので、海沿いであっても色々な建材が用いられ、様々な様式の家が建築可能となっているそうですが、塩害に対処した建築様式が限られていた頃の名残で、家並みに統一性があるのかもしれません。


 海風を防ぎながら、海と一緒に生活してきた先人の知恵から生まれた「生活景観」といったところでしょうか。


 
 そして目!!
津田 
 こんな素敵なデザインの住宅が!


 もとは、蔵だったのではないかと想像させる外観です。
(今でも蔵なのでしょうか?通りがかった時には住宅にも見えましたもので…)


 斬新ですが、昔ながらの建築素材を選ぶことで違和感を感じさせませんねわーい(嬉しい顔)


 色々と勉強になった「ひとりまち歩き」でした。

Posted by 景観担当 at 11:53 | 小道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

美都散策[2012年08月23日(Thu)]
 美都町宇津川の田んぼです。下本郷辺りの田は、もっと黄金色になってますが、まだ少し・・・緑が濃いですね。
IMG_1365.JPG

 そして、宇津川地区で見つけました。とてもきれいに剪定しておられるぴかぴか(新しい)お宅を発見しました。
exclamation
なんとexclamation石見神楽に出てきます、大蛇ではないですか目すごいexclamation

IMG_1369.JPG

そして、板井川の双川峡へ・・・ですが、通行止めになっていまして、落石などの危険性もありますので、奥まで入ることができないのです。
IMG_1372.JPG

とても残念なのですが・・・熊さんにも出合いそうな雰囲気も・・・しますね。
IMG_1373.JPG

入口までと思い行ってみました。

IMG_1380.JPG

 そして、もう一ヵ所!とてものどかな風景を見つけました。
棚田がいくつかあり、その上に建つ家が、なんともいい雰囲気を出しています。
ほのぼのしますね。
IMG_1363.JPG


ぜひ、美都町を散策して、温泉いい気分(温泉)に入って帰られるといいですよ。        A☆

Posted by 景観担当 at 13:36 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

二つの橋[2012年08月22日(Wed)]

こちらは、美都町宇津川にあります、夫婦上橋ですぴかぴか(新しい)

P8160707.JPG


P8160705.JPG



そして、こちらは夫婦下橋ぴかぴか(新しい)

同じ様な場所で!同じ様な名で!同じ年に造られた!同じ様な橋が二つ!川上と川下に架かっています。
写真で見ると、同じ橋に見えますが、橋名板とバックの景色が違うので、わかりますよねわーい(嬉しい顔)


P8160703.JPG


この橋は、美都町宇津川から匹見町道川へと続く、191号線にありますよ。

通られる時に、探してみて下さい。

そして、ここ辺りからの景色は、絶景ですよ〜ぴかぴか(新しい)

IMG_1355.JPG


青空と山の緑のコントラストがとても綺麗でしたよぴかぴか(新しい) A☆

Posted by 景観担当 at 16:20 | 川とともに | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

浜辺にて…[2012年08月21日(Tue)]
 土田海岸から眺めた夕暮れですカメラ
夕暮れ


日が落ちるまで、


浜辺を散策足


していたところ…







  驚きのアートを発見目
砂浜アート
 こちらの方は、温泉???に入っているようですいい気分(温泉)

 海を見ながらの温泉…
   気持ち良さそう。。。


 髪の毛は、ワカメ仕様でした。
  凝ってますね〜
 

   (でも、最初は人が埋まってるのかと思い、心臓に悪かったです。)



  こちらは、飛行機飛行機でしょうか。

飛行機
             残念ながら、操縦席と尾翼が踏まれていましたもうやだ〜(悲しい顔)

  

 こちらの方は、犬の散歩中らしいですが…
犬の散歩?
 リードを持つ指先まで丁寧に作られていました。

 膝から下は、波に消されてしまったのでしょうか。
 完全な姿を見たかったです。

 もちろん、髪の毛はワカメ。
 犬の首輪のアクセントにもワカメ。

 徹底しています。


 きっと同じ人が作者なのでしょうね。
 一生懸命作ったのであろう誰かに、賛辞を贈りたい気分でした。

Posted by 景観担当 at 10:53 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

木部を探検…[2012年08月16日(Thu)]
 木部町をてくてく…足足
 ひとりまちあるきを実施してみました。つばめ

 軒先で、つばめが羽を休めていましたわーい(嬉しい顔) 

 おや。
 こちらの玄関先は、なんだかおしゃれな工夫がされていますね!
 
 郵便受けを兼ねているのでしょうか…?
 木が使われていると、柔らかい印象を受けます。

 













生垣
 


 こちらは、敷地に沿って生垣が整えられています。


 道路にも沿う形になっており、緩やかな曲線を描いています。

 集落自体が海岸線に沿っているからでしょうか。
 集落の中を通る道は、少し曲がりくねっていて先が見通せないため、次々に現れる家並みが、新鮮に映ります。













 さて。
 木部町も海沿いの集落なので、小道が多くあります。

           あっちを見ても…
小道
 

                  こっちを見ても…
小道

       
       生活道を兼ねた小道が、家々の間を網羅しています。

                そして…
海へ…
 
             小道は海へと続いているのでしたわーい(嬉しい顔) 

 

Posted by 景観担当 at 10:41 | 小道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

匹見散策A[2012年08月15日(Wed)]
匹見町澄川を通りかかった時に気になりました、緑の中にある、グリーンの橋!
殿居橋というのだそうですよ。景観の関係ですか?この色にしたのは?
DSCF4426.JPG

渡り始めると、おやおや釣り人が・・・「釣れますか?」と声をかけてみようかと思いましたが・・少し遠かったので・・・
P8080709.JPG


ふと、振り返りますと、いろんな物が見えますが、今回は緑の中にある赤瓦の屋根を発見目
P8080711.JPG


澄川八幡宮でした。
中に見えます、ツタだか枝だかわかりませんがあせあせ(飛び散る汗)くるくる巻きになってる木は?銀杏の木ですか?珍しいですね。
階段の苔もいい感じです。歴史を感じる建物です。
P8080712.JPG

帰り道、またで釣りをされている方を、匹見川で発見!
今は鮎でしょうね〜。他府県の車もありますよ。
P8080715.JPG


残り少ない夏、匹見に来てみんさいやぁ〜                       A☆

Posted by 景観担当 at 11:49 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ