CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 公共施設 | Main | 川とともに »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
景観フィールドワーク講座 〜第1回 飯浦地区〜 3[2015年08月04日(Tue)]
今回は、飯浦の鏝絵を紹介します。

「景観フィールドワーク講座」参加者の皆さんが撮影された写真を使用して、ご紹介します。


01 (9).JPG


左官が、壁を塗るこてを使い絵を描いた鏝絵

09(3).JPG


デザインは、屋号や家紋がもとになっているものもあります。

02 (2).JPG


生き物などを模った立体的なものも見られます。

06 (7).JPG


一つ一つの違いから各家の特徴がわかりますね。

11 (1).JPG


この日は、お天気も良く、蔵の扉が開いていました。

18 (2).JPG


飯浦を訪れることがありましたら、探してみてくださいね。

6(8).JPG








Posted by 景観担当 at 14:44 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

景観fフィールドワーク講座 第1回〜飯浦地区〜 2[2015年07月31日(Fri)]

前回の続きです。

「景観フィールドワーク講座」参加者の皆さんが撮影された写真を使用して、飯浦地区をご紹介します。

なんと!!この日は、イルカを見ることができましたぴかぴか(新しい)
遠くに少し顔を出しているのがわかりますか?

ブログ.JPG


海岸沿いで、梅を干していました。
この梅を干している風景は、いろいろなところで見かける風景ですが、知らない方にとっては、梅干しを漬ける前にこの様に干すという事が、とても珍しい風景に映るようですわーい(嬉しい顔)

ブログ06 (5).JPG


このような風景も、生活景として、被写体となりますね。

ブログ18 (4).JPG


ちょっとレトロな物が、またこの生活景を演出しますね。

ブログ18 (3).JPG



カゴの中に、切り身の魚が干してあるこの風景も、漁村景観と合いますね。

ブログ05 (4).JPG


漁港に行きますと、また違った風景となります。

ブログ11 (2).JPG


夜になると、この船の漁火と波の音とが、夜の海を演出します。

ブログ (2).JPG


この辺りは、目で見るだけではなく、潮の香りや波音、波風といった五感で景観を感じますね。
この日はイルカも見ることができました。

ブログ06 (6).JPG


またまた、つづきまして、飯浦のまち並みや神社をご紹介します。

つ・づ・く・・・ぴかぴか(新しい)







Posted by 景観担当 at 15:13 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

景観fフィールドワーク講座 第1回〜飯浦地区〜[2015年07月28日(Tue)]


7/25(土)に、景観フィールドワーク講座 を、飯浦地区で開催しましたexclamation×2


 これまでとは少し違った景観へのアプローチとして、写真家の“秋野 深”氏を講師に迎え、カメラを持ってまちを歩く「景観フィールドワーク講座」カメラ


 『アドバイスを受けながらのカメラ撮影を通して、ご自分の目で景観を発見してみませんか?』目ぴかぴか(新しい)
を基本に、「上手に撮ろう、きれいに撮ろう」の撮影会ではなく、興味を持った景観を思い思いに撮影していきました。

ここからは、当日の様子を紹介しますわーい(嬉しい顔)
(写真は、参加者の皆さんが撮影されたものです。)

まずは、飯浦駅へるんるん

IMG_0907.JPG


写真の中に自分が思うところを意識して・・・

02 (1).JPG


視線を変えながら・・・

07(4).JPG



てくてく歩いて観察・・・

17 (1).JPG


この桜並木を、視点を変えて撮影してみましたexclamation×2

05 (5).JPG


立ったり・・・

03.JPG


座ったり・・・

17(5).JPG


眺めのいい場所へ移動。飯浦のまち、海、山。赤、青、緑のコントラスト。
18 (6).JPG


ここからの眺望は、最高ですグッド(上向き矢印)
04 (2).JPG


三生島のアップもいいですね。
10 (2).JPG


少し下ったところからの眺望もまた変わって見えますねわーい(嬉しい顔)

06 (1).JPG


ここから見ると、稲穂が風にそよいでいる様子が見えました。
06 (2).JPG


そして、海へ向い移動しました・・・つづく・・・






Posted by 景観担当 at 15:00 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

スイセンの香りに誘われて![2014年01月21日(Tue)]
爽やかで甘い香りに誘われて、水仙の里・鎌手地区へ
CIMG0892.JPG

鎌手公民館から日本海を望む国指定の「唐音の蛇岩」地点まで約2Kmをみんなで歩き、到着すると丘陵地一帯にニホンスイセンが咲き誇り、爽やかな香りや甘い香りと潮の香りが漂っていました。到着地点では熱いカリン茶やビワ茶でおもてなし。
CIMG0895.JPG

CIMG0902.JPG

CIMG0897.JPG













美しい景観を満喫し、出発地点に折り返し、到着すると温かい「シシ汁」が体の芯から温めてくれました。たいへん美味しかったです。帰りには水仙花が無料でいただき、我が家の玄関は水仙の香りでいっぱいです。お世話をされた地区の実行委員の方に感謝感謝です。
CIMG0903.JPG

CIMG0904.JPG

スイセンの見ごろは、1月いっぱいぐらいだと思いますが、爽やかな甘い香りと潮の香りをぜひ楽しんでみてはどうでしょうか。なお、現地へは車で行けます。







Posted by 景観担当 at 08:53 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

益田港[2013年06月19日(Wed)]
益田市には、益田港、土田漁港、大浜漁港、津田漁港、遠田漁港、小浜漁港、飯浦漁港と7つの漁港があるのですが。

P6160622.JPG


この益田港は、高津川の河口にあります。

益田市で一番大きな港は大浜で、所属船が99隻。
益田港はその次くらいの89隻なのだそうです。

P6160608.JPG

そして、何隻かの船が、夜になると漁に出て、漁火として夜景を、演出しているのです。
                                   A☆

Posted by 景観担当 at 15:52 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

春めいてきました[2013年02月27日(Wed)]

この日は暖かく、春も近いと感じた日。
小浜の海岸へ行ってみました。

P2201092.JPG猫島


ここは、地元の方が猫の背のような形をしていることから、猫島と呼んでいるそうです。

よく見ますと・・・先の方に鳥がとまってるのわかりますか?
ほのぼのとさせられる風景ですね。

波が高い日には、日本海の荒波をイメージしますが、この様な穏やかな日は、癒されるようゆるやかな波です・・・         
                                        A☆

Posted by 景観担当 at 16:04 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

唐音水仙公園[2013年01月28日(Mon)]
昨日の雪降る中、先日から気になっていました、鎌手の唐音水仙公園に行ってみました。

水仙 (3).JPG

水仙の満開までは、もう少しですね。

水仙 (27).JPG

こちらから眺めると、薄らと高島が見えます。
晴れの日はきっと綺麗に見えますよ。

水仙 (9).JPG

そして風が強く・・・さすが日本海!というように、波も荒く。
唐音の蛇岩に近づいて撮影してみようかと思いましたが、断念しました。

海 (24).JPG

ここも天気の良い日に、行かれた方がいいですねあせあせ(飛び散る汗)

海 (17).JPG

公園までの道には、この様に水仙が植えてあります。ここも楽しみながら歩けます。

水仙 (12).JPG

そして、帰り道!遠田の海岸沿いを通りましたら、サーファーの方々がこの波を楽しんでおられました。

サーフィン (7).JPG

いい波が来ていたのでしょうね 。 A☆

Posted by 景観担当 at 10:14 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

北風の猛威から身を守る[2012年12月18日(Tue)]
山陰では、日本海からの風が北から流れ込むため、
特に北風が吹き荒れる冬場は、こんなに海が荒れる日があります。
日本海の荒波.jpg


北風吹き荒れる海岸.jpg


こんな強風を受けても、人々の生活を支えてくれる“家”。
つまり、自然の脅威から、守ってくれる存在ということですね。
でも、自然との闘いの末、こんな傷跡も・・・
壁が傷んだ家屋.jpg


せっかくの漆喰の壁が剥がれ落ちていました。
前面部分は、屋根まで壁全体が立板で覆われているためか、大きな傷跡はないようです。それぞれ地域の実情に応じた壁工法があるようで、それらが集合すると自然にも強く、景観上も統一感ある街並みの形成につながるようです。

MP

Posted by 景観担当 at 14:47 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

The sun sets[2012年10月12日(Fri)]
先日、とても綺麗な夕日を見る事ができました。

久城夕日.JPG


前年度の景観シンポウムでのアンケートでも、上位になりました夕日です。

一日の終わりを、告げる様に空は、オレンジ色に染まっていますね。
冬の夕陽は黄色や橙色に染まり、夏は赤系統の夕陽が多いそうですよ。

日本海の夕陽は大きく美しいと言われています。

この美しい夕日も益田の宝ですね。                     A☆

Posted by 景観担当 at 10:38 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

浜辺にて…[2012年08月21日(Tue)]
 土田海岸から眺めた夕暮れですカメラ
夕暮れ


日が落ちるまで、


浜辺を散策足


していたところ…







  驚きのアートを発見目
砂浜アート
 こちらの方は、温泉???に入っているようですいい気分(温泉)

 海を見ながらの温泉…
   気持ち良さそう。。。


 髪の毛は、ワカメ仕様でした。
  凝ってますね〜
 

   (でも、最初は人が埋まってるのかと思い、心臓に悪かったです。)



  こちらは、飛行機飛行機でしょうか。

飛行機
             残念ながら、操縦席と尾翼が踏まれていましたもうやだ〜(悲しい顔)

  

 こちらの方は、犬の散歩中らしいですが…
犬の散歩?
 リードを持つ指先まで丁寧に作られていました。

 膝から下は、波に消されてしまったのでしょうか。
 完全な姿を見たかったです。

 もちろん、髪の毛はワカメ。
 犬の首輪のアクセントにもワカメ。

 徹底しています。


 きっと同じ人が作者なのでしょうね。
 一生懸命作ったのであろう誰かに、賛辞を贈りたい気分でした。

Posted by 景観担当 at 10:53 | 海沿いの景観 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ