CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2011年11月 | Main | 2012年01月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
歴史散策[2011年12月19日(Mon)]
昨日行われました第3回景観ワークショップで、歴史的なまち萬福寺周辺を歩きました。

そこで参加していました小学生に、子供の目線から見たこの周辺をカメラにおさめてもらいました。


どこがいいかな〜

あっ干し柿だ〜びっくり

















これは、なんだ?
鳥の絵?白菊のって書いてあったんだ〜
(中原酒造にて)






あっ鯱
〜下に卍って書いてあるね。


獅子と象じゃぁ〜(暁音寺にて)




画像が5枚しか載せられないのが残念ですが、まだまだたくさんの写真を撮ってくれました。

校外学習で歴史民俗資料館と、住吉神社へは行ったことがあるそうですが、こんなに益田の歴史にふれながら歩くのは初めてで、目に映る物が彼の中では新鮮だった様です。

景観ワークショップ概要にも“地域に住む人々の身近に存在する生活環境などを自分達の「宝」として再認識しながら・・・”と書いてあります。
今回のワークショップに参加して益田の歴史に興味をもち、次世代へ伝えていってくれたらいいなと思いました。



Posted by 景観担当 at 11:16 | 景観WS | この記事のURL | コメント(0)

雪舟橋公園[2011年12月15日(Thu)]




このカバさんの公園は、雪舟橋の近くにあります“雪舟橋公園”です。

                                                       
大きな口を開けて、遊びに来られた皆様をお出迎え音符音符
今年の11月よりここにいますハート




この公園には、いろいろな樹木が植えてあります。

かばさんの後に少し写っていますが、“さざんか”びっくり

土手側にはもっとたくさん咲いていましたよ。





そしてこちらは“タチバナモドキ”びっくり
ピラカンサスとも呼ばれています。




この公園のシンボルツリーびっくり
センダン


センダンには、丸くてかわいい実が生っています。
 
☆センダンの実を乾燥させると薬用に、枝葉は殺虫剤に使われるそうですよ。


           公園を出て、土手に上がってみると水仙も咲いていました。

寒空の中、元気に咲いている花達を見ると元気がでますね。あと半月の2011年を走り抜きましょう笑顔


                       ※雪舟橋公園は、都市デザイン課が管理しておりますカメラ

Posted by 景観担当 at 13:14 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

かわら版【飯浦編】[2011年12月15日(Thu)]
    お待たせしました!
    11月19日に開催した、
     「益田市景観ワークショップ」in飯浦船


 近畿大学都市計画研究室から、『ますだだより 赤瓦版 第2号』が届きましたよ顔1(うれしいカオ)

 ブログやホームページだけでは伝えきれない、ワークショップの詳し〜い内容が盛りだくさんです。

       ぜひ、ご一読ください!
         →『ますだだより 赤瓦版 第2号』


 ワークショップも、あと1回。
 萬福寺の回を残すのみとなりました。。。

 最終回のテーマは「歴史的まち並みを守る」
 12月18日(日)萬福寺 庫裏(くり)において、開催します。

   時間は、13:30〜16:30
   「え〜!!長いじゃん青ざめ

  と思われるかもしれませんが、実際、まちあるきをしたり意見交換をしたり…で、あっという間に時間が経ってしまうんです!
 
  当日の飛び入り参加も受け付けております。
  多くの方のご参加をお待ちしております。

Posted by 景観担当 at 10:26 | 情報誌 | この記事のURL | コメント(0)

身近な景観???[2011年12月13日(Tue)]
景観→風景。景色。特に、すばらしいながめ。

我が家のすばらしいながめラブ


すごく癒されますハート

「はい!ポーズ!!」


すごく笑わされます笑顔

なぜか”変顔”の我が家のわんちゃんハート

・・・カメラの後ろで
・・・なぜか変顔していた我が子困ったでした。

景観はてな
  と思われるかもしれませんが、
  身近なちょっとした出来事に、日々感動することで
  身近に存在する家並み、田畑、河川・・・などを
     魅力ある景観って感じる心が育めるのではないかと考えていますまる

Posted by 景観担当 at 08:52 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0)

益田の車窓から…[2011年12月09日(Fri)]

 
 米子行き「特急スーパーおき2号」電車の車窓から見た、大浜漁港をパチリカメラ


  少し潮に霞んでいますが、高島も見えます。


      シャッターチャンスは一瞬!

    動く車内からの撮影は、なかなか難しいものです。

  車窓から見ると、普段より視点が高いせいか、いつもと同じ景色もどこか違って見える気がします。
  
    何度見ても、新鮮に感じてしまいます。  

      窓枠に景色が切り取られているように感じるからかもしれませんね笑顔

Posted by 景観担当 at 10:54 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0)

ベンチ[2011年12月08日(Thu)]
駅前の並んでいるベンチ達・・・いろいろな表情をしています。
       (※この熊のベンチ、真ん中に座ってみたいですね〜)


島根県建築設計事務所協会益田支部さんが島根県森づくり資源活用実践事業を活用して製作したそうです。
その後、益田市に引渡し、駅前再開発ビルからグラントワまでの公共空間に設置されました。     
(※四葉のクローバーは、幸せをもたらすと言い伝えがあります。クローバーが日本を囲んでいるのですね。)


平成19年に市広報等で市民に公募し、30点を選出。選出された皆様と設計図を基に製作されたそうです。
      (※駅前にあるから、益田に帰るの“かえる”かな?かわいいですね〜2人掛け?)



人麻呂さんの歌もベンチになっていました。
      (※ベンチの上には、よ〜く見るとゲームが置いてあるんですね。)



ベンチはすべて県産の木材で製作されているそうですよ。

Posted by 景観担当 at 11:31 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

高角橋選奨土木遺産登録認定記念式典[2011年12月07日(Wed)]
先日、12月4日の高角橋選奨土木遺産登録認定記念式典の様子について、
参加された方々や関係機関が、ご自身のブログなどで紹介してくださっています。
それだけ、お一人お一人が高角橋に思い入れがあるという証かもしれません。
 ●島根県のホームページ(道づくりだより第45号)
 ●島根県県議会議員 中島謙二氏のブログ(12月5日の記事)
 ●益田市市議会議員 山本浩章氏のブログ
 ●益田市のホームページ
当日の様子の補足として、式典の一部を写真で紹介します


来賓の方々や高角橋土木遺産登録を進める会会長に、祝綱を引いていただき、土木遺産登録の認定証と認定版をお披露目いただきました。












 

高角橋をバックに、福原市長と中島県議に、それぞれお祝辞をいただきました。



後半は、くす玉開披を合図に、記念ウォーキングのスタートです。地域の方々中心に、200名近い方が参加されました。高津中学校吹奏楽部の皆さんの素敵な演奏をBGMに、リズムに乗ったウォーキングが楽しめたようです。
































 地元の高角橋土木遺産登録を進める会の皆さまはじめ、地域の皆さま、関係機関の皆さま、登録認定までの様々な活動、そして、この認定を記念するイベントの開催などお疲れ様でした。今後とも、この「どこから見ても絵になる高角橋」を大切にしていきましょう!

Posted by 景観担当 at 09:44 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0)

くす玉[2011年12月06日(Tue)]
各種イベントに登場することが多いアイテムと言えば・・・くす玉!


もちろん、
高角橋選奨土木遺産登録認定式典にも登場です。
でも、当日、
くす玉が割れないというアクシデントが
たびたび起こるのも事実。
主催者としては、
最後の最後までドキドキのアトラクションです。

12月4日のくす玉は、見事、開きました。
しかも、
垂れ幕も完ぺきに開き、最高の出来栄えです。
さらに、紙吹雪など舞い散るものもなく、
環境や景観に優しいくす玉です。
では、当日を再現して・・・・・



   (編集上、くす玉が閉じる動きもありますが、あくまでも編集の都合上の動きです)

Posted by 景観担当 at 17:09 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

地域の財産[2011年12月05日(Mon)]
高津川に架かる「高角橋」。
このブログでも紹介しましたが、土木学会の選奨土木遺産登録に向け、
地元の方々が、機運を盛り上げ、数々の活動をされていました。
そして、10月には登録が認定され、12月4日に記念式典を行うことができました。



記念式典の後は、
地域の方々と共に、地域の財産「高角橋」をさらに身近に感じようと
記念のウォーキング大会を行いました。
くす玉開披を合図に、ウォーキングがスタートされ、
小さなお子さんから老人クラブのみなさんと幅広い年齢層の皆さんが、
高角橋を往復し、さらに高津川に沿って歩き、心地よい汗をかかれたことでしょう。
ひと汗かいた後は、ぜんざいのサービスもあり、笑顔いっぱいの一日でした^^


記念撮影では、
この高角橋選奨土木遺産登録にご尽力いただきました方々にご集合いただき、
高角橋をバックに、一枚カメラ
ずっしりと重みを感じる「認定版」に、架橋以来約70年の歴史を感じます。

土木遺産に関しては、公益社団法人土木学会のホームページでも紹介されています。
http://www.jsce.or.jp/contents/isan/files/2011_19.shtml

Posted by 景観担当 at 10:24 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

イルミネーション![2011年12月02日(Fri)]
 12月ですね!
   師走ですね!
    クリスマスのシーズンだからか、あちこちでイルミネーションを目にするようになりますねぴかぴか(新しい)


 イオンさんの駐車場では、今年も地元商店会によるイルミネーションがスタートしていました。
 
 ←このように、電飾でデザインされたチャペルや馬車などが闇の中に浮かび上がり、とてもキレイです顔1(うれしいカオ)

 毎年、この幻想的な空間を楽しませていただいているのですが、
 
 何と、今年は!

 イルミネーションのセットの中にあの方々を発見しました!! 


 こちら、皆さんご存知の

 「梅月あんな坂こんな坂遊歩道」で出会えるアンパンマン」です。


 「梅月あんな坂こんな坂遊歩道」については、以前「パンダ発見!」掲載させていただいていますが、遊歩道の奥にはお祭りやなどのイベントができる空間が整備されており、そこでアンパンマンファミリーがお出迎えしてくれるのです顔1(うれしいカオ) 















 バイキンマンも発見!








 もちろん、


 ドキンちゃんもいま〜すウインク
 メロンパンナも一緒で〜すハート3(大きい&小さい)

 
 人工的な景観ですが、
    寒い季節に心がほんわか温かまる
          イルミネーションでしたメロディ

Posted by 景観担当 at 14:20 | 夜景 | この記事のURL | コメント(0)

前へ | 次へ