CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2011年11月 | Main | 2012年01月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
しめ飾り[2011年12月31日(Sat)]
 こちらは、新しい年を迎えるために飾られる、しめ飾り(しめなわ)です顔1(うれしいカオ)





























 毎年手造りなのですが、素材は山やその辺から調達出来てしまうのが、山間部ならでは・・・という感じがします。

 しめ飾りは、
  @新年に災いが入ってくるのを防ぐために戸口に飾られる。
  A使われている新しいわらが古い年の穢れを払う。
  B地方によっては、年神様や稲作の神様をお迎えするために飾る拍手
    など、いろいろと謂れがあるそうです。

 また、橙(ダイダイ)は、家が代々繁栄するように。
 裏白(うらじろ)は、葉の裏側が見えるように使い、「後ろ暗いことがないように」という意味が込められているとか。

 ダイダイがなかったらミカンや柚子で代用したりするのですが、そういうアバウトさも農村ならではかもしれませんねウインク

Posted by 景観担当 at 17:29 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

干支[2011年12月28日(Wed)]
今日は年末年始に備えての公園巡回に行きました笑顔
雪とかで凍みてしまって、水道のお水が出なくなったりするのを防ぐため
公園の水道管に巻き物をしてちょっと温もりをハート


市役所の近くにある”上吉田公園”ですびっくり


ここでも水道管に巻き物を・・・おっつびっくり



滑り台音符

んっつびっくりびっくり



なんとびっくりびっくりびっくり

”竜!龍!”ではないですか拍手
2012年の干支ですキラキラ
なんだかご利益ありそうな滑り台の予感ですOK

是非びっくり
お休みの間にこのご利益ありそうな滑り台のある公園へ行って
ゆっくり過ごしてみて下さいねまる

Posted by 景観担当 at 16:14 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

こんな所からも・・・[2011年12月27日(Tue)]
先日、旅に出かけた時に見つけました、素敵な景色をご紹介させて頂きます。

横浜山下公園をブラっと散歩していましたら・・・



どこからか、“スカイツリーが見える”という声が聞こえてきましたのでジーと見ていましたら・・・



見えたんです音符


スカイツリーが・・・
赤い塔の横を注目してください音符



なんとびっくりスカイツリーが、見えたのでした太陽どれくらいの距離があるのでしょうか〜



横浜は街並み協定などにより、このようにどちらかというとダークな色で統一してありました。

外観は瓦やレンガ調が多いように思いますね。





   

        これは、コンビニとファーストフード店です。
          (先日のブログでも、都内を紹介していましたよねハート




そして、赤レンガです。
屋根の上にある避雷針までもモダンな感じです。




この街は、いろいろな方の努力、協力により整備され美しくあるのでしょうね。
素晴らしかったですキラキラ

Posted by 景観担当 at 11:41 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0)

出遅れましたが・・・[2011年12月27日(Tue)]
お気づきだと思いますが、
このブログは、記事掲載をひとりが担うのではなく、
複数の視点で、写真や記事をアップしています。

先日の万福寺でのワークショップの記事も、数人が、
それぞれの思いで綴っています。
ちょっと出遅れると・・・・もう紹介するものがないかと思ってましたが・・・・・・

   まち歩きで、こんなスポットを発見したのですが、
   誰も気づかなかったのかな?


 ちょっとピントがずれてしまいましたが、
 アイディアひとつで、植木鉢もこんなに変身するんですね!

 ほっと和ませてくれる外観。
 この「おもてなし」の発想が、景観の原点のように感じました。

Posted by 景観担当 at 10:00 | 景観WS | この記事のURL | コメント(0)

今昔あれこれ[2011年12月27日(Tue)]
 昭和10年頃の、益田小学校です。


  

 護岸工事の最中の模様…


 やっぱり、昔の校舎はレトロな外観ですね笑顔






 現在の益田小学校は、こちら。

 















  旧益田町の様子は、こんな風。



 「いくもや」さんは、お店の名前でしょうか?
 屋号でしょうか…??





 現在の七尾町周辺は、、、















 通りや建物に、なんとなく昔の名残がありますね笑顔

 昔のものが全て「良い」とは限りませんが、見つけた瞬間に「何か」を感じさせる通りや建物は、昔のものが多いように思います。
 足を止めさせるのは、懐かしさかもしれませんね。。。

Posted by 景観担当 at 09:56 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

歴史民俗資料館[2011年12月22日(Thu)]
先日、景観ワークショップが行われました萬福寺から、川を渡ると歴史民俗資料館があります。

この建物は美濃郡役所から、益田警察署、益田総合事務所と移り昭和58年5月に歴史民俗資料館として開館しました。


ここの玄関に、このようなカメとかわいい水車が飾ってありましたよ。




振り返ると、こんな大きな
“ニセアカシヤ”の木がびっくり


 樹齢ですが、資料が昭和58年の水害で流されてしまったそうで、約100年くらいであろうということでした。
 こんなに大きなニセアカシヤは、なかなかないそうですよ。


 資料館には、遺跡、古墳の出土品(考古資料)及び、明治・大正・昭和と使われてきた生活用具(民俗資料)を収集保存展示がしてあるそうです。
 ここでも益田の魅力を発見できるかもしれませんね。

Posted by 景観担当 at 13:11 | 景観WS | この記事のURL | コメント(0)

晴れてたのに[2011年12月21日(Wed)]
 前述の、ワークショップの際の

   雨に降られる前の萬福寺にて・・・



    このように青空がみえるくらいだったので、
     だ〜れも傘を携帯して行かなかったんですよね汗

 
      紅葉がとても美しい『雪舟庭園』です。

         もうしばらく、この美しさが楽しめるということですので、
           機会がある方は、ご覧になられてみてはいかがでしょうか。

Posted by 景観担当 at 17:10 | 景観WS | この記事のURL | コメント(0)

景観ワークショップ【萬福寺編】[2011年12月21日(Wed)]
 去る、12月18日(土)
 萬福寺 庫裏(くり)において開催された景観ワークショップには、約30名もの方の参加があり、無事終了することができました。

 
 はじめに、いつも通り簡単な自己紹介の後、前回までのワークショップの様子をプロジェクターで見ながら「おさらい」します。 


 今回は、「歴史的まち並みを守る」というテーマなので、まちあるきの前に、周辺の歴史的建造物や特色などについてのレクチャーも設けられていました。



 そして、いよいよ6グループでのまちあるきに出発です!
 

 
 この日は、地元の方がおひとり、まちあるきの集団を見つけて「混ぜて!」と本当に「飛び入り参加」してくださいました。

 なんと、遠くから走って追いかけてきてくださったんですよ走るダッシュ

 ありがとうございます!!
 
 
    さてさて、
      今年度のワークショップは、いつもアヤシイ空模様なのですが、
      この日は、ついにまちあるきの途中から雨に降られ、、、
        (写真のように、出発時には晴れてたのに!!!)
      ほとんどの方が濡れて帰ってくるという、風邪を引きかねない展開に…傘


 しかし、皆さん意欲的。
 すぐにまとめ作業に取り掛かられます。


 今回は、撮影した写真は貼り付けずに、パソコンに取り込んだ写真データを見ながら、意見をまとめていきました。

 
 最初は白かった模造紙が、、、










 このように、意見や提案でいっぱいに!
 この作業の過程には、いつも驚かされます。















 まとめが終わると、1グループずつ内容を発表します。






 
 今回も、素敵な提案が満載でした。

 その一部を紹介すると・・・
  ○酒蔵で合コンラブ
  ○酒蔵とお寺を結んで、結婚式ドキドキ小
  ○一部分だけでも詳しくガイドできる「地域限定!ちょっとガイド」の育成 
  ○益田川を活かした水辺空間づくりカエル
  ○歴史を下敷きにした、「中世」がイメージできるまち並みを作り上げるキラキラ
  ○条例を作ってある程度の規制をかけ、まち並みを整える
                                      などなど…

 脇田先生のまとめでは、

 「今回のワークショップでもわかるように、みんなが気付くポイントはほとんど同じ。でも、提案内容は様々にある。」

 「景観まちづくりには、提案された意見や情報の共有を図る場が欠かせない。自ら発見・共有・発信・行動できる人づくりの場として、このようなワークショップが重要になってくる。」

 「条例については、実行するまでの過程がとても重要で難しい。」

 「先に研究室で取り組んだ出雲市では、今は雑然としていても、5年・10年後には整ったまち並みになることを目指し、行政と住民とが十分な意見交換・意識づくりを経て『観光客が来ても恥ずかしくないまちづくり』を目標に条例を作った経緯がある。」

 「同じ島根県の出雲市でできるのだから、益田市でも十分に取り組める!」
   
                                という、お話がありました。

 
 西益田地区、飯浦地区と続いた景観ワークショップも、ここ萬福寺でついに最終回を迎えました。
 多くの方がご参加くださって、景観について考えてくださったことを大変ありがたく思うと同時に、地域の内外の方のご協力によって無事全3回が終了できたことに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 近畿大学の脇田教授を始め、都市計画研究室の学生さんにも大変お世話になりました。
 ありがとうございます。

 今回のワークショップの詳細については、『赤瓦版 第3号』の発行をしばらくお待ちくださいませびっくり

Posted by 景観担当 at 15:45 | 景観WS | この記事のURL | コメント(0)

公園巡回してきました[2011年12月19日(Mon)]
週に一度、市内都市公園の点検巡回を交代で行い、不法投棄などのゴミの確認や遊具等の安全確認をしています。

気温が低くなってきて公園を利用される方が少ない季節となったためか、今日の巡回では普段より若干ポイ捨て等のゴミが減っていました。



ゴミがあればその地域・施設全体の景観も損ね、何より近隣住民や利用者の方にとって良いものではありません。1人1人の意識が大事ですので引き続き、皆さまのご協力をお願いします。


さて、巡回する都市公園の中で惣利公園(そうりこうえん)は少し変わっているので紹介します。


小さい公園ですが、緑に囲まれた敷地の真ん中に日時計があるおもしろい公園です。

はじめてみたときには驚きました。
撮影した時間は写真の日時計が示すとおり11時過ぎ頃です。

理科で習った子どもたちにとっても、身近に触れ合うことのできる良い場所ではないでしょうか。
公園に限らず、普段何気なく通っている身近なところに意外と面白いものや景色があると思いますので、是非いろいろ探してみてください。


益田市内の都市公園についてはコチラなどをご覧ください。

Posted by 景観担当 at 17:00 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

杉玉(すぎだま)[2011年12月19日(Mon)]

公園巡回の途中、偶然通りかかった時替えておられました・・・

(益田の歴史あるまち並みの中にある,昔ながらの酒屋さんです。)


























杉玉(すぎだま)の季節がやってきました!
なんの??季節???











日本酒の初しぼりですキラキラ




忘年会シーズン まっさかりびっくり益田の地酒を飲んで、益田を盛り上げていきましょう!

Posted by 景観担当 at 15:54 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

| 次へ