CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2011年11月 | Main | 2012年01月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
高角橋選奨土木遺産登録認定記念式典[2011年12月07日(Wed)]
先日、12月4日の高角橋選奨土木遺産登録認定記念式典の様子について、
参加された方々や関係機関が、ご自身のブログなどで紹介してくださっています。
それだけ、お一人お一人が高角橋に思い入れがあるという証かもしれません。
 ●島根県のホームページ(道づくりだより第45号)
 ●島根県県議会議員 中島謙二氏のブログ(12月5日の記事)
 ●益田市市議会議員 山本浩章氏のブログ
 ●益田市のホームページ
当日の様子の補足として、式典の一部を写真で紹介します


来賓の方々や高角橋土木遺産登録を進める会会長に、祝綱を引いていただき、土木遺産登録の認定証と認定版をお披露目いただきました。












 

高角橋をバックに、福原市長と中島県議に、それぞれお祝辞をいただきました。



後半は、くす玉開披を合図に、記念ウォーキングのスタートです。地域の方々中心に、200名近い方が参加されました。高津中学校吹奏楽部の皆さんの素敵な演奏をBGMに、リズムに乗ったウォーキングが楽しめたようです。
































 地元の高角橋土木遺産登録を進める会の皆さまはじめ、地域の皆さま、関係機関の皆さま、登録認定までの様々な活動、そして、この認定を記念するイベントの開催などお疲れ様でした。今後とも、この「どこから見ても絵になる高角橋」を大切にしていきましょう!

Posted by 景観担当 at 09:44 | 担当者から | この記事のURL | コメント(0)

| 次へ