CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2012年09月 | Main | 2012年11月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
ペンキ塗りたてにつき…[2012年10月10日(Wed)]
殿居橋
「ペンキ塗りたて」という表現自体、最近聞かないように感じますが、

手書きの看板です!

これも近頃見ない!!







 先日、ワークショップの打ち合わせのため匹見町澄川土井ノ原地区を訪れた折に、ちょうど業者さんがペンキを塗る作業中でした。

 この橋は、『殿居橋』。
 昭和46年に建設され、当時からこの色なんだそうです。
 そして、なんと。
 昭和46年までは、川面がよく見える吊り橋だったんだとかあせあせ(飛び散る汗)

 そんないきさつをお話してくれた地元の方のおススメ撮影スポットは、もうひとつ先の橋から撮影する匹見川。
   早速、向かいますダッシュ(走り出すさま)
匹見川

    上流へ向かっては、こんな感じ。殿居橋が見えますね目

匹見川

       下流を臨むとこんな感じ。
       よ〜く見ると、アユ釣りをする人が!!
       今年は「あんまり釣れない」という声も耳にしましたが、
          この日の調子は、どうだったでしょうか。。。

匹見川



 やっぱり水が澄んでいて、とてもキレイでした。


 魚の姿も見えましたよ〜わーい(嬉しい顔)









最後に、気になった光景をひとつカメラ
カタツムリ

     川のそばにあった木の葉っぱに、カタツムリが沢山くっついていました。 
       見上げると、カタツムリ。
         ちょっと不思議な光景を堪能して、散策を終了したのでした…

Posted by 景観担当 at 12:09 | 景観WS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ