CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2011年05月 | Main | 2011年07月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
市民の森[2011年06月23日(Thu)]
 写真は、5月に市民の森に咲いていた「エゴノキ」の花です。

 足元には、花弁が雪のように散らばっていました。

 

 そして、6月になり、梅雨入りを迎え、、、
 遊歩道は、草が伸び盛りとなりました。

 遊歩道というからには、快適に・安全に歩けるように草刈は欠かせません。
 草刈りシーズン到来です。


 先日、草刈りを行ったところ、びっくりするものを発見しました!
 ツチノコ???ではなくて、ナメクジです汗
 

 こんなに大きなナメクジには、滅多にお目にかからないので、衝撃のあまり写真に収めてしまったとのこと。

 「山ナメクジ」といって、大きいものは体長30センチくらいのものもいるそうです。
 自然が豊かだから、こんなに大きく育ったのかしら・・・と思ったのですが、そういう種類なのですね笑い

Posted by 景観担当 at 11:48 | 市街地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

滝ではない[2011年06月23日(Thu)]
道路の現場確認に行く際に発見しました。



匹見町紙祖



なんという滝かわからなかったので、匹見支所の職員に聞いてみましたが、名前は不明でした。

「こういうのはあまり珍しくないので名前があるのかもわからない。」
「これぐらいだと滝とは言えない。」

といった意見が返ってきました。
匹見町には自然が多く、地域の方からすれば特別なことではないようですが、外から見た方には新鮮で見どころが多いところです。

ぜひ、皆様も行って自分の目で見て、肌で感じてみてください。

Posted by 景観担当 at 10:20 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0)