CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2012年05月 | Main | 2012年07月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
スズメバチが!![2012年06月29日(Fri)]
今日、公園の草刈りに出かけたところ、目の前にスズメバチが。
良く見ると、小さな巣をかけていました。

早速、勇敢な一人が退治。パンチ
皆さんは、専門家にまかせましょう!

巣を壊して、生物の勉強です。exclamation
中から、さなぎと幼虫が目
DSCF4176.JPG

さなぎのアップだよ。もう、ほとんど、ハチの姿です。
DSCF4173.JPG

koji

Posted by 景観担当 at 16:09 | 公園 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

朝の風景[2012年06月29日(Fri)]
昨日、通勤途中にこのような物を目にしました・・・
P6280569.JPG


貨車に、砂利を乗せているではありませんか目

P6280571.JPG


あまり見ることがないのでは・・・
これは、線路へバラストの走行散布する為の物だったのです。
※バラスト(砕石や砂利)
鉄道の線路あるいは軌道において古くから使用されている道床。
枕木からの荷重を効率よく分散させ路盤に伝えるので低振動・低騒音であることと、排水性が良いのそうです。

P6280570.JPG


この様な風景も、あまり珍しいと思われないかもしれませんが、何かほのぼのとした風景に映りました・・・                                  A☆

Posted by 景観担当 at 13:05 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

夏号再び![2012年06月29日(Fri)]
 『益田+景観 masuda PLUS keikan』2012夏号が発刊されました!

景観情報誌 夏号

 
2周目の夏号です!

 去年の創刊から、めでたく1周年を迎えることになりましたぴかぴか(新しい)

 今号は、近畿大学の学生さんの目から見た、農村景観の魅力を特集しています。

 これからも、益田の「いいところ」を紹介していく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 


Posted by 景観担当 at 09:25 | 情報誌 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

見守り隊長[2012年06月25日(Mon)]
吉田小学校校門横に居られますこの方exclamation
身長は、120pくらい?以上ありますかねぇ?
お歳は、お幾つでしょうか?

IMG_1180.JPG


今年で、創立100周年を迎える吉田小学校。

この方は、登下校する子供達を、何年も見守った事でしょうね。

見守り歴は、かなり長いのでは・・・
IMG_1182.JPG

それにしても・・・この祠!とても立派ですよね目
瓦は赤瓦exclamation×2
そして、この様な彫り物があります。本当に立派な祠です。
IMG_1181.JPG


これからも、子供達を見守って下さいね。                       A☆

Posted by 景観担当 at 13:01 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

噂の澄川地区 番外編[2012年06月22日(Fri)]
 澄川地区内にあるお寺さん「自徳禅寺」
自徳禅寺



 本堂の脇に、何やら影が…



 近づいてみると…






 シャチホコではないですか!!


鯱鉾
 シャチホコ(またはシャチ)は、鯱とも鯱鉾とも標記する、まさに読んで字のごとく、頭は虎で身体は魚という想像上の生き物ですひらめき

 もともとは、雨漏りを防止するために設置されていた屋根構造部分が、鴟尾(しび)という魚が反り返ったような屋根飾りに変化し、さらに、インド→中国を経て伝播した鯱の伝説
「火事の時には、水を吹き出したり、または、雨を降らせたりして、火を消してくれるぴかぴか(新しい) に影響されて、守り神の役割を兼ね、このようないかめしい表情の飾りが屋根に使用されるようになったのだとか。
しゃちほこ


 シャチホコは雌雄一対なのだそうです。

 でも、
 
 どっちが彼で、

 どっちが彼女???
 
 よく似たカップルですたらーっ(汗) 
しゃちほこ








 




 狛犬や仁王像のように、「阿吽の対」という説もあるそうですが、見る限りではハッキリとした違いが分かりませんでした。

 屋根の上に戻ったあかつきには、火事からみんなを守ってほしいものです!


Posted by 景観担当 at 15:27 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

絵になる建物[2012年06月22日(Fri)]
元二川郵便局


 こちらは、美都町二川地区にあります、

  『元・二川郵便局』


 現 二川郵便局の隣に、ひっそりと佇んでいます。


  そして、

  なんと!


  この建物が、絵になりましたアート

          ↓
          ↓
          ↓


元二川郵便局 

 益田東高等学校美術部製作の 『元二川郵便局』

 この作品は、展覧会を訪れた地元の方の

「建物はどんどん古くなっていくので、往時を偲ぶためにも、絵という形で地元に残したい」

 という強い希望があって、二川地区へ寄贈されたそうです。


 以前にもお伝えしていますが、益田東高等学校美術部の

  “「古の里」益田を描く” 
         
           という取り組みは、

 「形あるものは、いつかはなくなる」

 「今の益田の姿を絵の中に残して、後世へ伝えていければ…」

という、益田に対する想いから始まっているそうです。

地元の方にも、その想いは伝わったみたいですね!
  

Posted by 景観担当 at 14:34 | 建物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

賑わい創出の第一歩[2012年06月21日(Thu)]
 5月の総会で選任された新会長と新副会長の新体制で、今後の中島染羽線全線に向けて、地元としても中島染羽線を活用したまちづくりを推進していく気持ちを伝えるために、益田県土整備事務所長にご挨拶に伺いました。

2012062102.jpg

2012062101.jpg



























 中島染羽線は、JR益田駅を中心に東西に続く直線約2キロもある都市計画道路で、駅前再開発ビルEAGAや島根県芸術文化センター・グラントワをつなぐ益田の新しい魅力創出ラインです。地元では、この都市施設を活用して、お元気朝市やますだ祭りなどのイベントを開催し、賑わい創出に創意工夫されていて、一日も早い中島染羽線の全線開通を望んでいらっしゃいます。
 また、部分的に開通している場所には、様々な街路樹が植樹され、見た目にも新しい町並みが形成されていますが、この街路樹の選定にあたっては、東西に延びる道なのか、南北に延びる道なのかによって異なるそうです。中島染羽線のように東西につづく道では、夏場に葉が多く日陰を形成し、冬は葉が落ち日差しを遮らない落葉樹が採用されることが多いそうです。落ち葉の対応など課題もありますが、新しい魅力創出には、民間の方と行政との協働は欠かせないようです。

MP

Posted by 景観担当 at 15:51 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

古代の花咲く古墳[2012年06月21日(Thu)]
少し早いかと思いましたが、行ってみました。

昨年の8月にこの蓮をブログに載せているのですがかわいい

まだまだ、蕾も少なく所々しかありませんでしたー(長音記号1)

P6200568.JPG


この蓮は特定非営利活動法人久城伝承文化顕彰会のみなさんで、手入れされています。


P6200566.JPG


古墳に咲く古代の花、これからまだまだ蕾を付けて、たくさんの花を咲かせることと思いますわーい(嬉しい顔)

蓮の花には仏が降りるという伝説があるそうで “蓮は泥の中からでも、綺麗な花を咲かせることができる”のだから、 人間も、世俗のドロドロとした中からでも、美しい花を咲かせることができるという考えもあると・・・

花が咲く頃、また訪れてみたいと思います。


そういえば・・・蓮の実、食べた事がありますか?
枝豆やそらまめに食感が似ていて、美味しいんですよるんるん                   A☆

Posted by 景観担当 at 14:13 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

休憩中[2012年06月21日(Thu)]
白い…


 美都町にあるさくらドーム周辺を走行中に、田んぼの中に何か白いもの達を発見ひらめき



 近づいてみると…



アイガモ
 アイガモのようです。

 アイガモは、マガモとアヒル、もしくは、カルガモとアヒルとを人工的に掛け合わせた交雑交配種なのだそうで、親の遺伝子の出方によってアヒルに近い白っぽい個体や、鴨に近い茶色っぽい羽色の個体が出たりと、様々なのだそう。


 こちらの田では、アイガモ農法に取り組んでおられる様子ですねるんるん


 でも、本日はお腹がいっぱいになっているらしく、みんなで並んで休憩中みたいでした。


 中には、働いているアイガモちゃんも見られましたがあせあせ(飛び散る汗)


アイガモ2
 働く(?)アイガモにちょっと癒されましたが、彼らの働きによって、コチラの田んぼでは、秋にはおいしいお米が実ることでしょう!

 がんばれ!アイガモ達!!

Posted by 景観担当 at 13:52 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

雨上がりの・・・[2012年06月20日(Wed)]
台風が去り、ふと窓の外を見ましたら・・・

P6200557.JPG


庁舎の窓から、きらきらと輝く赤瓦群が見えました。

P6200558.JPG


雨上がりは空気が澄んで、また違がった景色に見えますね。           A☆

Posted by 景観担当 at 15:13 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ