CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 2011年04月 | Main | 2011年06月 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
パンダ発見![2011年05月13日(Fri)]
上野動物園のリーリーとシンシンと会うためには、未だに長蛇の列なのでしょうか?
せっかく動物園に行っても、お目当てのパンダには、
会えなかった人も多いんでしょうね。

そんなときは、益田にお越しください!


  ね!
  かわいい木彫りのパンダが、癒してくれますよ。

その他にも、森のリスやウサギたちも歓迎してくれます。


ここは、益田市梅月町の「梅月あんな坂、こんな坂遊歩道」。
今日は、通りすがりだったので、景観担当者も、まだ詳しいことがわかりません。遊歩道が整備されていて、その道中に木彫りの動物たちが目を楽しませてくれます。


お越しの際は、この看板を目印に、どうぞ。

Posted by 景観担当 at 16:23 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

生活感あふれる川沿い[2011年05月13日(Fri)]
 益田市には、二年連続「清流日本一」に輝いたことがある“高津川”や益田川などの河川が流れ、また、その二本の河川に続く大小様々な川があります。そして、その川のひとつひとつが地域の生活に密着し、独特の“味わい”を感じさせます。

 この横田地区を流れる石塔寺川も、そのひとつ。
 訪れた5月中旬は、ツツジの美しさが目をひいていましたが、季節ごとに桜や菖蒲などいろんな顔が楽しめます。その季節ごとの顔を守っているのは、地域のみなさんの力ですね。

ふと、
 反対側に目を移してみると・・・・


川の水面スレスレに家々が立ち並び、また、農地もすぐ真横にあって、「川とともにある生活感」をますます感じます。

ここは、「島根のベニス」ですよ!
よ〜く見ると、鳥避けの紐が川を横切っています。地元の方に尋ねてみると・・

「ありゃ〜鳥避けじゃ。
 鳥が川の魚を食うけの〜」
   と教えてくれました


家々の間からゴンドラのような遊覧船がやってきそうに感じませんか?

Posted by 景観担当 at 15:43 | 川とともに | この記事のURL | コメント(0)

ツツジがきれいです![2011年05月13日(Fri)]
 羽原スポーツ広場のツツジです。


 お天気も手伝って、とてもきれいでした。

 このツツジは、中西中学校の生徒さんが「思い出の木」として、ひとりひとり植栽されたものです。
 
  中西中学校では、「春の校外活動」として、広場のトイレ清掃や花壇などの草抜きも行っています。
  地域の施設がいつも気持ちよく利用できること=「ものを大切にする心を育てること」「ふるさとを大切にする心を育てること」につながることを願い、この活動を通じて、子どもたちが自然に意識を変えていけることを目的としているそうです。
 
そして、実際にトイレの清掃活動を通じて、みんなが施設を大切に使うことの難しさを知ったとのこと…

  トイレの壁に落書きがしてあったり、便器内に石やヘルメット(!)が投げ込まれていたこともあったそうです。。。


  広場へは、ツツジのほかに桜の植栽も行っています。
  ツツジの苗木は地元の自治会の方が用意してくださって、植え方の指導を受けながら植栽をしているそうです。
  地域の方と交流を続けることで地元への愛着が深まり、“自分のツツジ”を植えることで、よい思い出作りにもなっているとか。

  将来、ふるさとを思い出す時には、きれいなツツジや桜・あたたかい地域の方が真っ先に思い浮かぶかも…というのは、すてきですね。

 

Posted by 景観担当 at 15:42 | 第1回景観賞 | この記事のURL | コメント(0)

| 次へ