CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2012年06月 | Main | 2012年08月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
☆祝祝!清流日本一☆[2012年07月31日(Tue)]
 今年度も、嬉しいニュースが届きました!NEW

 国土交通省の実施する水質調査「平成23年度の全国一級河川の水質現況」において、高津川を含む全国12河川が「もっとも水質が良好な河川」としてランキング1位を獲得しましたぴかぴか(新しい)
高津川

 高津川は、2年連続の1位達成となります。



 これも、高津川流域のみなさまの日々の努力の積み重ねがあったからこその「2年連続達成」につながったのだと思います。




今日も、アユ釣りをする人が多く見られました。
アユ釣り
川の中は、涼しいでしょうか…

毎日暑いので、ついそういうことを考えてしまいます。 

たくさん釣れるといいですねわーい(嬉しい顔)

 安富橋

 少し移動しまして車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

 こちらは、安富橋付近で撮影しました。


 高津川と空の青、その間に横たわる緑の山々。

 お天気のためか、一層鮮やかに見えました!





安富橋
 川面に赤い橋と山影が映って、こちらも素敵揺れるハート

 橋の上からも泳ぐ魚がハッキリ見えて、

「透明度、高〜い!さすが1位!!」

   と実感。





 その後、川の冷たさを想像しながら、帰途に就いたのでした。。。
 
 

Posted by 景観担当 at 15:02 | 川とともに | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

海・うみ[2012年07月30日(Mon)]

ここは、遠田地区です。
遠田神社から、少し進んでいきますと、海へ辿り着きました。

IMG_1303.JPG


これは、海水浴の為に?と思いきや・・・
砂利混じりの砂の砂浜が広がっていましたが、侵食防止の為に消波ブロック等が整備されているそうですよ。
背後地の暮らしが安全になりますね。

IMG_1305.JPG


そして、この円柱橋脚は河川内や、湾内では、流水方向によって柱の断面が変わります。
また、このゴツゴツは、塩害を防ぐため、橋脚にお化粧をしているんだそうですよ。
なんだか、ゴジラの腕の様にも見えますが・・・
景観も考えて、いろいろな種類があるようですよ。

IMG_1308.JPG


そろそろ、クラゲも出てくる頃ですよあせあせ(飛び散る汗)
急いで海に出かけましょうるんるん                            A☆

Posted by 景観担当 at 09:21 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

鵜の鼻古墳周辺[2012年07月27日(Fri)]

6世紀後半〜7世紀にかけて築造された鵜ノ鼻古墳群の入口です。

現在確認されている古墳は、全長がいずれも30mほどの前方後円墳4基、一辺13mの方墳1基を含む約30基で、中でも比較的保存状態の良い19基は県指定史跡となっています。

P7260656.JPG
  

1人でこの中に入って行くのは、少し怖かったので・・・すみませんあせあせ(飛び散る汗)

P7260658.JPG

振り返ってみると、船がたくさん停まっているではないですか目
イカ釣りなどに行かれるのでしょうね。

P7260659.JPG


きれいな海〜
とても暑い日が続いてますので、海に飛び込みたい気分ですが・・・
止めておきましたふらふら
P7260663.JPG


そして、ここを立ち去ろうとした時・・・ちょっと気になった物が・・・
ここにも、この様な名前が付けられているではないですか。
P7260667.JPG

さらに・・・上がって行きますと・・・
鵜の鼻団地という名の団地も・・・あるのでした・・・                 A☆         

Posted by 景観担当 at 10:50 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

涼を求めて![2012年07月27日(Fri)]
 こちら、表匹見峡exclamation
匹見峡

 この写真を見て、「飛び込みたいexclamation×2」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか…

 暑いですね。

 雨、降りませんね…







 なので、せめて写真から涼を感じていただければと思いますあせあせ(飛び散る汗)



こちらのスポットには、「亀の胴淵」という名前がついています。
亀の胴淵

どこら辺に、亀の胴が隠れているのでしょうか…?

あの岩が頭で、あの岩が甲羅…?

色々考えてみるのも、楽しいかもしれませんねわーい(嬉しい顔)


案内板
 表匹見峡にも、裏匹見峡にも、このような統一された案内板が設置されています。



 気になるスポットでは、どうぞ立ち止まって案内板を探してみてください!


 意外な発見があるかもしれませんよ!!


Posted by 景観担当 at 10:21 | 川とともに | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

赤瓦の今、昔。[2012年07月26日(Thu)]
こちらは、国道488号線沿いにある柿原地区のひとコマです。
柿原地区


 匹見地区の石積みとは少し違うのかもしれませんが、こちらも田んぼの法面に石垣がきれいに積んでありました。



 石垣がところどころ苔むしたところなんかも、いい感じですねわーい(嬉しい顔)




 



柿原地区 そして、目を引いたのがこちらのお家家

 白壁と昔の赤瓦の組み合わせが印象的な、和風住宅です。

 土蔵が漆喰でないのも、かえって新鮮で素敵だと思いました。

 石見地方の赤瓦は、元来このような配色の混ぜ葺きが主流だったことをご存知でしょうか?

 その理由は、製造過程で瓦に焼きムラが出てしまうためでした。

 しかし、技術の進歩により均一な色の赤瓦が製品化されたことによって、昨今では、このような配色の混ぜ葺き屋根の方が珍しくなったのでは…と思います。

 こちらの地区には昔ながらの混ぜ葺き屋根が残っており、背景の山々としっくり馴染んでいましたよ。

Posted by 景観担当 at 09:20 | 建物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

夏休み[2012年07月25日(Wed)]

 グラントワに遊びに出かけてみました。
 

この日は、とても暑い日で、赤瓦に囲まれてる中庭広場の水盤で、子供達が水遊びをしていました。

P7160623.JPG


 グラントワは、「島根県立石見美術館」と「島根県立いわみ芸術劇場」からなる複合施設。
そのメイン施設となる大ホールは、島根県内最大面積の舞台に最新の吊物機構や走行式音響反射板などの設備を備え、ミュージカルやコンサートなど多様な舞台芸術を上演できるそうですよ。
 その他、400人収容の小ホールやスタジオ、多目的ギャラリー、4つの展示室などを備えています。
 
 そのグラントワで、この様なほのぼのとした風景が見られました。
この夏もイベントがたくさんあるようですよ。家族でグラントワに出かけてみてはいかがですかわーい(嬉しい顔)                               
                                          A☆

Posted by 景観担当 at 14:10 | 建物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

横から前から・・・撮影[2012年07月24日(Tue)]
先日掲載しました、蔵なのですが。
横に回ってみましたら、この様に長ーい蔵がありましたよ。

P7170624.JPG


そして、表に回りましたら、“酒”とかいてある蔵がありました。

この酒屋さんは、明治36年創業だそうですよ目100年以上ですね。
P7170626.JPG


さあ、ここが前から見た建物です。
この建物の、さらに奥の建物が、先日ご紹介致しました建物ですよ。
P7230655.JPG


なんだか、どこも風情のある建物ですよね。酒蔵も素敵ですぴかぴか(新しい)
この酒屋さんは見学もできるそうですよ。
P7230654.JPG


是非、蔵の中も見てみたいですよね。
                                          A☆

Posted by 景観担当 at 14:11 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

「祇園まつり」に行ってきました![2012年07月23日(Mon)]
 7月21日(土曜日)、22日(日曜日)に、堀川上市を会場として2夜連続で開催された、「祇園まつり」に行ってきましたわーい(嬉しい顔)祭りの様子


 
「祇園まつり」は江戸時代から続く歴史のあるお祭りで、隆盛時は神輿や山車が繰り出す盛大なお祭りだったそうです。






 昭和18年と昭和58年の洪水で一時祭りが途絶えたり、中止になったりした経緯があるものの、現在まで受け継がれてきた、益田市の伝統あるお祭りのひとつです。

 
屋台がたくさん!
 
露店も沢山並んでいましたexclamation

お祭りの様子

夕闇が深まってくると、ぼんぼりの明かりや露店の証明がとてもきれいで、
お祭り気分が高まりますね!
特にゲームコーナーは、子どもたちに大人気!! 黒山の人だかりでした!
 
二川灯籠

 そしてそして。

 折戸交差点付近では、こちらの方が出張されていましたよ!

 
 第2回まちづくり景観賞に応募があった、「二川の明るい仲間たち」のみなさんですexclamation×2





 
 地元で活動されている「絵てがみの会」(平均年齢73歳!!)のみなさんや「俳句の会」、地元保育所の園児が絵付けやデザインをした「灯籠」ですぴかぴか(新しい)


二川灯籠 




 風情ある灯りの演出で、祭りやイベントに和の雰囲気を添えたいという活動への思いがあるそうですが、実際に見ると本当にきれいです。


 
「きれいに絵が描いてあるね〜」
「上手に作っとってじゃね〜」
 
 …と、
 多くの方が歩みを止めて灯籠に見入っている様子が見られました。
 





 続く帰り道…
河川敷ライトアップ






 再び、景観賞関係での発見がexclamation




 同じく第2回まちづくり景観賞に応募され、見事準グランプリを獲得された「地域活性化グループ 一滴水」さんによる、益田川河川敷のライトアップの様子ですひらめき




(風の都合で、何度直しても旗が反転してしまいました。ご容赦くださいあせあせ(飛び散る汗)





ライトアップの様子
 このライトアップ活動は、毎年行われているそうですよ!

 お天気続きで毎日暑い今日この頃ですが、夕涼みがてらにそぞろ歩きを楽しんでみてはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)
 

Posted by 景観担当 at 15:30 | 第2回景観賞 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

東京にて[2012年07月23日(Mon)]
 東京スカイツリーを眺めてきました。スカイツリー


 ちょっと遠くからですが…

 7/11から、当日券チケットが販売されているそうですが、キャンセル待ちの行列ができるほどの盛況ぶりなのだそうです。

 web予約サイトでチェックすると、8月は完売。
 9月も休日はほぼ売り切れでした。
 すごいですね〜あせあせ(飛び散る汗)
 












  マンホール
 ところ変わって、
 上野公園にてデザインマンホールを発見目


 こちらのデザインには、桜が舞い散る様子とイチョウの葉が採用されていました!

 東京都23区のデザインマンホールの蓋には、都の花である桜と都の木であるイチョウがあしらわれていることが多いらしいのですが、単一デザインではなく、都立公園や動物園などでは特別なデザインが採用されているのだとか。
 

 調べて見ると、奥が深い「デザインマンホール」。
 足元を眺めながらの散歩も、楽しいかもしれませんねるんるん

Posted by 景観担当 at 13:53 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

二条案内マップ[2012年07月23日(Mon)]
ふるさと二条ネットワークさんが制作されました、
二条案内マップですぴかぴか(新しい)
P7230641.JPG


神社・仏閣・石仏・祠・お堂。
史跡・名所・風景。自然。
産業・施設が掲載されています。

そして、裏には二条案内マップもあり、とても二条地区の魅力が満載です。       A☆
            

                このマップの問い合わせ先は、益田市二条地区振興センターへ
                                         

Posted by 景観担当 at 10:14 | 第1回景観賞 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ